開業医の年収を徹底解説|収入の構成要素や収入アップのコツ


医師という職業には、企業に雇われる「勤務医」と、自分のクリニックなどを開業する「開業医」の2種類に分けられます。

勤務医にしろ、開業医にしろ、それぞれのスタイルにはメリットとデメリットがあります。

そこで、今回は「自分で独立開業するスタイルの開業医」について、その収入やメリット、デメリットなどについて書いていきたいと思います。

開業医になると、一体どれくらい稼げるのでしょうか?

先に結論を書いておきますと、「勤務医よりも圧倒的に稼げるのが開業医だけど、リスクも高い」と言っておきましょう。

それでも、勤務医のスタイルで一生を終えることを考えるのであれば、「自分で開業して」苦労してでも、大きな財産を得ることに夢があるのではないでしょうか??

それでは、「開業医の年収」について、具体的に書いていきましょう。

開業医の平均年収は、約2500万円が相場

開業医の「平均年収」というと、どれくらいあるのでしょうか?

企業から雇用されている状態の「勤務医」は、約1500万円程度が収入の相場だと言われています。

しかし、あなたが「独立開業」をすることによって、その収入は一気に膨れ上がり、約2500万円程度の平均年収を得ることができるようになります。

もちろん、あなたが「何科の医師」なのかで収入に増減はありますが、一般的に見て、確実に勤務医よりは「多く稼げるようになる」のが、開業医の特徴です。

約、1.7倍の収入を得ることができるようになるでしょう。

もしあなたが頑張って自分のクリニックを軌道に乗せることができるようになれば、「10年間で2億円以上」の手取りを得ることも可能になるかもしれません。

勤務医では「一般の人よりも裕福な生活」ですが、独立開業で成功を収めれば「大富豪」にもなり得るのです。

では、独立開業した医師はどのような内容の所得を得ているのでしょうか?

また、どんなところに「独立開業の難しさ」があるのでしょうか?

その辺りを見ていきましょう。

開業医の収入の構成要素

皆さんは、「開業医って儲かるって聞くけれど、どんな仕組みで儲かるの?」と、思われていませんか?

そこで、この項では「開業医の収入の構成要素」について書いていきます。

開業医として成功していくには、どんなことに気を付け、どんな「お医者さん」であるべきなのでしょうか?

患者様一人あたりの診療報酬

まず、患者様一人あたりの「診療報酬額」のお話からです。

患者様一人あたりをあなたが診察した時の報酬は「約5,800円程度」だと言われています。

もちろん、どんな患者様を診るのか?で金額は変わりますが、一般的な内科の報酬額はその程度でしょう。

(内科の場合は10%の経費が掛かるので、手取りは5,200円程度)

開業医が年収を増やすためのポイントとは?

次に、開業医が年収を増やすためにはどうしたら良いか、について解説していきます。

開業時から3年間でどれだけ患者数を増やせるかがポイント

続いて、「では、どうやったら、開業医で儲けられるの?」というところです。

開業医として独立を果たすと、あなた一人で全ての患者さんを診察することになります。

つまり、「あなたの体力と報酬は比例している」のです。

どういうことかと言いますと、元気な内に多くのファンを獲得しておきましょうということです。

開業医が稼ぐためには「多くのあなたのファン」が必要になります。

そのために、必死であなたが頑張らなければいけないのは「開業からの3年間」です。

大体、開業医の患者数は10年をピークに減少していくという統計データがあります。

開業医は自分の体だけで、多くの患者様を診ていかなければいけません。

初めの3年にどれだけの「あなたのファン」を獲得して、あなたのクリニックに受診しに来ていただけるようになるのか?は、とても大切なことでしょう。

開業医は経営者と同じで、収支にも気を配ることが大切

また、開業医は「医者」であると同時に「経営者」でもあります。

経営者ということは、「収支バランス」にも気を配り続けなければいけません。

お金の管理も、自分できちんとするということです。

恐らくあなたは、今まではどこかの「勤務医」の状態だったはずです。

勤務医の状態だと、病院から「給与所得」を貰ってそのお金で生活するだけなので、経費のことなど考える心配はありませんでしたが、もし開業医となるのであれば、「どれくらいの診療報酬があって、どれくらいの経費がかかっているのか?」は、最低限把握し続けなければいけません。

お医者さんの仕事と経営者の仕事は全くの別物です。

もちろん、クリニックで働くスタッフの人間関係にも気を配って日々の業務にあたらなければならないでしょう。

それだけ開業医で稼ぐことは大変なのです。

開業医は、最高でどれくらいの年収まで目指せるか?

さて、独立開業をし、晴れて「開業医」となったあなたは、最高一体どれくらいの年収を得るようになることができるのでしょうか?

一般的には、「開業してクリニックが軌道に乗り切った10年後」にピークがやってくると言われています。

その額が、おおよそ1億6千万円です。

もちろん、何科の医師になるのか?で金額は様々に変化しますが、開業から約10年程度が「年収が一番増える時」と思って頂いて間違いないでしょう。

というのも、独立開業したあなたは基本的に一人で全ての患者さんを診ることになります。

つまり、1日で診れる患者様の人数にも限りがあるということです。

より多くの患者様を診察できるだけの体力があればいくらでも稼ぐことは可能ですが、独立した医師としてあなたに求められることは、何よりも「正確な診療内容」です。

開業医にとって一番大切なことは「患者様からの信用」なので、あなたが無理に体力を削って無責任な診療を行い続けると、あっという間にクリニックの信用は落ち、患者様も減り、経営状態は悪化の一途を辿るでしょう。

個人で開業したクリニックはあなたの分身のようなもの。

あなたの評判=クリニックの信用となるのです。

どんなに頑張っても、1日で診察できる患者様の数には限りがあります。

無理をして無責任な診療を行うことだけは絶対に避け、体力の範囲内で稼ぐことを守りながら経営を進めていくべきでしょう。

開業医は何科が一番報酬が高くなるのか?

一口に開業医と言っても、その種類は様々です。

そこで、「開業して報酬が高くなりやすいのは、何科なのか?」を今から見ていこうと思います。

ただし、あくまでこれは「参考値」ですので、実際にこのようになるのかどうかは一概には言えません。

眼科

まず、「独立開業して一番儲かる」と言われているのは「眼科」です。

眼科が儲かる理由…それは「インターネットの普及」にあります。

今や1人1台のスマホやパソコンを持つ時代です。

仕事だけでなく息抜きの時間まで、毎日のように朝から晩まで画面を見ていることも少なくないでしょう。

そうした時に、体のどの部分に一番負担がかかっているのか?と言えば、間違いなく「目」です。

眼科に来院する患者様は年々増加している傾向にあります。

そして、今後も間違いなくその患者数は増加していくことが予測されるでしょう。

更に、コンタクトレンズを常用している人も少なくありません。

コンタクトレンズを使用するには眼科医の存在は不可欠です。

また、レーシック手術などの高額な手術を希望する人も世の中では増えています。

消費者の中は、ものを買う代わりに、そういった「高度な医療技術」に投資する人も増えているのです。

そして日本は今、超高齢化社会に突き進んでいます。

人間の高齢化で避けては通れないのが、「目の老化」です。

白内障の手術を受けたがる人も多くなってくるとの見通しもあります。

そういうわけで、一番儲かる開業医は「眼科」でしょう。

耳鼻咽喉科

次に独立開業して儲かると言われているのは「耳鼻咽喉科」です。

地球は今、気候の温暖化などにより人が住む生活環境が段々変わりつつあります。

その生活環境の変化の中で、起こり得ることが「花粉症などのアレルギーの発症」です。

今までは何の症状もなかった人が、ある日突然「くしゃみや、鼻水、目のかゆみ」などを発症し、自部咽喉科に来院するケースが増えてくることが予想されます。

もちろん、気候の変動により、人間の体に反応しやすい「アレルギー物質」も増えてくるかもしれません。

アレルギーが発症して一番変化が起こりやすいのは「鼻やのど」になるでしょう。

また、耳鼻咽喉科は世の中で不足気味だと言われています。

ということは、「医療報酬の額も必然的に高く設定されやすい」という特徴があるのです。

もちろん、今後の社会の変化などでその辺りのことは変わってくるでしょうが、今のところ「かなり稼げるのは耳鼻咽喉科」だと言えますね。

整形外科

続いての「稼げる独立開業医」は整形外科です。

前述しましたように、現在の日本は「超高齢化社会」を迎えています。

人間が歳を重ねていく中で一番不自由を感じることは何でしょうか?

それは、体が若いころのように動かないことです。

人は歳を重ねるにつれて、筋力も衰え、視力も聴力も衰えてきます。

それは誰にとっても防ぎようのないことなのです。

更には、現代医学の発展により、人間はより長生きをするようになってしまいました。

その中でも特に日本人は世界最高の長生き国民です。

人生100年時代も、もうすぐそこまで来ています。

以前であれば、「加齢による筋力、視力、聴力の衰え」を感じる前にお亡くなりになられる方も沢山いらっしゃったでしょうが、今の日本国内では90歳前後まで生きられる方も非常に増えているのです。

そうした時に、お年寄りの事故による障害は確実に増えていきますし、そこから元の生活に戻る為の「リハビリ医療」は以前にも増して必要なものになってくるでしょう。

したがって、整形外科も今後かなり稼げる独立開業分野の一つだと言えるでしょう。

小児科

続いては「小児科」です。

小児科は一般的に勤務時間も長くて大変だと言われています。

子供の急な症状の変化は日常茶飯事ですし、24時間いつでも対応しなければ命にかかわるからです。

しかし、逆に言ってしまうと、あなたが丁寧な診察を続け患者様から信頼を得られさえすれば、かなり効率的に稼げる分野だと言えるでしょう。

これは、勤務医の状態では得られない特権です。

「あなたに是非とも診てもらいたい」という患者様を持てるというのは、独立開業する上での一番の強みとなるでしょう。

皮膚科

そして、最後に挙げるのが「皮膚科」です。

「皮膚科がおすすめ」とよく言われる理由は、「そこまで大変な想いをしなくても稼げる」ということです。

皮膚科に来られる患者様は、急を要する方というのが比較的少ないです。

更には、ここ近年の「美容形成ブーム」に乗っかって、皮膚科の利用をされる患者様も増えてきています。

その場合には自費治療が発生することもあるでしょう。

また、アレルギーを発症される患者様も増えてくる可能性があるので、それに伴って皮膚科の患者様は緩やかに増加するだろうと考えられます。

これから開業医になる人へのアドバイス

これから開業医になられる方は「大きな責任が増える」ということに意識を持って取り組んで頂きたいと思います。

独立開業を行うと、あなたは「一人の医師」だけではなく、「一人の経営者」というスタンスで医療に従事していかなければならなくなります。

いわゆる個人事業主ですから、あなたのクリニックで起こる損害も、あなたが全責任を取らなければいけません。

今までの勤務医の時よりも、プレッシャーはかなり大きくなってくるでしょう。

ただし、その「大きな責任」に見合うだけの「患者様からの信用」は間違いなくあなたの武器になります。

これからの時代は、お金よりも信用の時代です。

勤務医としては得ることのできない「大きな信用」を得られるのは、独立開業医の大きな財産になるでしょう。

最後に

今、日本は経済的にも社会的も大きな変革期を迎えています。

その中で、医療の分野も今後大きく変わっていくことでしょう。

「組織から、より信用のある個人へ」の流れは間違いなく起こってきます。

そうした時に、あなたが独立開業することは、大きなメリットがあるのかもしれません。

この記事が独立開業を目指すあなたの背中をそっと押す一助となれば幸いです。

最終更新日:2020年2月18日

関連記事

受付の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

受付の主な仕事は、来訪者を出迎えて案内することです。そのため、企業や病院などの顔としての役割を持ち、ホスピタリティやイレギュラーな状況でも動じない対応力が求められます。この記事では、そんな接客のプロフェッショナルである受付の気になる年収を見ていきましょう。受付の平均年収は約320万円が相場勤続年数と年代によって開きはありますが、受付の平均年収は約320万円で、平均月収は約22万円です。平成30年度の日本人の平均年収は約441万円なので、受付の年収は日本の平均年収よりも100万円以上低いことになります。しかし受付はほぼ女性のみの職種で、同年度の女性の平均年収は約293万円ですから、女性の年収とし

郵便局員の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

皆さんの中に郵便局を利用したことがないという人は恐らくいないのではないでしょうか?これから就職を考えている人の中には、そんな郵便局で働いてみたいという人もいらっしゃるかと思います。郵便局員と聞くと当然郵便業務の印象が強いとは思いますが、実際の仕事内容はもっと幅広いです。郵便物に関する業務はもちろん金融サービスの提供、生命保険の販売、営業なども全て郵便局員の仕事です。「郵便局で働きたいけど給料ってどれくらいなの?」「郵便局員としてできる限り稼ぐにはどうすれば良いの?」あなたのそんな疑問をこの記事が解決します。ここでは郵便局員の年収について詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。この記

スポーツインストラクターの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

最近では好きなことを仕事にする流れができつつあり、今まで熱心に取り組んできたスポーツのインストラクターになりたい人や、デスクワークばかりではなく体を動かす業種に転職をする人が増えてきています。しかし、これからスポーツインストラクターになろうとしても、「収入はどれくらいなのか」「稼げない業種なのではないか」といった不安を持っている人が沢山います。この記事ではそういった方に向けて、スポーツインストラクターの収入や給料の相場、どうすればスポーツインストラクターで稼げるようになるのかなどを中心に紹介していきます今回紹介するスポーツインストラクターは、スポーツジムやフィットネスクラブに勤めているトレーナ

デザイナーの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

デザイナーは、どの程度の年収が貰える仕事なのでしょうか。また、どのような人が高い年収を得られるのでしょうか。これからデザイナーを目指そうとしている方・現在の自分の年収がデザイナーの平均年収と比べてどの程度なのかを知りたい現役デザイナーの方などは、この記事を参考にしてみてください。※年収や初任給などについては、厚生労働省が発表している「賃金構造基本統計調査」より独自に算出しています。目安としてご参考にしてください。デザイナーの平均年収は約430万円が相場デザイナーの平均年収は、約430万円が相場です。日本の平均年収が約440万円ですので、おおよそ平均程度は年収が得られる仕事と言って良いでしょう。

幼稚園教諭の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

幼稚園教諭の年収は?待遇は?これから働く人からすると、不安は尽きないことでしょう。本記事では、「幼稚園教諭」の年収や初任給から仕事に必要なスキルなどを詳しく解説しています。これから幼稚園教諭になりたいと考えている人は、是非参考にしてみて下さいね。幼稚園教諭の平均年収300万円が相場園の運営形態にもよるため、一概にも平均で300万円が年収として決まるというわけでもありません。私立の幼稚園であれば、給料も待遇も園の裁量に任せているため、公立よりも若干の差は生まれます。幼稚園教諭の初任給はどのぐらい?初任給は月22万前後、短大卒で月17万円~18万円です。サラリーマンとさほど変わりがないと言えます。

プロ棋士の年収を徹底解説|給料の構成要素・賞金・目指せる最高年収

藤井聡太七段のタイトル挑戦や、「将棋メシ」でも注目を集める将棋。その「将棋」を指すことを仕事にしているのがプロ棋士と呼ばれる人々です。将棋を極めたプロ棋士が得ることのできる年収を、能力や仕事別に解説していきたいと思います。(棋士の段位やタイトル保持者は2020年6月時点でのものです。)プロ棋士の平均年収は約700万円~800万円が相場プロ棋士の平均年収はいくらぐらいになるのでしょうか?日本将棋連盟にプロ棋士として登録されている人数は約160名で、その年収の平均は約700万円~800万円と推定されます。トップ棋士になれば年収が1億円を超えることもありますが、年収1000万円を超える棋士は上位10

通訳の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

外国語を自在に操る通訳は、英語などの外国語を学んでいる人が将来なりたい職業の一つです。大学や語学の専門学校で通訳の養成課程がある授業を受けることが好ましく、また海外留学の経験もとても役に立ちます。留学を考えている人や現在海外に留学している人なども、毎日現地語で切磋琢磨しないと語彙数を増やせませんし、ネイティブ特有の言い回しを理解できません。では、そんな通訳の年収はどれくらいなのでしょうか。通訳の年収や働き方についてご紹介致します。通訳の平均年収は405万円が相場通訳の年収は働き方によって大きく差がありますが、平均値をとると約405万円程度です。日本全体の平均年収が400万円程度だということを考

不動産営業の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

「不動産営業と聞くと年収が高いイメージがあるけど実際どうなの?」「勤務年数や役職で年収は変わるの?」など、実際に不動産営業をしたことのある人でないと、分からないことも多いと思います。一般的には不動産の営業マンと聞くと年収が高いイメージがありますが、本当にそうなのでしょうか?今回は、不動産営業の平均年収や年収の上げ方について紹介します。不動産営業の平均年収は429万円が相場不動産営業の年収は高いイメージがありますが、実は429万円が相場です。しかし、給与幅として300万円〜900万円ほどであるため、かなりの差があります。なぜここまでの差があるのかというと、雇用形態や勤務先、スキル、経験などによっ

パチプロの年収を徹底解説|年収が高い人のスキルや特徴・年収アップのコツなどを紹介

駅前や郊外のパチンコ店の前で沢山の客が並んでいる姿を見かけたりします。市場規模が20兆円とも言われる巨大な娯楽産業であるパチンコですが、ギャンブル、ストレス発散の遊びなど、様々な目的で客はパチンコ店に出かけているのだと思います。その目的の中で、お金を稼ぐことを目的としてパチンコ店に行き、継続して利益を上げていくのがパチプロです。パチプロの定義というもの特にありません。ざっくりした表現だとパチンコ、パチスロで稼いで生活できる人のことをパチプロと呼びます。さて、パチプロはどれくらい稼ぐことができるのでしょうか。こちらの記事では、パチプロの年収についてご紹介していきます。パチプロの平均年収は350万

ライターの年収を徹底解説|給料の構成要素や年収を上げる方法

言葉で表現することを仕事にしている人のことを「ライター」と言います。文字を書くことを生業にするという意味では、ライターという職業は平安時代から存在していたとも言えるでしょう。一概にライターと言っても、「シナリオライター」から「コピーライター」に至るまで、文章のジャンルの数だけ様々なライターがいます。インターネットの普及によって、最近では「webライター」という新たな職種も登場しました。今回はそんなライターの年収について徹底解説します! ライターの平均年収の相場とは? 数ある職種の中でもライターは圧倒的にフリーランスの割合が高くなりました。平均月収15万円~20万円、年収にして200万円前後と意

フリーランス(個人事業主)の年収を徹底解説|業種別の年収や年収をアップさせるためにやるべきこと

フリーランスという働き方は、今とても注目されている形態です。場所を問わず、ある程度自分が好きなように働けるので、会社という組織に縛られず自由に働いて稼いでいきたい人は憧れるでしょう。そんなフリーランスですが、年収はどのくらいなのでしょうか。また、どんなスキルがあると収入が増えるのでしょうか。これからフリーランスになりたいという方、またフリーランスで働いているけれども、なかなか収入が上がらないという方はぜひ参考にしてみてください。フリーランス(個人事業主)の平均年収は300万円が相場フリーランスと言っても、ライターからエンジニアまで様々な業種があります。ここでは、全てのフリーランスの方の年収を平

准看護師の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

看護師はなんとなく年収が高いイメージがありますが、果たして准看護師もそうなのでしょうか?この記事では、厚生労働省のデータ(令和元年賃金構造基本統計調査)に基づき、准看護師の年収について解説していきます。准看護師の平均年収は400万円が相場准看護師に平均年収は大体400万円程度と考えておくと良いと思います。平均年齢:50.2歳勤続年数:11.6年労働時間:158時間/月超過労働:3時間/月月額給与:282,400円年間賞与:641,600円平均年収:4,030,400円※平均年収は、「月額給与×12+年間賞与」で計算しています。ちなみに男性と女性で若干の差はあるものの、多職種と比較するとそこまで

SEの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

「SE(システムエンジニア)になってみたいな」「SEを目指してみたいな」と思っていても、SEは稼げるのか?年収はどのくらい?新卒や中途でSEになっても大丈夫なの?などの疑問を抱えている方もいらっしゃると思います。そこで今回は、SEの年収・給料・ボーナスなどに関して徹底解説します!SEに興味がある人、目指してみたい人は、ぜひ参考にしてみてください。SEの平均年収は約569万円が相場厚生労働省が公表している「賃金構造基本統計調査(令和元年)」をもとに、SEの平均年収を算出してみました。システムエンジニア欄の「決まって支給する現金給与額×12ヶ月+年間賞与その他特別給与額」より、平均年収を計算してい

DJの年収を徹底解説|年収の決まり方や最高年収、年収アップさせる方法

クラブやライブハウスなどで活躍する数多くのDJがいます。しかし、DJの活動だけで生計を成り立たせるのはかなり厳しいのが現状です。昼間の仕事や副業と掛け持ちしながら活動を続けるDJが圧倒的に多いです。この記事では、DJの年収について見ていきたいと思います。DJの平均年収は150万円~200万円が相場日本人のDJ(クラブDJ)の平均年収は150万円~200万円ほどです。DJのみでの収入では生計を成り立たせるのは難しいのが現状です。DJの年収・給料の構成要素フリーランスとして活動するDJが圧倒的に多いため、福利厚生はありません。店舗での専属DJとして契約した場合でも、年収100万に届くまではかなりの

パイロットの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

年収の高い業種と聞いて真っ先に思いつくのは医者ではないでしょうか。しかし、実はパイロットは、場合によっては医者よりもかなりの高給取りなのです。実際にどのくらい貰っているのか、気になるところだと思います。そこで今回は、これからパイロットを目指している方や憧れを抱いている方などパイロットに興味のある人に向けて、厳しい審査を全てクリアした限られた人のみがなれる業種「パイロット」の年収をはじめ、勤務形態、必要なスキルなどをご紹介していきます。パイロットの平均年収は1000万円~1250万円が相場平均の内訳は、旅客機の操縦士の年齢別の年収と、大手日系航空会社、日系格安航空会社、大手外資系航空会社(国営の

ウェディングプランナーの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

結婚式のプロデュースをするウエディングプランナーは、主に結婚式に関する事前準備や当日までのサポートを行っています。結婚式を挙げるカップルから依頼を受けると、何度も打ち合わせを重ね、日取りから予算、衣装や招待状に至るまで手配し、多くのカップルたちの助けとなっています。ただ、仕事内容の大変さなどを考えると、果たして見合うだけの年収なのでしょうか?この記事では、ウェディングプランナーの給料や初任給、賞与や各種手当など、年収について詳しく紹介していきましょう。ウェディングプランナーの初任給はどのぐらい?ウエディングプランナーの初任給は、月18万円~20万円程度が相場とされています。もちろん企業によって

鍼灸師の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

鍼灸師とは、縫い針や注射針ではない、施術用の鍼(はり)と灸(きゅう)を使って、身体にもともと備わっている自己治癒力を高め、症状を抑えていく資格です。2018年に鍼灸を「伝統医療」としてWHO(世界保健機構)が認定したことにより、世の中の東洋医学に対する印象が変わり、鍼灸の需要が高まってきています。今回は、そんな鍼灸師の気になる給料について紹介していきます。鍼灸師の平均年収は330万円~400万円が相場鍼灸師の平均年収は、おおよそ330万円~400万円と言われています。年収は経験値や技術力、勤務形態、勤務場所などで変わってきますが、年齢による差はあまりありません。特に経験値や技術力は年収に影響し

美容部員の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

きれいにメイクをし、化粧品に囲まれながら仕事をする美容部員は、華やかで憧れのお仕事ですよね。今回は、美容部員として働いた経験から、美容部員の仕事内容や年収についてご紹介していきます。美容部員の平均年収は300万円~400万円が相場美容部員の年収は、勤務している会社、特に日系メーカーか外資系メーカーなのかによっても異なります。外資系メーカーは売上に応じた歩合給の部分が日系メーカーに比べて多い場合があり、年収が高い傾向にあります。また、大手ブランドの化粧品販売員の方が、年収が高い場合が多いです。美容部員の初任給はどのぐらい?初任給は、月20万円前後が一般的です。大卒、短大・専門学校卒など最終学歴に

モデルの年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

雑誌のモデルから世界的に活躍するファッションモデルまで、モデルは女性の憧れの職業の一つでもあります。もちろん男性モデルも存在しますが、一般的にモデルと言えば、華やかな衣装を身にまとった女性モデルをイメージするはずです。今回はそんなモデルの年収を、モデルの種類や仕事別に徹底解説していきたいと思います。モデルの平均年収は200万円~300万円が相場前述したように、モデルというのは上と下では天と地の差があるほど給料差も激しく、世界的に見ればその差も更に広がります。モデルも様々な種類があるので一概にはまとめにくいですが、一般的な平均は200万円~300万円と言われています。ただ、中には副業としてやって

バス運転手の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

これからバスの運転手を目指そうと思った時に気になるのは、平均年収がどのくらいかということです。働く以上は年収が大きなモチベーションに繋がりますし、生活を支えるためにも重要な方法だと言えます。平均年収が分かったところで、次に実践したいのは自分の年収をどうやって上げるのかどうかです。今の年収に甘んじるのではなく、もっと年収を上げるためにできることがあります。それでは、バスの運転手の平均年収などをご説明しましょう。バス運転手の平均年収は450万円が相場バスの運転手と言っても様々な種類がありますが、基本的にバス運転手全体の平均年収は450万円となっています。こちらの平均年収は平成30年に厚生労働省が発

表示準備中