年収ランキング


「年収ランキング」では、平均年収を調べる人向けに、上場企業約4000社の平均年収や、業界・都道府県ごとの年収ランキング、1000万円・800万円といった希望年収ごとの企業ランキングの最新情報を提供しています。

平均年収が高い企業ランキングをもっと見る

指数が高い企業ランキングをもっと見る

平均年収 1103万円
平均年齢
44.8
平均勤続年数
16.2
平均従業員数
291
2位
平均年収 815万円
平均年齢
40.5
平均勤続年数
10.5
平均従業員数
863
3位
平均年収 797万円
平均年齢
39.8
平均勤続年数
13.6
平均従業員数
310
4位
平均年収 795万円
平均年齢
43.3
平均勤続年数
16.7
平均従業員数
487
平均年収 789万円
平均年齢
42.6
平均勤続年数
17.1
平均従業員数
642

業界別の年収ランキングをもっと見る

平均年収 461万円
平均年齢
37.1
平均勤続年数
11.9
平均従業員数
4180
平均年収 468万円
平均年齢
35.1
平均勤続年数
7.2
平均従業員数
733
平均年収 475万円
平均年齢
42.2
平均勤続年数
13.5
平均従業員数
4810
平均年収 489万円
平均年齢
36.8
平均勤続年数
8.6
平均従業員数
889
平均年収 492万円
平均年齢
43.0
平均勤続年数
8.5
平均従業員数
986

業界別の年収が低いランキングをもっと見る

1位
平均年収 2500万円
医師という職業には、企業に雇われる「勤務医」と、自分のクリニックなどを開業する「開業医」の2種類に分けられます。勤務医にしろ、開業医にしろ、それぞれのスタイルにはメリットとデメリットがあります。そこで、今回は「自分で独立開業するスタイルの開業医」について、その収入やメリット、デメリットなどについて書いていきたいと思います。開業医になると、一体どれくらい稼げるのでしょうか?先に結論を書いておきますと、「勤務医よりも圧倒的に稼げるのが開業医だけど、リスクも高い」と言っておきましょう。それでも、勤務医のスタイルで一生を終えることを考えるのであれば、「自分で開業して」苦労してでも、大きな財産を得ること
平均年収 1100万円
高等教育機関である大学の教育・研究を担う大学教授は、社会的な地位も高く憧れの職業の一つではないでしょうか。安易に就ける職業でもないので、その仕事の内容や年収についても見えにくいこともあり、様々な職業に従事している方たちの関心事になっています。大学は企業のように営利を追求する組織ではないので、教授などの職位による身分の保障や比較的安定した収入が得られます。一般的に大学教授は高収入という印象がありますが、職位や年齢、また担当する授業時間数などによって収入の多寡があります。今回の記事では、大学で教員や学生を支援する職員として働いていた筆者の視点から大学教授の年収を解説し、「年収の相場」や「年収の決ま
平均年収 1000万円
この記事では、公認会計士の平均年収や給与の構成要素及びケース別での給与についてご紹介いたします。まず、公認会計士とは難関国家資格の一つに位置づけられており、監査業務を独占業務として、その他税務、コンサル等多岐にわたり業務を行うことができます。大手・中堅監査法人によってそこまで大差は有りませんが、下記では一般的な年収水準のご説明をさせていただきます。公認会計士の平均年収は約1000万円が相場まず、公認会計士としての平均年収は約1000万円位となります。公認会計士の有資格者の勤務形態としては、多くは監査法人で勤務される方が多いですが、税理法人・コンサルティング会社等で専門家として働く方、個人で独立
4位
平均年収 900万円
裁判官と言えば、行われる事件などの裁判の判決を下す仕事です。裁判官は様々な状況や証言などを比較・検討して法律に基づいた判断を下しますが、その判決は人間の一生を左右する可能性もあります。つまり、同じような法律の専門家である検察官や弁護士などと比べてもその責任は非常に重大です。では、そんな責任の重い仕事である裁判官の年収はどのようなものなのでしょうか。裁判官の平均年収は約900万円が相場裁判官は経験年数や働く場所によっても異なりますが、年収は約600万円~約1000万円が相場。裁判官全体の年収を平均すると、約900万円程度となります。裁判官の年収・給料の構成要素裁判官の年収は基本給と共に、勤務地に
5位
平均年収 5501150万円
弁護士の年収は、他の職業から見てもかなり高水準です。その分、長く険しい道のりを経てこなければ、受験資格すら得られません。弁護士事務所で勤務する場合にも、独特のシステムがあります。独立して事務所を構えたり、一般に企業に勤めたりする選択肢もあるので、一般の職業とはかなり違いがある仕事です。弁護士の平均年収は550万円から1150万円が相場弁護士の年収は、一般的なサラリーマンの年収と比較して、かなり高額な年収を得られます。平成29年賃金構造基本統計調査によれば、弁護士の平均年収1026万円という数値が出ていることからも、かなり稼げる仕事と言えるでしょう。ですが、これをそのまま鵜呑みにはできないのが弁

職業別の年収ランキングをもっと見る

ここからは、平均年収の都道府県ごとのランキングをチェックできます。長崎県が一番少なく、上場企業1件分のランキングになっています。東京では約1900件の企業データがあります。
北海道
沖縄
あなたが働いていてもおかしくない上場企業は?
万円

職種ごとの年収

MRの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

MRとはMedical Representative(医薬品情報担当者)の略で、医療用医薬品を取扱い、自社製品の効能、効果のほかに副作用などの情報提供を医師や医療従事者へ行うことを主な仕事としています。営業職として紹介されることの多いMRですが、他の業界の営業職と大きく違うのは価格交渉を直接行わない点です。営業職でありながら医療に貢献できることで人気のMR。気になる年収や手当について徹底解説していきたいと思います。MRの平均年収は600万円から700万円が相場MR全体の平均年収は600万円~700万円になります。国税庁の民間給与実態調査によると、日本人の平均年収が441万円なので、平均より15

裁判官の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

裁判官と言えば、行われる事件などの裁判の判決を下す仕事です。裁判官は様々な状況や証言などを比較・検討して法律に基づいた判断を下しますが、その判決は人間の一生を左右する可能性もあります。つまり、同じような法律の専門家である検察官や弁護士などと比べてもその責任は非常に重大です。では、そんな責任の重い仕事である裁判官の年収はどのようなものなのでしょうか。裁判官の平均年収は約900万円が相場裁判官は経験年数や働く場所によっても異なりますが、年収は約600万円~約1000万円が相場。裁判官全体の年収を平均すると、約900万円程度となります。裁判官の年収・給料の構成要素裁判官の年収は基本給と共に、勤務地に

弁理士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

弁理士は、特許権・実用新案権・意匠権・商標権などの知的財産に関するスペシャリストであり、専権業務事項を持つ国家資格です。特に理系出身者にとっては憧れの資格であり、試験の難易度も国内トップクラスですが、これから弁理士を目指すという方にとっては、試験勉強の内容もさることながら、もし弁理士になったらどのくらいの収入が得られるか、非常に気になるところだと思います。本記事では、弁理士の年収を、その勤務体系別に徹底解説していきます。弁理士の平均年収は700万円が相場弁理士の平均年収は、約700万円が相場だと言われています。これは一般の会社勤めのサラリーマンと比較すると確実に高いと言えます。現在サラリーマン

エンジニアの年収を徹底解説|職種別の年収や、求められる能力

「ITエンジニア」と聞くと、専門性の高い資格やスキルを保有された方で、且つ収入が多いというイメージがありませんか?しかし実際には、「ITエンジニア」と一言で表しても様々な分野に細かく分かれており、更には収入もまちまちになります。そこで、筆者自身が実際のエンジニア業界に転職して得た経験を踏まえながら各エンジニアの年収についてご紹介しますので、是非参考にしてみてください。ITエンジニアの平均年収は500万円~550万円程が相場 全般的にエンジニアとしては、平均500万円~550万円が相場の目安となります。とは言え、資格やスキル、また就業する企業の大きさにより大きく異なります。そこで、企業別にまとめ

漁師の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

「将来、自分も漁師を目指したい!」「脱サラして漁師の仕事に転職したいと考えている」海の男・漁師の職業は、かっこ良くて憧れますよね。しかし、仕事を選択する時に気になることの一つは給料や年収ではないでしょうか。漁師っていくら稼げるものなのか?家族を養えるくらいのお給料がきちんと貰えるのか?漁師の給料は一般人からするとイメージしづらいものですよね。今回は漁師さんの年収を細かく解説していきます。漁師の平均年収は約210万円~800万円ほどが相場漁師の年収は、漁業形態によって大きく差があることが特徴です。漁業形態は大まかに分類すると、沿岸漁業・沖合漁業・遠洋漁業の3種類に分けられます。近場の海へ出航し、

開業医の年収を徹底解説|収入の構成要素や収入アップのコツ

医師という職業には、企業に雇われる「勤務医」と、自分のクリニックなどを開業する「開業医」の2種類に分けられます。勤務医にしろ、開業医にしろ、それぞれのスタイルにはメリットとデメリットがあります。そこで、今回は「自分で独立開業するスタイルの開業医」について、その収入やメリット、デメリットなどについて書いていきたいと思います。開業医になると、一体どれくらい稼げるのでしょうか?先に結論を書いておきますと、「勤務医よりも圧倒的に稼げるのが開業医だけど、リスクも高い」と言っておきましょう。それでも、勤務医のスタイルで一生を終えることを考えるのであれば、「自分で開業して」苦労してでも、大きな財産を得ること

弁護士の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

弁護士の年収は、他の職業から見てもかなり高水準です。その分、長く険しい道のりを経てこなければ、受験資格すら得られません。弁護士事務所で勤務する場合にも、独特のシステムがあります。独立して事務所を構えたり、一般に企業に勤めたりする選択肢もあるので、一般の職業とはかなり違いがある仕事です。弁護士の平均年収は550万円から1150万円が相場弁護士の年収は、一般的なサラリーマンの年収と比較して、かなり高額な年収を得られます。平成29年賃金構造基本統計調査によれば、弁護士の平均年収1026万円という数値が出ていることからも、かなり稼げる仕事と言えるでしょう。ですが、これをそのまま鵜呑みにはできないのが弁

建築士の年収を徹底解説|給料・賞与(ボーナス)・各種手当

「職業は建築士」と聞くと、頭脳明晰で収入も良く、安定している職業と思われる方も多いでしょう。しかし中には、一時期問題になった「耐震偽装問題」などで建築士の印象を悪く感じてしまう方が存在するのも事実です。今回の記事では、そんな建築士のリアルな年収や職場環境をご紹介していきたいと思います。建築士の平均年収は500万円〜750万円が相場建築士の年収で一番多い層が年収500万円から750万円の層になります。これは一般的な企業に勤務した場合のケースになります。では、この層はどのように決められるのでしょうか。建築士の中にも初心者やベテランがいます。専門学校や大学などの在学中に建築士の資格を取得した方もいれ

助教の年収を徹底解説|給料・賞与(ボーナス)・各種手当

現在、日本の大学の研究職員には教授、准教授、講師、助教という職があります。准教授や助教という立場は比較的新しく作られた名前です。そのため馴染みのない方も多いのではないでしょうか。今回ご紹介する「助教」の仕事は、自らの研究と学生への教育がメインになります。実績を積みながら将来的には准教授、教授を目指します。ここでは助教の平均年収や福利厚生、雇用形態別の年収について解説をしていきます。将来、大学での仕事を考えている方は参考にしてみてくださいね。助教の平均年収は550万円~600万円が相場大学によって給料の差はありますが、全体的な平均年収は約550万円~600万円になっています。ボーナスは平均で約1

農家の年収を徹底解説|業種別の年収・ボーナスなどを紹介します

農業という仕事には様々な働き方があります。自分一人で働いたり、家族と一緒に働いたりする人もいれば、個人事業主や法人として人を雇ったり、会社員として働く人もいます。私自身は、4年前から農業生産法人で会社員として働いています。業務を通じて様々な人とお話をする機会があるのですが、働き方は千差万別で、逆に言うと自分に合った働き方ができることが農家の魅力でもあると思います。例として、年間を通して業務量を平均的にして働く農家もいれば、1年間の内の限定された期間で多く働き、それ以外の期間をゆったりと過ごす農家もいます。今回の記事では、皆さんが知っているようで知らない、農家のお金事情について解説していきたいと

職種ごとの年収をもっと見る

年齢別の年収実態

37歳・38歳・39歳の平均年収。手取り・中央値・男性女性別・大卒高卒など学齢別にも解説

仕事の対価としていただけるお給料。一般的には年齢や経験に比例して収入は上がっていくものです。業種や会社によって多少のばらつきはあるものの、同世代がどのくらいの年収なのかはやはり気になるのではないでしょうか。今回は働き盛りの30代後半、つまり37歳、38歳、39歳のお給料事情について迫ってみましょう。37歳・38歳・39歳の平均年収と手取りは、それぞれいくら?37歳・38歳・39歳と言えば、会社の中でもちょうど中堅。企業内であれば係長へ昇進する人もこの年齢から現れます。昇進して責任は重くなる一方、お給料にもしっかりと反映され、年収が上がってくるのもこの年齢です。平均年収と手取り額の平均をそれぞれ

34歳・35歳・36歳の平均年収。手取り・中央値・男性女性別・大卒高卒など学齢別にも解説

社会人になって、がむしゃらに仕事をこなし気づけば30代半ば。同年代はどのくらいの収入があるのか、自分の収入は平均と比べ高いのか低いのか気になりませんか?今回は、34歳・35歳・36歳の平均年収から手取り額、収入の中央値や男性女性別、大卒高卒など学齢別まで徹底的に解説していきたいと思います。 34歳・35歳・36歳の平均年収と手取りは、それぞれいくら?まず、34歳のモデル平均年収は459万円で、 35歳のモデル平均年収は465万円、36歳のモデル平均年収は474万円です。それぞれの手取り額を計算すると34歳の年収手取り額は約361万円、35歳の年収手取り額は約365万円、36歳の年収手取り額は約

30歳、31歳、32歳、33歳の平均年収。手取り・中央値・男性女性別・大卒高卒など学齢別にも解説

30代前半の年収について、年齢ごとの平均年収や中央値、年収分布、都道府県別ランキング、雇用形態別・学歴別・職種別平均年収、生活レベル、年収アップの方法、年収の高い企業などをご紹介します。30歳、31歳、32歳、33歳の平均年収と手取りは、それぞれいくら?30歳~33歳の年齢ごとの平均年収と手取り額をご紹介します。この項目では、大手転職・求人サイトのdodaの「平均年収ランキング 最新版【年齢別】」を参考にしています。年齢ごとの平均年収年齢ごとの平均年収は以下の通りです。30歳の平均年収:414万円31歳の平均年収:429万円32歳の平均年収:439万円33歳の平均年収:451万円※なお、賃金構

20歳・21歳・22歳・23歳の平均年収。手取り・中央値・男性女性別・大卒高卒など学齢別にも解説

短期大学、専門学校、大学、大学院卒と、現在は様々な学歴があります。求人情報誌などをチェックされている方はご存知かもしれませんが、学歴や年齢によって給料の差はかなり大きいです。来年から新社会人になる、もしくは働こうとしている方々へ、自分の年齢は一般的にどのくらいの給料が貰えるのか?是非ともチェックしてみてください。20歳・21歳・22歳・23歳の平均年収と手取りは、それぞれいくら?大体年齢的に考えると、短期大学、専門学校、大学、大学院卒といったところでしょうか。近年、資格が欲しい、学歴が欲しい、という理由のため大学まで行かれている方もいますが、未だ高校卒業後に働くという方も少なくありません。年齢

年収レンジごとの実態

年収900万円の気になる生活レベルは?稼げる業界や会社まで徹底解説

皆さんの年収はいくらですか?現在の自分の年収に満足していますか?今回は、年収900万円の実態について徹底解説していきたいと思います。年収900万円を月収で換算すると額面で幾らになる?一口に年収900万円と言っても、支給の方法により月収は変わります。では、いくつかの支給パターンを見てみましょう。賞与が年間で2ヶ月分含まれる場合の年収900万円の月収換算賞与が年間で2ヶ月分含まれる場合、年収900万円÷14ヶ月(うち2ヶ月分賞与)=月収約64万円となります。月収約64万円に加えて賞与約130万円が支給されることになります。賞与が含まれない場合の年収900万円の月収換算賞与が含まれない場合は、先ほど

年収800万円はどんな生活?気になる貯金や家賃まで生活レベルを徹底解説

国税庁の平成27年分の民間給与実態統計調査によると、日本人のサラリーマンの平均給与は420万円との結果が出たそうです。この金額を多いと思うか少ないと思うかは、もともと育ってきた生活環境や家族構成によっても変わってくるでしょう。では、一般的に年収がいくら以上であれば高収入と思われるのでしょうか?年収600万円以上あれば、ある程度安定した生活ができると言われていますが、誰もが高所得と思うのは年収800万円以上でしょう。そこで今回は年収800万円の生活レベルや支払う税金など、その実態を詳細にお伝えしていきたいと思います。気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!年収800万円を月収に換算すると額面

年収400万の気になる手取りや生活レベルを徹底解説

年収400万円は、日本人全体の平均年収とほぼ同じです。年収400万円は、日本人の一般的な生活レベルを表す年収になるのでしょうか?年収400万円と言われても多いのか少ないのか、いまいちイメージがわかないことでしょう。年収400万円を得ると税金がどうなるのか、手取りはどれくらいなのか、独身や家族持ちで生活レベルはどうなるのかなど様々な疑問を持つのではないでしょうか。今回は、年収400万円の実態について色々と紹介していきます。ぜひ参考にしてみて下さい。年収400万円を月収で換算すると額面で幾らになる?年収400万円だけではどれくらいの収入なのか少しイメージがしづらいかもしれません。年収400万円を月

年収700万円の手取りや税金、稼げる職業、生活レベルなど徹底解説。

日本人の平均年収は420万円と言われている中、年収700万円はある程度の収入ではないでしょうか。婚活をしている人の多くは、相手に希望する年収の目安が500万円〜700万円と言われているので、年収が700万円あれば充分な生活ができるイメージがあるようです。また、年収700万円だと少し贅沢な生活もできそうなイメージもあります。年収700万円の収入があると実際にはどのような暮らしでどれくらい手取りがもらえて、税金がどうなっているのか、どういう仕事をしたら年収700万円もらえるのかとても気になるところです。今回は、年収700万円の実態について紹介していきます。年収700万円を月収で換算すると額面で幾ら

年収600万円の実態について徹底解説。気になる生活レベルや、実際の手取りや税金、割合や職業は?

年収600万円と聞いて、給料が多いと思いますか?それとも少ないと思いますか?日本人の平均年収は420万円程と言われていますので、年収600万円は平均を超えています。婚活で相手に望む年収は500万円~700万円が多いため、年収が600万円あると条件は充分にクリアしているように思えます。この記事では、年収600万円あるとどのような生活レベルでどのようなことができるのか、車は買えるのか、家は買えるのか、など年収600万円に対して抱く疑問を解決していきます。年収600万円の実態に興味がある人や、まずは年収600万円を目指そうと考えている人は是非参考にしてみて下さい。年収600万円を月収で換算すると額面

年収500万円の生活の実態は?手取りや税金、職業まで徹底解説

年収500万円は一般の平均年収より高く、年収が500万円〜600万円未満の人は全体の10%程度しかいません。皆さん、年収500万円と聞くと高い給料だと思いますか?年収500万円を超えたらある程度の生活ができると考えていますか?実際に年収500万円あったとしてどのような生活ができているのか、また、年収500万円と言っても全てのお金が給料として入ってくるわけではありません。税金や社会保険などで様々な項目で給料から引かれてしまいます。今回、年収500万円の給料内容がどのようになっているのか、内訳や税金のこと、年収500万円貰える業界などについて紹介していきます。参考にして下さい。年収500万円を月収

年収300万円の手取り・税金・割合・仕事など、生活の実態を徹底解説。

年収300万円は、日本人全体の平均年収より少なく、20代の平均年収よりも少し下回ります。年収300万円の人の一般的な生活レベルはどのようなものなのか気になる人も少なくないことでしょう。また、税金がどうなるのか、手取りはどれくらいなのか、独身や家族持ちで生活レベルはどうなるのかなど様々な疑問を持つことでしょう。今回は、年収300万円の実態について色々と紹介していきます。ぜひ参考にしてみて下さい。年収300万円を月収で換算すると額面で幾らになる?年収300万円だけではどれくらいの収入か、日本人全体の平均年収を下回るとは言え、そんなに少ない給料なのかどうかは年収だけではなかなかイメージがしづらいかも

年収1000万円の実態について徹底解説。気になる手取りや生活レベル、稼げる職業は?

年収1000万円は高年収を望む人にとって、ひとつの目標になる額ではないでしょうか。この記事では、年収1000万円の人の手取りや生活レベル、職業など解説していきたいと思います。年収1000万円を月収で換算すると額面で幾らになる?年収1000万円と聞くとものすごく高い給料に思えますし、月収換算にしてどれくらい貰えるのかとても気になります。年収1000万円の額面月収については独身も扶養家族持ちも同じですが、ここから社会保険や税金を差し引くと独身と家族持ちでは手取りが異なってきます。まずここでは、年収1000万円を月収換算して額面で、つまり税金や保険料を引いてない額を紹介していきます。賞与が年間で2ヶ

年収3000万円の手取り・生活レベル・職業・割合・税金など、勝ち組の実態を徹底解説!

この記事では、年収3000万円の手取りや生活レベル、職業などの仕事、割合・税金など、様々な切り口で徹底的に紐解いていきたいと思います。年収3000万円以上の人たちは、高額所得者の番付にも出てきそうな人たちですね。年収3000万円を月収で換算すると額面で幾らになる?年収3000万円となれば、月給としては幾らになるのかを見てみたいと思います。賞与が年間で2ヶ月分含まれる場合賞与(ボーナス)を含んだ場合の額面金額はどうなるでしょうか?仮に2ヵ月分の賞与をして考えた場合、以下の計算式が成り立ちます。3000万円(年収)÷ 〔12ヵ月(月給分)+2ヵ月(賞与分)〕 ≒ 214万円つまり、月収額面が200

コラム

名古屋で家庭と仕事を両立しやすい会社は?「くるみん」「プラチナくるみん」認定を厳選!おすすめ企業8選

大人の女性の皆さんは、「働きたいけど条件が合わない」「頑張って働いても家庭があるとキャリアは期待できない」など、ライフステージごとに仕事と家庭の両立で悩んだことはありませんか?また、「働き始めてもどうせ職場に迷惑がかかってしまう・・・」などと、職場から理解を得ることが難しいと思っている方も少なくないのではないでしょうか。実は、近年人材不足が深刻化し、地域や企業などが力を合わせて女性の雇用と働きやすい労働環境作りに力を入れているのはご存じでしょうか。出産や育児で働けなくなった時に活用できる制度や取得できる休暇の他、実際に家庭を持つ女性が数多く活躍している企業があります。さらに国や自治体が様々な方

静岡で若い人の採用育成に積極的な企業7選!ユースエール認定のおすすめ企業は?

就職・転職を考えた際、経験と知識を積める職場で心身の健康を維持しながらキャリアアップしたい、と望むのは当然のことと思います。最近ではブラック企業・ブラックバイトなどが社会問題化し、長時間労働やサービス残業が取り沙汰されることが増えたため、多くの企業が雇用条件や労働環境を見直しました。しかし、人材不足や経営状態が改善されたわけではない為、社員教育や人材育成といった部分の時間は削られ、即戦力を求める求人が目立つようになりました。企業のウェブサイトや求人や面接等のみで労働環境や社員教育を理解するのはとても難しいことです。そこで今回は、若者が安心して長く勤められる企業であることが認められている「ユース

学校では教えてくれない。いま中学生に知っておいて欲しい「社会に出てからの年収や稼ぎ」の話

日本の学校教育では、年収や稼ぎなど「お金」に関する教育がほとんど行われていません。お金よりも、職業体験を通じて、「どのような職に就くか」ということが重視されます。職業の選択も大切ですが、年収や稼ぎに関する知識も同じくらい、もしくはそれ以上に大切です。今回は、学校では教えてくれない、社会に出てからの年収や稼ぎについてお話していきます。夢ややりがいも大事だけど「稼ぎ・年収」もけっこう大事仕事を選んだり、実際に働く中で、夢ややりがいは確かに大事です。自分がやりたい仕事をしたり、なりたい職業に就ければ、高い確率でやりがいも生まれるでしょう。ただ、ここで一歩下がって考えてみると、最低限、生活できる稼ぎな

工場勤務の30代男性、年収200万円の生活のリアル

工場で働く30代男性で年収200万円生活の実態について、私や私の周りの経験談を紹介します。工場で働く場合にもいくつかのケースが存在しますよね。生活に困窮してどうしても工場で働かなければならないこともあれば、様々な仕事を経験してきた中で最終的に行き着いた先が工場であったというケースもあります。工場では日雇い労働で働くことはあまりないですが、それでも年収ベースで考えると決して恵まれた労働とは言えないのが実態です。工場で働く30代男性の年収と生活工場と一概に言っても、工場ごとに規模や年収も異なる工場と一概に言っても、その規模や生産高の違いによって年収も大きく異なります。工場ではなく製造業として広げて

アルバイトから正社員、支店長へ成り上がり。時給800円から年収600万以上にステップアップした道筋とそのためにやってきたこと

私は、広告代理店勤務5年で時給800円のアルバイトから成り上がり、年収600万を実現できました。この経験を通して感じたことは、「どんな小さなきっかけでも、チャンスと感じたら迷わずトライすること」が大切です。その気持ちさえあれば、目的は達成できるものだと思います。広告代理店で働く前は、複数の仕事を掛け持ちしても年収240万円だった当時、私はデザイン系の専門学校卒業後、アルバイトとしてアパレル販売員とバーテンダーを掛け持ちして年収240万の生活を過ごしていました。年間に数回しか「丸一日休み」が無い生活を3年ほど経験し、今思うと拘束時間に対して妥当な収入とはとても言えませんが、学生時代には感じたこと

派遣で給料が上がりやすい人の6個の特徴とは?派遣会社で派遣社員・派遣アルバイトを500人以上も見てきた結果のまとめ

派遣社員や派遣のアルバイトは、直雇用よりも給料が高めに設定されていることが多いです。その代わり、どうしても正社員や直雇用のアルバイトより給料が上がりづらく、長期的に働くには向いていないイメージがあります。しかし、派遣社員や派遣アルバイトは給料が上がらないかというと、そんなことはありません。派遣先の会社と、派遣会社の間で話がまとまれば、給料が上がったり、待遇が改善されたりすることもあります。この記事では、そんな給料が上がりやすい派遣社員・派遣アルバイトの特徴について解説していきます。私は派遣会社で500人以上を見てきました私は派遣会社で営業として勤務してきました。派遣会社の営業の仕事は、多岐にわ

年収200万円台の求人でも応募が殺到する理由「人手不足とはどこの世界の話なのか」

地方の事情を知らない人であれば、きっと驚くと思います。「年収200万円台の求人でも応募が殺到する」と知ってましたでしょうか?実際に私の部下も、フルタイムの正規雇用で年収200万円で働いてくれていました。これは私が地方で働いていた時の経験談の記事です。地方の仕事の大変さや、実際の年収や勤務内容、そこで働く人々の考えていることなど、皆さんに知って欲しくて書きました。※地方全部がこうとは言いません。あくまで私が働いていた場所での話ですが、こういう職場もあるんだというのを知って欲しいです。地方の某県で、教育学習支援業に従事していた時の話です数年前まで、私は地方にある某県で教育学習支援業で事務系総合職の

年収アップには日頃から勉強が欠かせない!学びたい人向けの「セミナー・研修」のポータルサイトをまとめました

皆さんは、社会人になってからも勉強(特に仕事に関わる勉強)はしていますでしょうか?既に学ぶ習慣が出来ている人は、前段の文章はスキップして、「セミナー・研修のポータルサイトまとめ」まで読み進めて下さい。もし学ぶ習慣が出来ていない人であれば、その前になぜ勉強が必要なのかを少し解説させて下さい。なぜ日頃から勉強する人=年収アップしやすい人なのか?現在の日本では、『7割弱の社会人が「学ぶ習慣」がない』とも言われています。もちろん社会人にとっては、勉強は強制的なものではありません。個々人の自由なのですが、純然たる事実として、勉強しない人が年収アップすることはほとんどありません。正確に言うと、勉強をしない