関電工の年収【2021年最新版】

業績が好調な理由とは?気になる役員報酬を公開!面接ではどんなアピールが必要?


関電工の平均年収

関電工の平均年収は、2021年で前期に比べて上昇傾向の741.1万円となりました。建設業界内では64位の平均年収です。関電工は電気工事や情報通信工事などを行っている総合設備企業です。伝統のある企業で、穏やかな雰囲気が漂っています。自分の担当した工事が完了したときに達成感を抱く人が多く、モチベーションに繋がっているようです。残業はありますが、残業代はしっかりと付くので、年収は高くなる傾向にあります。平均勤続年数は19.1年と定着率が高くなっています。

関電工の平均年収概要

平均年収: 741.1万円 上昇傾向
平均年齢
41.5歳
平均勤続年数
19.1年
従業員数
7,202人

関電工の平均年収推移

平均年収推移(関電工と上場企業平均)

関電工の平均年収推移は、上昇傾向です。前期比で見ると17.3万円増加しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は642.9万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

関電工の平均年収推移(2015年〜2019年)

関電工の平均年収 年収
2019年 741万円
2018年 724万円
2017年 594万円
2016年 583万円
2015年 573万円

業界内やエリア内での関電工のランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
640位
3737社
全国の上場企業の平均年収より128.6万円高い

全国の平均年収より308.9万円高い
関電工の平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
741.1万 612.5万 432.2万

関電工の平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると128.6万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると308.9万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中640位と高い順位となります。

建設業界内での比較

業界内順位
64位
167社
建設業界の平均年収より34.5万円高い
関電工の平均年収 建設業界の平均年収
741.1万 706.6万

関電工が属する建設業界の上場企業の平均年収は706.6万円です。 そのため、関電工の年収は業界平均と比べて34.5万円高く、業界内順位を見ると167社中64位と高い順位となります。

東京都内での比較

エリア内順位
440位
1979社
東京都の平均年収より93.9万円高い
関電工の平均年収 東京都の平均年収
741.1万 647.2万

関電工の所在地がある東京都の上場企業の平均年収は647.2万円です。 そのため、関電工の年収はエリア平均と比べて93.9万円高く、エリア内順位を見ると1979社中440位と高い順位となります。

関電工ではボーナスはどれくらい貰える?

関電工では6月と12月の年2回、ボーナスが支給されます。

平均支給額は約105万円〜235万円、男女間の差は最大で約45万円、ピークは50歳代で迎えます。

平均支給額はやや低めですが、入社1年目から夏と冬のボーナスが貰えたり、世間が不景気の中でもボーナス額は下がりづらいため、給与・賞与面では安定していると言えるでしょう。

関電工の職種別の年収

職種別の年収を比較すると、一般職の平均年収は約500万円〜650万円、技術職は約520万円〜640万円、総合職は約800万円〜920万円となっています。

年1回の昇給ではしっかりと増額されるため、30歳代でも平均して約600万円ほどの収入が見込めます。

学歴別の初任給は大学院了231,000円、大学卒216,000円、高専卒190,000円、専門卒185,000円となっており、他企業と比較しても平均的と言えます。

関電工では出世するとどれくらいの年収が貰える?

出世後の年収を比較すると、係長の平均年収は約605万円〜870万円、課長は約805万円〜1120万円、部長は約1010万円〜1420万円となっています。

課長以上の管理職に就くと、1000万円を超える年収も望めますが、残業代や業務内容・生活などが給与に反映されづらくなるため、年収が上がりにくくなるとの声も聞かれます。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中