パナソニックの年収【2020年最新版】

出世するといくら貰える?ボーナスは?パナソニックの年収事情を徹底調査


パナソニックの平均年収は774.5万円です。日本を代表する企業のひとつであるパナソニックは、従業員数が62,031人という大企業。平均年齢は45.6歳、平均勤続年数は22.8年となっており、平均勤続年数は企業全体で17位と高順位です。パナソニックは高めの平均年収と整った福利厚生から、働きやすい企業と言われています。

パナソニックの平均年収概要

平均年収: 774.5万円 上昇傾向
平均年齢
45.6歳
平均勤続年数
22.8年
従業員数
62,031人

パナソニックの平均年収推移

平均年収推移(パナソニックと上場企業平均)

パナソニックの平均年収推移は、上昇傾向です。前期比で見ると6.4万円増加しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は773.9万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

パナソニックの平均年収推移(2015年〜2019年)

パナソニックの平均年収 年収
2019年 774万円
2018年 768万円
2017年 781万円
2016年 789万円
2015年 756万円

業界内やエリア内でのパナソニックのランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
492位
3737社
全国の上場企業の平均年収より162.0万円高い

全国の平均年収より342.3万円高い
パナソニックの平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
774.5万 612.5万 432.2万

パナソニックの平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると162.0万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると342.3万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中492位と高い順位となります。

電気機器業界内での比較

業界内順位
39位
244社
電気機器業界の平均年収より109.8万円高い
パナソニックの平均年収 電気機器業界の平均年収
774.5万 664.7万

パナソニックが属する電気機器業界の上場企業の平均年収は664.7万円です。 そのため、パナソニックの年収は業界平均と比べて109.8万円高く、業界内順位を見ると244社中39位と高い順位となります。

大阪府内での比較

エリア内順位
64位
426社
大阪府の平均年収より148.7万円高い
パナソニックの平均年収 大阪府の平均年収
774.5万 625.8万

パナソニックの所在地がある大阪府の上場企業の平均年収は625.8万円です。 そのため、パナソニックの年収はエリア平均と比べて148.7万円高く、エリア内順位を見ると426社中64位と高い順位となります。

パナソニックの従業員数・平均年齢・勤続年数の推移

従業員数の推移

従業員数推移(パナソニックと上場企業平均)

パナソニック 上場企業平均
2019年 62,031人 1,035人
2018年 61,311人 1,071人
2017年 57,484人 1,042人
2016年 55,937人 1,055人
2015年 51,308人 1,055人

パナソニックの従業員数は2019年で62,031人と、1年前と比べて720人の増加となりました。

全上場企業の平均従業員数が1,035人なので、それと比べて多い水準となります。

次にパナソニックと同じ電気機器業界内で従業員数を比較してみました。業界平均の従業員数が2,082人なので、それと比較しても多い規模の人数というのが分かります。

平均年齢の推移

平均年齢推移(パナソニックと上場企業平均)

パナソニック 上場企業平均
2019年 45.6歳 41歳
2018年 45.6歳 41歳
2017年 45.3歳 40歳
2016年 45.6歳 40歳
2015年 45.3歳 40歳

パナソニックの平均年齢は2019年で45.6歳と、上場企業の平均と比べると年齢が高い水準となっています。

平均年齢を同じ電気機器業界内で比較してみました。業界平均が43歳のため、業界内で見ても年齢が高い水準となります。

平均勤続年数の推移

平均勤続年数推移(パナソニックと上場企業平均)

パナソニック 上場企業平均
2019年 22.8年 12年
2018年 22.9年 13年
2017年 22.8年 13年
2016年 23.3年 13年
2015年 23.3年 13年

パナソニックの平均勤続年数は2019年で22.8年と、上場企業の平均と比べると長い水準となっています。

平均勤続年数も同じ電気機器業界内で比較してみます。業界の平均勤続年数が15.6年のため、業界内で見ても長い水準となります。

パナソニックの業績推移

パナソニックが、転職先・就職先として魅力的な会社かどうかを知るために、前期比の売上成長率や一人あたりの経常利益などを見ていきましょう。

※売上・従業員数は、各社の連結ではなく「単体」の数字を元に計算しています。

売上・経常利益と成長率

売上

売上成長率(前期比)

経常利益

売上 経常利益
2019年3月期 4兆2552.2億円 1652.1億円
2018年3月期 4兆560.8億円 3210.2億円
2017年3月期 3兆6552.3億円 2476.5億円
2016年3月期 3兆7822.8億円 2137.6億円
2015年3月期 3兆8524.2億円 1902.4億円

まず、パナソニックと上場企業平均の「売上」と「成長率」を見ていきます。

2019年3月期の売上は、パナソニックが4兆2552.2億円、上場企業平均が1120.3億円となっています。パナソニックの売上は平均と比べて高い水準となっており、売上の前期比成長率を見ると、パナソニックが4.9%の増加、上場企業平均が15.4%の増加となっているため、上場企業の中では成長率は平均以下な会社と言えます。

従業員一人あたり売上の推移

パナソニック 上場企業平均
2019年3月期 6860万円 1.1億
2018年3月期 6616万円 9064万
2017年3月期 6359万円 9022万
2016年3月期 6762万円 9416万
2015年3月期 7508万円 9870万

次に、パナソニックと上場企業平均の「従業員一人あたり売上」を見ていきます。

2019年3月期で見ると、パナソニックは6860万円、上場企業平均が1.1億円となっています。

従業員一人あたり経常利益の推移

パナソニック 上場企業平均
2019年3月期 266万円 788万
2018年3月期 524万円 731万
2017年3月期 431万円 741万
2016年3月期 382万円 672万
2015年3月期 371万円 689万

「従業員一人あたり経常利益」についても見てみましょう。2019年3月期では、パナソニックは266万円、上場企業平均が788万円となっています。

パナソニックではボーナスはどれくらい貰える?

パナソニックでは、7月と12月の年に2回ボーナスを貰うことができます。

2018年4月1日~2019年3月31日のパナソニックの有価証券報告書や元従業員の口コミなどから予測すると、ボーナスは2回合わせて82万円~240万円ほどと伺えます。

パナソニックの職種別の年収

パナソニックの2018年4月1日~2019年3月31日までの有価証券報告書や元従業員の口コミなどから予測すると、総合職の年収は900万円~1200万円、一般職が600万円~900万円、技術職が600万円~900万円と伺えます。

パナソニックの公式ホームページによると、2018年の実績として修士了の初任給が月給235,500円、学部卒の初任給が月給211,500円となっています。

ちなみに、給与改定は4月の年1回です。

年収の参考にしてください。

パナソニックでは出世するとどれくらいの年収が貰える?

では、パナソニックは出世するとどのくらいの年収が貰えるのでしょうか。

パナソニックの2018年4月1日~2019年3月31日までの有価証券報告書や元従業員の口コミなどから予測すると、主任になると700万円~850万円、係長になると800万円~1000万円、課長になると900万円~1200万円、部長になると1200万円~1500万円とかなりの高収入が期待できます。

パナソニックの社長や役員の年収

パナソニックの2018年4月1日~2019年3月31日までの有価証券報告書を参照すると、取締役社長の津賀一宏氏の年収は2億5500万円、取締役の佐藤基嗣氏の年収は1憶4100万円、同じく取締役の樋口泰行氏の年収は1憶5100万円となります。

競合他社とパナソニックの年収比較

平均年収が768.1万円と高収入が期待できるパナソニックですが、競合他社の平均年収はどのくらいなのでしょうか。

パナソニックの競合他社というと、日立製作所や東芝です。

日立製作所の平均年収は871.5万円、東芝は816万円とどちらもかなりの高年収です。

また、同じ大阪府にある電気機器メーカーである象印マホービンの平均年収は、791.2万円となります。

各社の詳細は以下のページよりご覧下さい。

日立製作所の詳細はこちら
東芝の詳細はこちら
象印マホービンの詳細はこちら

パナソニックの平均年収が高い理由

では、なぜパナソニックはこんなにも平均年収が高いのでしょうか。

パナソニックの2018年4月1日~2019年3月31日までの有価証券報告書を参照すると、2017年4月1日~2018年3月31日までの当期純利益が202,027(単位:百万円)であったのに対し、2018年4月1日~2019年3月31日までの当期純利益は302,737(単位:百万円)と大幅に増収しています。

こういった結果により、従業員の収入も高くなっているのではないでしょうか。

パナソニックの事業内容

主な事業

パナソニックはCMでもお馴染みの家電や美容、健康などのBtoC事業、業務用冷熱機器、デバイスやエネルギーなどのBtoB事業を領域として、家庭からオフィスまで幅広い空間に対応した商品やサービスを提供しています。

また、住宅設備や建材、家電から住宅そのもの、更にサービスまで手掛ける強みを活かし、住空間の価値を提供します。

ほかにも、パナソニックでは電子部品や車載用電池の開発も行っています。

その他の事業

パナソニックでは他にも、ものづくりを支えてビジネスに貢献するファクトリーソリューション事業、省エネと温室効果ガス半減を実現する店舗ソリューション事業、ディープラーニングによる世界最高水準の顔認証技術なども行っています。

パナソニックの歴史

大正7年に松下幸之助氏が松下電気器具製作所として設立したパナソニック。

ここからは、そんなパナソニックの歴史を簡単にご紹介します。

  • 大正7年3月:松下幸之助氏が大阪市に松下電気器具製作所を設立・創業する。
  • 昭和2年4月:ナショナルの商標を制定する。
  • 昭和10年8月:改組し、松下電器産業株式会社になる。
  • 昭和24年5月:東京証券取引所及び大阪証券取引所に株式を上場する。
  • 昭和60年10月:半導体基礎研究所を設立する。
  • 平成20年10月:社名が松下電器産業株式会社からパナソニック株式会社に変更される。
  • 平成24年6月:取締役社長に津賀一宏氏が就任する。

パナソニックグループについて

パナソニックは、パナソニックを中核とする企業グループを持っています。

400以上もの連結子会社を持ち、グループ全体の従業員数は20万人を超えます。

また、社内カンパニー制度を導入し、7つのカンパニーを並列経営するのが特徴です。

パナソニックの採用情報

パナソニックでは、新卒採用や中途採用(キャリア採用)、高専生採用、障がい者採用、海外現地法人採用などを行っています。

ここからは、新卒採用と中途採用の情報をご紹介します。

新卒採用

パナソニックの新卒採用では、事務系の営業・マーケティング、経理、人事、広報・宣伝、カスタマーサービス等、技術系の研究開発、SE/技術営業、情報システム等様々な職種を募集しています。

勤務地は大阪府にある本社や全国にある研究所・事業所のいずれかです。

主な選考プロセスは以下の通りです。

 

【事務系】

  • エントリーシート(ES)/適性検査(SPI)→書類選考→一次選考→二次選考→最終面接→内々定

【技術系】

  • エントリーシート(ES)/適性検査(SPI)→書類選考→最終選考(技術面接/技術プレゼンテーション・人事面接)→内々定

中途採用

パナソニックの中途採用では、エンジニア系やスタッフ系・営業系など様々な職種を募集しています。

パナソニックでは、転職を考えている方向けにキャリア登録制度を行っています。

この制度は、自分の職務経歴を登録すると、スキルや経験にマッチする職種の募集がある場合にパナソニックからその職種を紹介してもらえるというものです。

また、東京や大阪、神奈川などで「エンジニア限定合同選考会」や「パナソニック転職相談会」など、様々な転職イベントを開催しています。

パナソニックに転職したい方は、こういったイベントへ足を運ぶと良いでしょう。

パナソニックで求められる人材像

公式ホームページによると、パナソニックで求められるのは主に以下のような人材像です。

  • 大きな夢と高い志を持ち、チャレンジし続ける人
  • 世界で戦える、尖った強みを持った人
  • 新たな価値を創造し、変革を起こせる人

このように、様々なことにどんどん挑戦でき、新しい価値を生み出せる人をパナソニックでは求めています。

自分の強みを持ち、それを自分で理解している人なら尚良いのではないでしょうか。

パナソニックに就職、転職するためには?

パナソニックでは、転職を考えている方向けにセミナーや相談会を定期的に開催しています。

転職相談会では、中途採用担当者が個別に30分から1時間ほど相談に乗ってくれるそうです。

転職を検討中の方は、まずはこのような相談会に参加することをおすすめします。

また、パナソニックへの就職を希望する学生向けに、具体的な仕事内容を紹介する「事業・仕事別Live」やWebセミナーで技術系社員が仕事の魅力ややりがいを伝える「バーチャルVoice」などを開催しています。

これらに積極的に参加することで、パナソニックへの就職の第一歩となるのではないでしょうか。

企業データ

会社名
パナソニック株式会社
設立年月日
1935年12月15日
所在地
大阪府門真市大字門真1006
エリア
大阪 
業界・業種
代表者名
津賀 一宏
上場市場
東証1部、名証1部
上場年月日
1949年5月

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2020年5月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中