大林組の年収【2021年最新版】

スーパーゼネコンのボーナスや事業内容とは?出世をすると役員並みの年収が期待できる?!気になるその事情を徹底解析!


大林組の平均年収

大林組の平均年収は、2021年で1052.7万円です。業界内順位は3位、生涯給料順位は企業全体で50位となっています。大林組は日本で5社あるスーパーゼネコンの内の1社で、従業員数8,753人にものぼる大企業です。落ち着いた社風で、風通しの良い企業です。若手でも現場を任せられるので、責任感を持って仕事に取り組めます。近年は働き方改革が進んでおり、ワークライフバランスが年々整ってきています。平均年齢は42.5歳、平均勤続年数は17.2年となっています。

大林組の平均年収概要

平均年収: 1052.7万円 上昇傾向
平均年齢
42.5歳
平均勤続年数
17.2年
従業員数
8,753人

大林組の平均年収推移

平均年収推移(大林組と上場企業平均)

大林組の平均年収推移は、上昇傾向です。前期比で見ると6.5万円増加しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は971.1万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

大林組の平均年収推移(2015年〜2019年)

大林組の平均年収 年収
2019年 1053万円
2018年 1046万円
2017年 951万円
2016年 915万円
2015年 891万円

業界内やエリア内での大林組のランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
83位
3737社
全国の上場企業の平均年収より440.2万円高い

全国の平均年収より620.5万円高い
大林組の平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
1052.7万 612.5万 432.2万

大林組の平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると440.2万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると620.5万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中83位と高い順位となります。

建設業界内での比較

業界内順位
3位
167社
建設業界の平均年収より346.1万円高い
大林組の平均年収 建設業界の平均年収
1052.7万 706.6万

大林組が属する建設業界の上場企業の平均年収は706.6万円です。 そのため、大林組の年収は業界平均と比べて346.1万円高く、業界内順位を見ると167社中3位と高い順位となります。

東京都内での比較

エリア内順位
66位
1979社
東京都の平均年収より405.5万円高い
大林組の平均年収 東京都の平均年収
1052.7万 647.2万

大林組の所在地がある東京都の上場企業の平均年収は647.2万円です。 そのため、大林組の年収はエリア平均と比べて405.5万円高く、エリア内順位を見ると1979社中66位と高い順位となります。

大林組ではボーナスはどれくらい貰える?

大林組では7月と12月の年2回、ボーナスが支給されます。

平均支給額は約80万円〜370万円となっており、男女間では最大60万円〜70万円の差が生まれます。

50歳代でピークを迎えること、年齢によって給与もアップすることからボーナス及び平均年収も高くなると考えられます。

大林組の職種別の年収

職種別の年収を比較してみると、一般職は約500万円〜1000万円、技術職は約500万円〜1000万円、総合職は約700万円〜1400万円となっています。

一般職と技術職の年収にはほとんど差はありませんが、総合職になると1400万円という高額な年収も夢ではありません。

ちなみに学歴別の初任給を比較してみると、博士了で月給29万円、修士了で月給26万円、学部卒で月給24万円、高専・短大卒で月給21万円、高校卒で月給19万円となっています。

最大で10万円もの差があることから、大林組に就職するには学歴も重要であることが分かります。

大林組では出世するとどれくらいの年収が貰える?

次に、出世をした際の年収の比較をしてみると、主任は約600万円〜1000万円、係長は約950万円〜1160万円、課長は約1250万円〜1560万円、部長は約1600万円〜2000万円となります。

部長にもなると、監査役などとほとんど変わらない収入が期待できます。

ぜひ出世を視野に入れて努めるべきと考えます。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中