本田技研工業(ホンダ)の年収【2021年最新版】

気になる高年収の秘密を徹底解明!難関の書類選考を通過するには?競合他社との差は?


本田技研工業(ホンダ)の平均年収

本田技研工業(ホンダ)の平均年収は、2021年で819.8万円です。生涯給料の平均は推計3億円弱とされ、全体での順位は339位となっています。ホンダは自動車で有名なメーカーで、正式名称は本田技研工業株式会社です。世界ブランドランキングで21位に輝いた、日本が世界に誇る企業の一つです。世界中に事業所を置いているため、従業員数は22,675人と非常に多いです。平均年齢は45.6歳と高めですが、若手にもチャンスの多い風通しの良い企業です。有休がとりやすく、定時退社日を設けているため、プライベートも充実させられます。平均勤続年数は24.1年と長めです。

本田技研工業(ホンダ)の平均年収概要

平均年収: 819.8万円 上昇傾向
平均年齢
45.6歳
平均勤続年数
24.1年
従業員数
22,675人

本田技研工業(ホンダ)の平均年収推移

平均年収推移(本田技研工業(ホンダ)と上場企業平均)

本田技研工業(ホンダ)の平均年収推移は、上昇傾向です。前期比で見ると11.2万円増加しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は789.2万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

本田技研工業(ホンダ)の平均年収推移(2015年〜2019年)

本田技研工業(ホンダ)の平均年収 年収
2019年 820万円
2018年 809万円
2017年 776万円
2016年 773万円
2015年 768万円

業界内やエリア内での本田技研工業(ホンダ)のランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
339位
3737社
全国の上場企業の平均年収より207.3万円高い

全国の平均年収より387.6万円高い
本田技研工業(ホンダ)の平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
819.8万 612.5万 432.2万

本田技研工業(ホンダ)の平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると207.3万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると387.6万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中339位と高い順位となります。

車・輸送用機器業界内での比較

業界内順位
3位
94社
車・輸送用機器業界の平均年収より188.9万円高い
本田技研工業(ホンダ)の平均年収 車・輸送用機器業界の平均年収
819.8万 630.9万

本田技研工業(ホンダ)が属する車・輸送用機器業界の上場企業の平均年収は630.9万円です。 そのため、本田技研工業(ホンダ)の年収は業界平均と比べて188.9万円高く、業界内順位を見ると94社中3位と高い順位となります。

東京都内での比較

エリア内順位
247位
1979社
東京都の平均年収より172.6万円高い
本田技研工業(ホンダ)の平均年収 東京都の平均年収
819.8万 647.2万

本田技研工業(ホンダ)の所在地がある東京都の上場企業の平均年収は647.2万円です。 そのため、本田技研工業(ホンダ)の年収はエリア平均と比べて172.6万円高く、エリア内順位を見ると1979社中247位と高い順位となります。

ホンダではボーナスはどれくらい貰える?

本田では、6月と12月の年2回のボーナスが支給されます。

ボーナスの平均額は約80万円〜300万円となっており、ピークは50歳代前半に訪れます。

これまでのボーナスは他の企業と大幅には変わりませんが、好調な業績を記録している今後は、ボーナス平均額のアップも充分に考えられます。

男女差は最大で約60万円ほどと高いため、今後はこの差が縮まることを期待します。

ホンダの職種別の年収

職種別の年収を比較してみると、一般職の平均年収は約480万円〜810万円、技術職は約380万円〜800万円、総合職は約550万円〜1140万円となっています。

一般職と技術職に関しては平均年収と同等額なのに対し、総合職は1100万円を超える高額年収が期待できます。

学歴別の初任給を見てみると、学部卒は月給217,400円、修士了は月給243,600円、高専卒は月給194,300円となっています。

平均年収の高いホンダですが、初任給は一般企業とあまり大差ありませんでした。

ホンダでは出世するとどれくらいの年収が貰える?

次に出世後の年収にどれほどの差があるか比較してみると、主任の平均年収は約600万円〜800万円、係長は約760万円〜900万円、課長は約800万円〜1200万円、部長は約900万円〜1450万円となっています。

係長になると早くも平均年収を100万円ほど超え、部長は1500万円ちかい非常に高額な年収が期待できることが分かりました。

更なる年収のアップを期待するのであれば、臆することなく昇級試験等に挑んでいきましょう。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中