大気社の年収【2021年最新版】

自動車塗装プラントの売上世界トップクラス!グローバルに活躍する大手設備工事会社!就活前に知っておきたい面接のポイントとは?


大気社の平均年収

大気社の平均年収は、2021年で前期に比べて上昇傾向の927.3万円となりました。建設業界内では14位の平均年収です。大気社は空調、塗装、衛生設備の事業を展開する企業です。年功序列でありながらも実力主義で、風通しの良い社風を持っています。残業はありますが、残業代がでるので労働した分はきちんと給与に反映されます。そのため、残業量によっては20代前半でも800万円に届くこともあります。平均勤続年数は18.1年と定着率が高くなっています。

大気社の平均年収概要

平均年収: 927.3万円 上昇傾向
平均年齢
43.9歳
平均勤続年数
18.1年
従業員数
1,472人

大気社の平均年収推移

平均年収推移(大気社と上場企業平均)

大気社の平均年収推移は、上昇傾向です。前期比で見ると32.8万円増加しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は913.1万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

大気社の平均年収推移(2015年〜2019年)

大気社の平均年収 年収
2019年 927万円
2018年 894万円
2017年 969万円
2016年 897万円
2015年 878万円

業界内やエリア内での大気社のランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
152位
3737社
全国の上場企業の平均年収より314.8万円高い

全国の平均年収より495.1万円高い
大気社の平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
927.3万 612.5万 432.2万

大気社の平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると314.8万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると495.1万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中152位と高い順位となります。

建設業界内での比較

業界内順位
14位
167社
建設業界の平均年収より220.7万円高い
大気社の平均年収 建設業界の平均年収
927.3万 706.6万

大気社が属する建設業界の上場企業の平均年収は706.6万円です。 そのため、大気社の年収は業界平均と比べて220.7万円高く、業界内順位を見ると167社中14位と高い順位となります。

東京都内での比較

エリア内順位
121位
1979社
東京都の平均年収より280.1万円高い
大気社の平均年収 東京都の平均年収
927.3万 647.2万

大気社の所在地がある東京都の上場企業の平均年収は647.2万円です。 そのため、大気社の年収はエリア平均と比べて280.1万円高く、エリア内順位を見ると1979社中121位と高い順位となります。

大気社ではボーナスはどれくらい貰える?

大気社では、6月と12月の年2回、年間約4ヶ月~5ヶ月分のボーナスが支給されます。

平均支給額は約125万円~290万円で、業績によっては決算賞与が支給される年もあるようです。

大気社の職種別の年収

大気社の年収を職種別に見ていきましょう。

一般職:約570万円~950万円

技術職:約630万円~930万円

総合職:約800万円~1325万円

また、2021年度に予定している給与額は以下の通りです。

高専卒:222,000円

大学卒:243,000円

修士了:258,000円

配属される部門や出張の頻度等によって、月々の収入は大きく異なるようです。

出張等が度重なれば忙しいもののやりがいも大きく、収入アップも望めるでしょう。

大気社では出世するとどれくらいの年収が貰える?

大気社で役職に就いた場合の年収も見ていきましょう。

係長クラス:約1015万円~1065万円

課長クラス:約1365万円~1400万円

部長クラス:約1520万円~1790万円

大気社で出世する社員の特徴として、他の社員や上司の気持ちを汲み取れることが共通しているようです。

普段から社内の人と積極的にコミュニケーションを取り丁寧に接することで、それぞれの気持ちや考え等を察知することができるでしょう。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中