高砂熱学工業の年収【2021年最新版】

有名施設での施工実績多数!就活前に押さえておきたい面接の傾向とは?競合会社とも徹底的に比較!


高砂熱学工業の平均年収

高砂熱学工業の平均年収は、2021年では847.8万円で前期に比べて下降傾向でした。建設業界内では29位、全体では259位となっています。高砂熱学工業は、東京駅丸の内駅舎の復元工事や東京ドームの空調設備の施工等に携わり、様々な賞を受賞。近年ではサテライトオフィスを全国に10ヶ所設置する等、従業員の作業効率・満足度の向上を図っています。外勤社員は通勤時間が1時間以内となるよう現場社宅制度も導入済み。従業員を大切にする姿勢が平均勤続年数16.6年という高定着率に繋がっています。

高砂熱学工業の平均年収概要

平均年収: 847.8万円 下降傾向
平均年齢
42.1歳
平均勤続年数
16.6年
従業員数
2,051人

高砂熱学工業の平均年収推移

平均年収推移(高砂熱学工業と上場企業平均)

高砂熱学工業の平均年収推移は、下降傾向です。前期比で見ると14.4万円減少しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は832.9万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

高砂熱学工業の平均年収推移(2015年〜2019年)

高砂熱学工業の平均年収 年収
2019年 848万円
2018年 862万円
2017年 821万円
2016年 829万円
2015年 804万円

業界内やエリア内での高砂熱学工業のランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
259位
3737社
全国の上場企業の平均年収より235.3万円高い

全国の平均年収より415.6万円高い
高砂熱学工業の平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
847.8万 612.5万 432.2万

高砂熱学工業の平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると235.3万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると415.6万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中259位と高い順位となります。

建設業界内での比較

業界内順位
29位
167社
建設業界の平均年収より141.2万円高い
高砂熱学工業の平均年収 建設業界の平均年収
847.8万 706.6万

高砂熱学工業が属する建設業界の上場企業の平均年収は706.6万円です。 そのため、高砂熱学工業の年収は業界平均と比べて141.2万円高く、業界内順位を見ると167社中29位と高い順位となります。

東京都内での比較

エリア内順位
198位
1979社
東京都の平均年収より200.6万円高い
高砂熱学工業の平均年収 東京都の平均年収
847.8万 647.2万

高砂熱学工業の所在地がある東京都の上場企業の平均年収は647.2万円です。 そのため、高砂熱学工業の年収はエリア平均と比べて200.6万円高く、エリア内順位を見ると1979社中198位と高い順位となります。

高砂熱学工業ではボーナスはどれくらい貰える?

高砂熱学工業では年2回、約6ヶ月分のボーナスが支給されます。

平均支給額は115万円~275万円です。

成績等もボーナスに影響するので、業務にしっかり取り組むことで自身にも還元されるでしょう。

高砂熱学工業の職種別の年収

高砂熱学工業の年収を職種別に見ていきましょう。

一般職:約550万円~875万円

技術職:約600万円~860万円

総合職:約680万円~1220万円

また、2021年度予定の学歴別による初任給は以下の通りです。

修士了:255,000円

大学卒:242,000円

高専卒:225,000円

通勤手当が全額支給される他、住宅手当・子女養育手当等も支給されるので、ライフスタイルの変化にも充分対応できるでしょう。

高砂熱学工業では出世するとどれくらいの年収が貰える?

高砂熱学工業で役職に就いた場合年収は以下の通りとなります。

係長クラス:約890万円~970万円

課長クラス:約1140万円~1300万円

部長クラス:約1285万円~1625万円

出世は基本的には年功序列となっているので、長く勤めることで出世するチャンスを得られるでしょう。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中