花王の年収【2022年最新版】(2ページ目)

気になるボーナスは?職種別・役職別の平均年収は?事業内容や就職情報まで徹底調査!


花王の社長や役員の年収

有価証券報告書などで、花王の社長や役員の年収についても調べてみました。

代表取締役社長執行役員の澤田 道隆氏の年収は1億6500万円と公表されています。

なお、取締役の平均年収は6000万円、監査役の平均年収は1300万円です。

さすが大企業ということもあり、社長や役員はとても高収入ですね。

競合他社と花王の年収比較

花王の競合他社としては、ユニ・チャームライオン小林製薬の3社が挙げられます。

それぞれの平均年収は、ユニ・チャーム853万円、ライオン708万円、小林製薬689万円となっています。

花王の平均年収は821万円ですので、ユニ・チャームの平均年収には及ばないものの、ライオン・小林製薬の平均年収よりも高くなっています。

花王の平均年収が高い理由

では、花王の平均年収はなぜ高いのでしょうか?

その理由について考えてみましょう。

その一つとして、良好な経営状況が背景にあると考えられます。

花王の営業利益は2016年185571(百万円)、2017年204791(百万円)、2018年207703(百万円)、2019年211723(百万円)と順調に伸びています。

また経営利益2016年183430(百万円)、2017年204290(百万円)、2018年207251(百万円)、2019年210645(百万円)と、こちらのデータからも業績が好調な様子が伺えます。

このような良好な経営状況によって、社員の平均年収も安定して高収入となっていると考察できます。

花王の事業内容

では、花王はどのような事業展開によってこのような業績を上げているのでしょうか。

事業内容についてもご紹介します。

主な事業

消費財メーカーとして、テレビCMでもおなじみの衣類用洗剤「アタック」・柔軟剤「フレアフレグランス」・食器用洗剤「キュキュット」などのファブリック・ホームケア事業、「ソフィーナ 」「キュレル」などの化粧品事業、「ビオレ」「メリット」などのスキンケア・ヘアケア事業、生理用品「ロリエ」・赤ちゃん用のオムツ「メリーズ」・健康機能飲料「ヘルシア」などのヒューマンヘルスケア事業を展開しています。

どの商品も有名なものばかりで、一度は耳にしたことがあるかもしれません。

どれほど私たちの生活に影響力が大きい企業かということが分かりますね。

その他の事業

その他の事業として、油脂製品や界面活性剤などのケミカル事業も展開しています。

また、サスティナビリティの一環として環境に優しい製品の研究開発も行っているようです。

このような事業から、花王は社会貢献度が高い企業だということが感じられますし、花王のような老舗大企業が環境問題に取り組んでいることは他の企業にとっても良いお手本となるかもしれません。

花王の歴史

私たちの生活に欠かせない生活用品を多く生み出している花王。

どのような歴史を持っているのでしょうか?

その創業は133年前に遡ります。

  • 1887年 創業者・長瀬富郎が商店を設立
  • 1890年 国産石鹸を開発
  • 1934年 家事科学研究所を設立
  • 1954年 消費者相談を開始
  • 1964年 タイと台湾に花王社設立
  • 1965年 シンガポールに花王社設立
  • 1970年 香港に花王社設立
  • 1973年 マレーシアに花王社設立
  • 1985年 インドネシアのインダストリアル社に資本参加
  • 1993年 上海に花王社設立
  • 1996年 ベトナムに花王社設立
  • 2006年 カネボウ化粧品が合併

花王が属する花王グループとは?

花王が中心となっている花王グループですが、他にはどのような企業が属しているのでしょうか。

2006年に合併したカネボウ化粧品の他、ニベア花王、海外には、タイ、台湾、シンガポール、香港、上海をはじめとして、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、メキシコ、ブラジル、その他ヨーロッパの多くの支社が花王グループに属しています。

国際色豊かな企業だということが分かります。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2022年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中