いすゞ自動車の年収【2021年最新版】

国内自動車メーカー最古の歴史を持つ企業!役員の報酬は1億円以上?気になる面接の内容は?


いすゞ自動車の平均年収

いすゞ自動車の平均年収は、2021年では766.3万円で前期に比べて上昇傾向です。車・輸送用機器業界内では8位、全体では521位、東京都内では368位と高順位でした。いすゞ自動車は、世界30か国以上でカテゴリートップシェアを得る等、その業績は年々上昇。育児休暇中の社員にもボーナスを支給、臨時従業員には3ヶ月毎に21万円の慰労金を支給と社員を大切にしています。アットホームなのんびりした社風で人間関係も良いことが、従業員数8,186人、平均勤続年数19.0年という高水準に繋がっています。

いすゞ自動車の平均年収概要

平均年収: 766.3万円 上昇傾向
平均年齢
41.2歳
平均勤続年数
19.0年
従業員数
8,186人

いすゞ自動車の平均年収推移

平均年収推移(いすゞ自動車と上場企業平均)

いすゞ自動車の平均年収推移は、上昇傾向です。前期比で見ると16.5万円増加しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は760.6万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

いすゞ自動車の平均年収推移(2015年〜2019年)

いすゞ自動車の平均年収 年収
2019年 766万円
2018年 750万円
2017年 763万円
2016年 761万円
2015年 763万円

業界内やエリア内でのいすゞ自動車のランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
521位
3737社
全国の上場企業の平均年収より153.8万円高い

全国の平均年収より334.1万円高い
いすゞ自動車の平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
766.3万 612.5万 432.2万

いすゞ自動車の平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると153.8万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると334.1万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中521位と高い順位となります。

車・輸送用機器業界内での比較

業界内順位
8位
94社
車・輸送用機器業界の平均年収より135.4万円高い
いすゞ自動車の平均年収 車・輸送用機器業界の平均年収
766.3万 630.9万

いすゞ自動車が属する車・輸送用機器業界の上場企業の平均年収は630.9万円です。 そのため、いすゞ自動車の年収は業界平均と比べて135.4万円高く、業界内順位を見ると94社中8位と高い順位となります。

東京都内での比較

エリア内順位
363位
1979社
東京都の平均年収より119.1万円高い
いすゞ自動車の平均年収 東京都の平均年収
766.3万 647.2万

いすゞ自動車の所在地がある東京都の上場企業の平均年収は647.2万円です。 そのため、いすゞ自動車の年収はエリア平均と比べて119.1万円高く、エリア内順位を見ると1979社中363位と高い順位となります。

いすゞ自動車ではボーナスはどれくらい貰える?

いすゞ自動車では7月と12月の年2回、約5ヶ月分のボーナスが支給されます。

平均支給額は約120万円~250万円です。

育児休暇を取得していてもボーナスが支給されるため、満足していると感じている社員が多く見られました。

いすゞ自動車の職種別の年収

いすゞ自動車の年収を職種別に見てみましょう。

  • 一般職:約500万円~750万円
  • 技術職:約400万円~700万円
  • 総合職:約650万円~1000万円

また、2019年度4月実績での学歴別の初任給は以下の通りでした。

  • 大学卒:212,200円
  • 修士了:234,200円

勤続年数に伴ってベースアップしていくので、長期に渡って勤めることで給与も大きく上昇するでしょう。

いすゞ自動車では出世するとどれくらいの年収が貰える?

いすゞ自動車で出世した場合の年収は以下の通りです。

  • 係長クラス:約750万円~855万円
  • 課長クラス:約985万円~1145万円
  • 部長クラス:約1145万円~1435万円

出世は年功序列となるので、長く勤めるほど出世するチャンスが多くなるでしょう。

また、ハキハキと大きな声で自身の意見を主張できるかどうかもポイントとなるようです。

ミーティング等では積極的に発言し、自身の考えを伝えるようにしましょう。

いすゞ自動車の社長や役員の年収

2019年度の有価証券報告書を確認すると、代表取締役社長の片山正則氏の報酬は1億4100万円でした。

またその他の役員の報酬については、社内取締役11名に対して総額6憶5100万円で1人あたり5918万円、社内監査役3名に対して総額6600万円で1人あたり2200万円がそれぞれ支給されていました。

業績も好調であるため、役員の報酬も今後更に上昇していくでしょう。

競合他社といすゞ自動車の年収比較

いすゞ自動車の競合会社として、マツダ日野自動車が挙げられます。

それぞれの年収を見ると、いすゞ自動車は766万円、マツダは677万円、日野自動車は667万円と、現時点では競合会社よりも年収が高いことが分かりました。

既存商品の商品力強化に尽力していることからも、今後更に競合との差を開いていくと考えられます。

いすゞ自動車の平均年収が高い理由

いすゞ自動車の売り上げ・経常利益の推移を見てみると、売り上げは2017年で1兆658.9億円、2018年で1兆813.8億円、2019年で1兆1308.3億円でした。

経常利益は2017年で1003.3億円、2018年で717.5億円、2019年で1004.1億円となっていました。

経常利益が2018年に一度下降してしまったものの売り上げは1兆円以上を常にキープしており、業績は好調であると言って良いでしょう。

そのため、社員の年収も高くなっていると考えられます。

いすゞ自動車の事業内容

主な事業

いすゞ自動車では主に自動車やその部品、産業用エンジンの製造販売を行っています。

現時点で展開している商品としては以下の通りです。

  • 小型トラック エルフ
  • 中型トラック フォワード
  • 大型トラック ギガ
  • ガソリン車 エルフ100
  • 農業用ディーゼルエンジン 等

現在は上記の商品に省燃費性能をはじめとした様々な新機能を搭載することに尽力。

今後も顧客のニーズに応えるため開発に注力していくでしょう。

その他の事業

その他にもいすゞ自動車では、グループ企業にてアフターサービスの一環でパーツカタログやマニュアルの制作も行っています。

主にパーツカタログでは部品の情報等を、マニュアルでは取扱説明書・修理書をそれぞれまとめて制作。

今後も顧客に商品についての情報をしっかり提供していくと考えられます。

いすゞ自動車の歴史

ここで、いすゞ自動車のこれまでを簡単に見てみましょう。

1937 東京自動車工業を設立する

1949 社名をいすゞ自動車に変更する

1982 いすゞ自動車海外販売を設立する

1993 小型乗用車の自社開発・製造を中止する

2004 「みまもりくんオンラインサービス」を発売する

2006 トヨタ自動車と資本提携する

2010 国内年間トラック販売台数トップクラスとなる

2017 創立80周年を迎える

2018 トヨタ自動車との資本提携を解消する

いすゞ自動車が属するいすゞ自動車グループとは?

いすゞ自動車グループは、いすゞ自動車販売・いすゞユーマックス・いすゞ中央研究所・いすゞ車体等の子会社112社・関連会社4社から成り立つグループです。

グループ企業では研究開発や車両製造、部品製造、トラック・バス・中古車等の卸売販売等の他にも、不動産や販売金融、オフィスサポート等、様々な事業に携わっています。

いすゞ自動車の採用情報

いすゞ自動車では、現在新卒採用及びキャリア採用を行っています。

それぞれの採用の募集要項等を確認していきましょう。

新卒採用

新卒採用では、現在事務系職種・技術系職種の二つで以下の職種の募集を行っています。

  • 事務系職種:営業、パワートレイン営業、購買・調達、サービス、部品営業、生販流通、品質保証、経理・財務、総務人事、法務、工務等
  • 技術系職種:車両商品企画・設計、先端領域、電装制御設計、車両審査・実験、エンジン商品企画・設計、 エンジン電子制御等

技術系職種では上記以外にも様々な職種で募集が行われています。

技術系を志望する方は自身の希望する職種があるかどうか確認しておきましょう。

選考フローについては詳しくは明らかではありませんが、エントリーシート・適性検査・面接によって選考が行われ、技術系のみ筆記試験も実施されます。

内容は一般的なSPI問題となり、言語・非言語問題が出題されるので、市販の参考書を活用することで充分対策できるでしょう。

応募方法は事務系は自由応募、技術系は自由応募・学校推薦の二つがあるので、学校推薦で応募したいという方は大学側に推薦の有無やスケジュールについて確認を取るようにしましょう。

キャリア採用

キャリア採用では現在以下の部門でそれぞれ募集が行われています。

  • 生産部門(生産技術):パワートレイン生産技術、車両生産技術
  • 生産部門(工場インフラ系):工場電気設備エンジニア(企画・設計)
  • 品質保証部門:品質保証(渉外)、品質保証(量産品改善)、市場品質改善
  • 開発部門:制御システムのモデルベース開発、先進安全・自動運転技術の研究開発、車両開発・設計、エンジン先行開発等
  • 企画部門:国内・海外コネクテッド事業戦略・策定及び実行
  • 営業部門:車両用故障診断機のソフトウェア企画業務、部品販売価格設定(価格戦略立案)
  • システム部門:アフターセールスシステムエンジニア、財務・原価管理システムエンジニア
  • 管理部門:コンプライアンス、ビジネス法務、会社税務業務

どの職種でも職種に通ずる豊富な経験やスキルが求められる他、職種によっては語学力も同時に求められます。

英語ではTOEIC目安点数500点~700点が、中国語ではビジネスレベルが求められる職種もあるので、自身の実力が証明できる資格を取得しておくと良いでしょう。

応募は、各職種の募集要項最下部「この職種に応募する」からエントリーフォームを記入することで応募できます。

エントリーフォームには職務経歴や語学力、海外経験、志望動機、転職理由、希望入社時期等についても記入する欄が設けられています。

事前に下書きをしておくだけでなく、充分時間を取って丁寧に記入するようにしましょう。

また、履歴書・職務経歴書・その他資料の添付も求められるので、予め作成しておきましょう。

いすゞ自動車で求められる人材像

いすゞ自動車が求める人材像として、リクナビには以下の四つが挙げられていました。

  • 自ら考え行動する人
  • 高い当事者意識・問題意識を持つ人
  • 変化に対応できる人
  • 自らキャリアデザインを行う人

また、行動指針として商品・自己・組織について以下のように記載されています。

  • 商品:真のニーズを追究し、魅力ある商品・サービスの創造
  • 自己:約束を守り、誠実で、迅速な対応
  • 組織:世界の仲間とチームワークで達成

これらのことから、いすゞ自動車では自主性・順応性・積極性・協調性等が求められることが分かります。

面接では入社後どのようなことがしたいか、どんな製品に携わりたいか等具体的に話すようにしましょう。

いすゞ自動車に就職、転職するためには?

いすゞ自動車の面接時間は約15分と短いようです。

そのため、自身の強みや入社の意欲がきちんと伝わるように分かりやすく簡潔に話しましょう。

過去の面接での質問内容も見ておきましょう。

  • いすゞ自動車にどのように貢献できると思うか
  • いすゞ自動車のイメージについて
  • いすゞ自動車が業界No.1となるにはどうしたら良いか
  • これまでリーダーを務めた経験の有無
  • 学生時代に頑張ったことについて

また、自動車業界だけでなくトラック業界についてもしっかり研究をしておくことで、いすゞ自動車や業務内容についての理解もより一層深めることができるでしょう。

いすゞ自動車の従業員数・平均年齢・勤続年数の推移

従業員数の推移

従業員数推移(いすゞ自動車と上場企業平均)

いすゞ自動車 上場企業平均
2019年 8,186人 1,035人
2018年 8,289人 1,071人
2017年 8,111人 1,042人
2016年 7,928人 1,055人
2015年 7,780人 1,055人

いすゞ自動車の従業員数は2019年で8,186人と、1年前と比べて103人の減少となりました。

全上場企業の平均従業員数が1,035人なので、それと比べて多い水準となります。

次にいすゞ自動車と同じ車・輸送用機器業界内で従業員数を比較してみました。業界平均の従業員数が4,374人なので、それと比較しても多い規模の人数というのが分かります。

平均年齢の推移

平均年齢推移(いすゞ自動車と上場企業平均)

いすゞ自動車 上場企業平均
2019年 41.2歳 41歳
2018年 40.9歳 41歳
2017年 40.9歳 40歳
2016年 41.1歳 40歳
2015年 41.1歳 40歳

いすゞ自動車の平均年齢は2019年で41.2歳と、上場企業の平均と比べると年齢が高い水準となっています。

平均年齢を同じ車・輸送用機器業界内で比較してみました。業界平均が41歳のため、業界内で見ても年齢が高い水準となります。

平均勤続年数の推移

平均勤続年数推移(いすゞ自動車と上場企業平均)

いすゞ自動車 上場企業平均
2019年 19.0年 12年
2018年 18.7年 13年
2017年 18.6年 13年
2016年 18.0年 13年
2015年 19.1年 13年

いすゞ自動車の平均勤続年数は2019年で19.0年と、上場企業の平均と比べると長い水準となっています。

平均勤続年数も同じ車・輸送用機器業界内で比較してみます。業界の平均勤続年数が16.2年のため、業界内で見ても長い水準となります。

いすゞ自動車の業績推移

いすゞ自動車が、転職先・就職先として魅力的な会社かどうかを知るために、前期比の売上成長率や一人あたりの経常利益などを見ていきましょう。

※売上・従業員数は、各社の連結ではなく「単体」の数字を元に計算しています。

売上・経常利益と成長率

売上

売上成長率(前期比)

経常利益

売上 経常利益
2019年3月期 1兆1308.3億円 1004.1億円
2018年3月期 1兆813.8億円 717.5億円
2017年3月期 1兆658.9億円 1003.3億円
2016年3月期 1兆763.6億円 1086.2億円
2015年3月期 1兆600.3億円 789.3億円

まず、いすゞ自動車と上場企業平均の「売上」と「成長率」を見ていきます。

2019年3月期の売上は、いすゞ自動車が1兆1308.3億円、上場企業平均が1120.3億円となっています。いすゞ自動車の売上は平均と比べて高い水準となっており、売上の前期比成長率を見ると、いすゞ自動車が4.6%の増加、上場企業平均が15.4%の増加となっているため、上場企業の中では成長率は平均以下な会社と言えます。

従業員一人あたり売上の推移

いすゞ自動車 上場企業平均
2019年3月期 1.4億円 1.1億
2018年3月期 1.3億円 9064万
2017年3月期 1.3億円 9022万
2016年3月期 1.4億円 9416万
2015年3月期 1.4億円 9870万

次に、いすゞ自動車と上場企業平均の「従業員一人あたり売上」を見ていきます。

2019年3月期で見ると、いすゞ自動車は1.4億円、上場企業平均が1.1億円となっています。 そのためいすゞ自動車は上場企業の中では従業員あたりの付加価値が高い優良な企業と言えます。

従業員一人あたり経常利益の推移

いすゞ自動車 上場企業平均
2019年3月期 1227万円 788万
2018年3月期 866万円 731万
2017年3月期 1237万円 741万
2016年3月期 1370万円 672万
2015年3月期 1015万円 689万

「従業員一人あたり経常利益」についても見てみましょう。2019年3月期では、いすゞ自動車は1227万円、上場企業平均が788万円となっています。 そのためいすゞ自動車は上場企業の中では効率的に運営できている会社と言えます。

企業データ

会社名
いすゞ自動車株式会社
設立年月日
1937年4月9日
所在地
東京都品川区南大井6−26−1 大森ベルポートA館
エリア
代表者名
片山 正則
上場市場
東証1部
上場年月日
1949年5月

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中