新日本空調の年収【2021年最新版】(2ページ目)

今後事業はどのように展開される?選考で重視される点は?就活生必見のポイントを一気に解説!


新日本空調の社長や役員の年収

2020年の有価証券報告書を確認しましたが、報酬が1億円を超える役員は存在しないとのことです。

またその他の役員の報酬については、社内取締役7名に対して総額2億9000万円で1人あたり4142万円、社内監査役1名に対して2100万円がそれぞれ支給されていました。

現在は新たな新中期経営計画を掲げ、主に事業基盤の増強・収益力の向上・デジタル変革等に注力しています。

特に事業基盤の増強の分野では、事業領域の拡大及び新規事業の開拓を図っており、海外での事業基盤も更に強化していく予定です。

今後事業活動が益々活発になり業績がどんどん伸びていくにつれ、役員報酬も徐々に増加していくかもしれません。

競合他社と新日本空調の年収比較

新日本空調の競合会社として、高砂熱学工業大気社等が挙げられます。

それぞれの年収を比較すると、新日本空調は853万円、高砂熱学工業は848万円、大気社は927万円と、現時点では大気社には約74万円程及びませんでした。

しかし現在は更に事業基盤を強化するため、企業や大学等と連携し新たな技術の開発に尽力。

最近では地中熱・太陽熱・大気熱の再生可能エネルギーを組み合わせたハイブリッドシステムの開発等にも取り組んでいます。

今後展開する事業も更に拡大され収益力も上がると予想できるため、競合会社を超える可能性も充分にあると言えます。

新日本空調の平均年収が高い理由

新日本空調の年収の高さの理由の一つとして、リスクマネジメントがきちんと行われていることが挙げられます。

現在は新型コロナウイルス感染拡大による事業活動へのリスクを中心に、工事の遅延や品質の管理に関するリスク等に対しても考え得るだけの対策を用意。

日頃からあらゆることを想定して事業を運営しているため被害を最小限に留めることができ、結果的に安定した業績・年収に繋がっていると考えられます。

今後も徹底したリスク管理を継続することで、業績や平均年収を更に伸ばしていくでしょう。

新日本空調が属する新日本空調グループとは?

新日本空調グループは、新日空サービス、日宝工業等の子会社8社が所属するグループです。

グループ企業では、建築設備の保守・保全・整備及び改修工事、空調衛生設備・電気設備・産業施設設備の工事設計施工等を中心に事業を行っています。

新日本空調の採用情報

新日本空調では現在、新卒採用・キャリア採用がそれぞれ行われています。

募集職種や詳しい選考内容について見ていきましょう。

新卒採用

新卒採用では、専門職(総合職)の募集を行っており、入社後は以下の職種に配属される予定です。

  • 技術系:施工管理・設計・研究開発
  • 営業系
  • 事務系:総務・人事・経理

営業・事務系の職種では全学部・学科が募集対象とされていますが、技術系の職種に関しては機械・精密・建築・土木・環境・電気・電子・情報・原子力・エネルギー・化学・材料・物質等を専攻している方が対象となります。

入社後自身がこれまでに勉強してきたことをどのように活かせるかが新卒採用ページの質問欄に簡単に記載されているので、目を通しておくと入社後の働き方を具体的にイメージできるかもしれません。

同じく新卒採用ページの「仕事と人を知る」では、実際に各職種に就いている社員の方のインタビュー記事を見ることができるので、併せて読むようにしましょう。

選考は、会社説明会の参加→適性検査→書類審査→一次面接→役員面接の順で進み、適性検査は会社説明会と同じ日に全国各所で、一次面接は各事業所で、役員面接は本社でそれぞれ実施されます。

残念ながら適性検査の内容についての詳しい情報は得られませんでしたが、過去に選考を受けた方によると出題されたのは言語・非言語問題で、SPIテスト用の本で対策したとの口コミが見られました。

内容は一般的なものであると推測できるので、早い内から勉強し、きちんと対策しておくようにしましょう。

キャリア採用

キャリア採用では現在公式ホームページにて技術系職員の募集を行っており、入社後は施工管理業務(設計業務含む)を中心に担当することになります。

工事の施工計画・進捗管理・品質管理・安全管理等の施工管理関連業務経験のある方、WordやExcel等の基本的なパソコン操作ができる方を募集対象としており、以下の資格・経験があれば尚良いとのことです。

  • 一級・二級管工事施工管理技士有資格者
  • 空気調和・衛生工学会設備士(空調・衛生)
  • 消防設備士
  • 建築設備業界で空調・給排水衛生・電気工事等の現場代理人の経験がある方

応募は、履歴書(市販書式・写真の貼付・メールアドレスを記載すること)及び職務経歴書(書式自由)を中途採用担当者まで郵送することで応募できます。

応募後は書類選考→一次面接・適性検査→役員面接の順で選考が進みます。

一次面接・適性検査は東京・仙台・名古屋・大阪・広島・福岡の各事業所で、役員面接は本社にて行われるため、スケジュールを念入りに調整しておく必要があります。

また転職サイトでは、経理(海外法人管理部門)・人事・社内SE等の求人情報も掲載されていました。

どの職種も実務経験が求められますが、専門的な資格等は特に必要とされていません。

これらの職種での応募を希望する方は、各転職サイトから応募し選考に進むようにしましょう。

新日本空調で求められる人材像

新卒採用ページの質問欄には、「新日本空調に入社して『これをやりたい』という考えが浮かぶ方」「環境問題や省エネに興味がある方」を求めていると記載されていました。

また、新日本空調の価値観として「調和」「探求」「真摯」「絆」がそれぞれ掲げられています。

これらのことから、チャレンジ精神・向上心・協調性・探求心等を持っているかどうかがポイントになると考えられます。

「目標に向かって絶えず努力をすることができるか」「好奇心が旺盛であるか」等も重視されると推測できるため、選考では「新日本空調に入社後どのようなことに挑戦してみたいか」「どのようなキャリアを形成していきたいか」等の具体的なビジョンを伝え、自身の意欲をアピールしましょう。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年6月28日

SNSシェア用テキスト

表示準備中