鉱業企業の平均年収ランキング1位~6位【2020年最新版】

鉱業業界のランキングでは、この会社が平均年収923万円で1位に!


鉱業企業の平均年収ランキングです。長期需要に強みがある一方で、需要の変動や鉱物物資価格の変動に弱い鉱業業界…。近年では、世界各国の景気が悪化する中、安定的に資源を確保するために探鉱予算を削るなどコストを抑えてはいますが、依然厳しい状態が続いています。今後、資源外交の強化、政府との連携強化を図り、安定した収益を得ることができる仕組み、体制作りが必要だと見られている鉱業業界。一般的に年収が高いイメージがありますが実際はどうなのでしょうか。上場企業6社分の年収データから鉱業の企業のランキングを作成したので、ご紹介します。

平均年収

平均年齢

平均勤続年数

従業員数

設立年

指数

1位
国際石油開発帝石
  • 東京/鉱業
  • 2006年設立
平均年収 923万円 ( 上昇傾向)
平均年齢
39.6
平均勤続年数
15.9
従業員数
1231
2位
三井松島ホールディングス
  • 福岡/鉱業
  • 1913年設立
平均年収 863万円 ( 下降傾向)
平均年齢
43.5
平均勤続年数
10.8
従業員数
47
3位
石油資源開発
  • 東京/鉱業
  • 1970年設立
平均年収 806万円 ( 下降傾向)
平均年齢
40.7
平均勤続年数
17.3
従業員数
920
4位
K&Oエナジーグループ
  • 千葉/鉱業
  • 2014年設立
平均年収 746万円 ( 下降傾向)
平均年齢
42.8
平均勤続年数
17.6
従業員数
38
5位
住石ホールディングス
  • 東京/鉱業
  • 2008年設立
平均年収 728万円 ( 下降傾向)
平均年齢
51.2
平均勤続年数
21.0
従業員数
13
6位
日鉄鉱業
  • 東京/鉱業
  • 1939年設立
平均年収 703万円 ( 上昇傾向)
平均年齢
41.9
平均勤続年数
17.4
従業員数
671

1件~6件 (全 6件)

よく見られている企業はこちら

表示準備中