オムロンの年収【2020年最新版】

オムロンの年収の高さの秘密は?業績が好調な理由は何か?気になる社長や役員の驚きの報酬を発表!


オムロンの平均年収は2020年の有価証券報告書によると821.6万円です。前期と比較すると10万円ほど上昇しました。オムロンは従業員数4,741人、平均年齢44.2歳の電気機器メーカーで、電子部品や制御機器など様々な製品を作っています。特にオムロン製の血圧計や電動歯ブラシは身近で、見かけたことのある人も多いのではないでしょうか。オムロンはカンパニー制の組織形態をとっています。傾向としては、同じカンパニーに居続ける人が多いようです。定時退社日の設置や有給消化のしやすさ、社内の穏やかな雰囲気などにより、働きやすい企業となっています。そのためか、平均勤続年数は16.9年と長めです。

オムロンの平均年収概要

平均年収: 821.6万円 上昇傾向
平均年齢
44.2歳
平均勤続年数
16.9年
従業員数
4,741人

オムロンの平均年収推移

平均年収推移(オムロンと上場企業平均)

オムロンの平均年収推移は、上昇傾向です。前期比で見ると17.6万円増加しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は810.5万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

オムロンの平均年収推移(2015年〜2019年)

オムロンの平均年収 年収
2019年 822万円
2018年 804万円
2017年 794万円
2016年 825万円
2015年 808万円
オムロンの年収例をチェック

業界内やエリア内でのオムロンのランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
333位
3737社
全国の上場企業の平均年収より209.1万円高い

全国の平均年収より389.4万円高い
オムロンの平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
821.6万 612.5万 432.2万

オムロンの平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると209.1万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると389.4万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中333位と高い順位となります。

電気機器業界内での比較

業界内順位
23位
244社
電気機器業界の平均年収より156.9万円高い
オムロンの平均年収 電気機器業界の平均年収
821.6万 664.7万

オムロンが属する電気機器業界の上場企業の平均年収は664.7万円です。 そのため、オムロンの年収は業界平均と比べて156.9万円高く、業界内順位を見ると244社中23位と高い順位となります。

京都府内での比較

エリア内順位
5位
63社
京都府の平均年収より214.9万円高い
オムロンの平均年収 京都府の平均年収
821.6万 606.7万

オムロンの所在地がある京都府の上場企業の平均年収は606.7万円です。 そのため、オムロンの年収はエリア平均と比べて214.9万円高く、エリア内順位を見ると63社中5位と高い順位となります。

オムロンではボーナスはどれくらい貰える?

オムロンでは6月と12月の年2回、ボーナスが支給されています。

ボーナスの平均支給額は約90万円〜310万円、男女差は最大で約60万円、ピークは50歳代に訪れます。

ボーナスは大手企業では一般的な金額となっていますが、好調な業績を受けて人材採用等を強化し始めているため、今後の金額は変わってくる可能性も感じられます。

オムロンの職種別の年収

職種別の年収を比較してみると、一般職の平均年収は約500万円〜830万円、技術職は約500万円〜820万円、総合職は約600万円〜1170万円となっています。

出世をしない場合は、平均年収を上回り、1000万円を超えるのは総合職のみでした。

ちなみに学歴別の初任給は2018年度の実績で、修士了が235,500円、大学卒は月給211,500円、高専卒は186,500円と、一般企業とあまり変わりありません。

現在、業績の好調さを受けて人材採用に力を入れているため、初任給にも変化が見られる可能性もあります。

オムロンでは出世するとどれくらいの年収が貰える?

出世をすると、どれほど年収に影響するのか比較してみました。

主任の平均年収は約750万円〜890万円、係長は約840万円〜930万円、課長は約1000万円〜1300万円、部長は約1300万円〜1520万円となっています。

30歳代前半で昇進試験を受けることができ、受かれば100万円ほどの収入アップに繋がります。

このチャンスを逃さず、1000万円超えの高額年収を手に入れましょう。

オムロンの社長や役員の年収

取締役会長の立石 文雄氏の年収は約1億5400万円、代表取締役社長の山田 義仁氏の年収は約2億2400万円、代表取締役執行役員専務の宮田 喜一郎氏の年収は約1億3300万円、取締役執行役員専務の日戸 興史氏の年収は約1億2700万円と、1億円超えが4名もいるということが分かりました。

その他の取締役の平均年収は約1億4000万円、監査役は約3100万円となっています。

今後、更に従業員に還元されていくことで、より良い環境づくりに生かされることが期待されます。

競合他社とオムロンの年収比較

オムロンの競合他社というと、東京エレクトロン日本光電工業が挙げられます。

最新の有価証券報告書によると、東京エレクトロンの平均年収は約1272万円、日本光電工業の平均年収が約848.4万円となっています。

東京エレクトロンは桁違いの高年収なので比較対象にはならないかもしれませんが、電気機器業界の平均年収が約656.4万円と考えると、オムロンの平均年収約821.6万円も充分に高年収であることが分かります。

オムロンの平均年収が高い理由

オムロンの年収の高さは業績の好調さが影響しています。

2018年と2019年を比較してみても、社会システム事業の売上高は前期比7%増、営業利益は19.5%増、ヘルスケア事業では売上高が前期比6.3%増、営業利益は16.3%増など、非常に好調なのです。

制御機器事業では活発な設備投資が行われたり、ヘルスケア事業ではオンライン販売が好調なことなども高業績アップの要因です。

この成長をより強固なものにするため、人材採用やマーケティングを強化しており、これが年収の高さに結びついていると考えられます。

オムロンの事業内容

オムロンは電気機器業界で活躍する、日本を代表する企業です。

主な事業

オムロンと言えば体温計などで有名ですが、主な事業では制御機器事業、ヘルスケア事業、社会システム事業などを展開しています。

制御機器事業では、ものづくりの現場で活躍する産業用ロボットを製造しており、センサ、コントローラなど20万点の製品でオートメーション化を実現しました。

ヘルスケア事業では、お馴染みの体温計をはじめ血圧計ネブライザ、低周波治療器などの革新的な商品やサービスを提供。

社会システム事業では鉄道や道路交通で活躍する、自動改札機、自動券売機、交通管制システムなどの機器、システム、サービスを提供しています。

その他の事業

その他には、世界規模で問題となっている温暖化問題に対し、温室効果ガス削減のため太陽光発電を有効活用する蓄電システムを世の中に送り出す、環境関連機器・ソリューション事業にも力を入れています。

電子部品事業では、高機能・高品質な電子部品などを提供することで、モバイル機器や家電機器、自動車、産業機器などのの高機能・高精度・小型化に貢献しています。

オムロンの歴史

オムロンの歴史について年表でご紹介します。

  • 1933年:立石一真が大阪市都島区東野田に立石電機製作所を創業。
  • 1948年:商号を立石電機株式会社に変更
  • 1959年:商標をOMRONと制定。社憲制定。
  • 1967年:世界初の無人駅システムを開発。
  • 1972年:日本初の福祉工場であるオムロン太陽株式会社を設立。
  • 1983年:「けんおんくん」を発売。
  • 1990年:社名をオムロン株式会社に変更。
  • 1995年:車間距離警報装置を開発。
  • 2004年:携帯電話搭載の顔認証技術を開発。
  • 2007年:世界初のリアルカラー3次元視覚センサ3次元画像センシングを実用化。

オムロンが属するオムロングループとは?

オムロングループとは、産業向け制御機器やシステム、電子部品のほか、ヘルスケア製品等を展開する、オムロンが中心核となる企業の集団です。

国内以外にもアフリカ・アメリカ・ヨーロッパなどの海外にも進出しており、SKソリューション株式会社やオムロン太陽株式会社など、25社以上が存在します。

オムロンの採用情報

オムロンでは新卒採用、キャリア採用(中途採用)、障がい者採用にて募集を行っています。

新卒採用

新卒採用では、営業・スタッフ職、技術職にて募集を行っています。

勤務地は本社のある京都、および全国の開発拠点、生産拠点、営業拠点のいずれかです。

選考の流れは、自由応募の場合はWEBエントリー→エントリーシート提出→WEBテスト→グループディスカッション選考→一次面接→二次面接→内定、学校推薦の場合は、求人票送付→技術説明会→マイページより申込→一次面接→二次面接→内定となります。

中途採用(キャリア採用)

中途採用では、制御機器事業、ものづくり革新本部、情報システム、ヘルスケア事業にて募集を行っています。

時期によっては内容が変わりますので、希望職種がない場合はキャリア登録をしておきましょう。

勤務地は本社のある京都、および全国の開発拠点、生産拠点、営業拠点のいずれかです。

選考の流れは、HPからエントリー→書類選考→一次選考→二次選考→内定となります。

障がい者採用

障がい者採用では、新卒同様、営業・スタッフ職、技術職にて募集を行っています。

勤務地は本社のある京都、および全国の開発拠点、生産拠点、営業拠点のいずれかです。

選考の流れは、WEBエントリー→エントリーシート提出→WEBテスト→説明会→一次選考→二次選考→内定となります。

オムロンで求められる人材像

求める人材像として、「世界の社会課題の解決に、誰にも負けない強みを持ってチャレンジできる人財」を掲げています。

オムロンには事業を通じて様々な社会課題を解決し、時代の「安心・安全、健康、環境」を届けたいという夢があります。

この夢を一緒に実現してくれる仲間として、「困難な状況に置かれても前向きに乗り越えられる人」「誰にも負けない領域を持っている人」「グローバルに活躍したいという志を持っている人」が必要なのです。

「誰にも負けない何か」を見つけるのは非常に難しいものではありますが、まずは己をよく知り、自分の長所と短所などを客観的に分析できるようにしておきましょう。

オムロンに就職、転職するためには?

オムロンへの就職・転職は、決して簡単なものではありません。

人気企業である上に、福利厚生や手当なども充実しているので、とても人気のある企業です。

特に転職については、専門性の高い技術職での募集が多く見受けられます。

どのポジションもグローバル環境での実務が想定されており、応募にはTOEIC730点以上の英語力が必要となっています。

一人で挑むのが不安な方は、転職エージェントなどを利用するのも一つの手です。

また、オムロンでは実習型インターンシップ、1dayインターンシップを開催しているので、面接の対策として参加しておくことをおすすめします。

参加方法は、マイページからWEBテスト・エントリーシートを提出→書類選考→参加者決定連絡となっており、合否に関わらず連絡が届きます。

オムロンの従業員数・平均年齢・勤続年数の推移

従業員数の推移

従業員数推移(オムロンと上場企業平均)

オムロン 上場企業平均
2019年 4,741人 1,035人
2018年 4,766人 1,071人
2017年 4,443人 1,042人
2016年 4,408人 1,055人
2015年 4,272人 1,055人

オムロンの従業員数は2019年で4,741人と、1年前と比べて25人の減少となりました。

全上場企業の平均従業員数が1,035人なので、それと比べて多い水準となります。

次にオムロンと同じ電気機器業界内で従業員数を比較してみました。業界平均の従業員数が2,082人なので、それと比較しても多い規模の人数というのが分かります。

平均年齢の推移

平均年齢推移(オムロンと上場企業平均)

オムロン 上場企業平均
2019年 44.2歳 41歳
2018年 44.1歳 41歳
2017年 43.8歳 40歳
2016年 43.2歳 40歳
2015年 42.7歳 40歳

オムロンの平均年齢は2019年で44.2歳と、上場企業の平均と比べると年齢が高い水準となっています。

平均年齢を同じ電気機器業界内で比較してみました。業界平均が43歳のため、業界内で見ても年齢が高い水準となります。

平均勤続年数の推移

平均勤続年数推移(オムロンと上場企業平均)

オムロン 上場企業平均
2019年 16.9年 12年
2018年 17.0年 13年
2017年 17.1年 13年
2016年 16.8年 13年
2015年 16.4年 13年

オムロンの平均勤続年数は2019年で16.9年と、上場企業の平均と比べると長い水準となっています。

平均勤続年数も同じ電気機器業界内で比較してみます。業界の平均勤続年数が15.6年のため、業界内で見ても長い水準となります。

オムロンの業績推移

オムロンが、転職先・就職先として魅力的な会社かどうかを知るために、前期比の売上成長率や一人あたりの経常利益などを見ていきましょう。

※売上・従業員数は、各社の連結ではなく「単体」の数字を元に計算しています。

売上・経常利益と成長率

売上

売上成長率(前期比)

経常利益

売上 経常利益
2019年3月期 3249.1億円 491.4億円
2018年3月期 3200.5億円 382.8億円
2017年3月期 2690.8億円 419.6億円
2016年3月期 2635.9億円 349.9億円
2015年3月期 2750.6億円 451.6億円

まず、オムロンと上場企業平均の「売上」と「成長率」を見ていきます。

2019年3月期の売上は、オムロンが3249.1億円、上場企業平均が1120.3億円となっています。オムロンの売上は平均と比べて高い水準となっており、売上の前期比成長率を見ると、オムロンが1.5%の増加、上場企業平均が15.4%の増加となっているため、上場企業の中では成長率は平均以下な会社と言えます。

従業員一人あたり売上の推移

オムロン 上場企業平均
2019年3月期 6853万円 1.1億
2018年3月期 6715万円 9064万
2017年3月期 6056万円 9022万
2016年3月期 5980万円 9416万
2015年3月期 6439万円 9870万

次に、オムロンと上場企業平均の「従業員一人あたり売上」を見ていきます。

2019年3月期で見ると、オムロンは6853万円、上場企業平均が1.1億円となっています。

従業員一人あたり経常利益の推移

オムロン 上場企業平均
2019年3月期 1036万円 788万
2018年3月期 803万円 731万
2017年3月期 944万円 741万
2016年3月期 794万円 672万
2015年3月期 1057万円 689万

「従業員一人あたり経常利益」についても見てみましょう。2019年3月期では、オムロンは1036万円、上場企業平均が788万円となっています。 そのためオムロンは上場企業の中では効率的に運営できている会社と言えます。

企業データ

会社名
オムロン株式会社
設立年月日
1948年5月19日
所在地
京都市下京区塩小路通堀川東入
エリア
京都 
公式サイト
業界・業種
代表者名
山田 義仁
上場市場
東証1部
上場年月日
1962年4月

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2020年6月25日

SNSシェア用テキスト

表示準備中