積水化学工業の年収【2021年最新版】

手掛ける製品は高機能材料から医薬品まで!?グローバルに事業を展開する大手メーカー!気になる女性管理職の割合の推移や面接での質問内容まで解説!


積水化学工業の平均年収

積水化学工業の平均年収は、2021年は911.8万円で前期に比べて下降傾向でした。化学業界内では4位の平均年収です。積水化学工業は、建材や建材用の化成品などを製造している樹脂メーカーです。3つのカンパニーに分かれており、それぞれ異なる文化を持っています。いずれも若手の内から裁量の大きな仕事を任せてもらえるので、責任感を持って働くことができます。また、終身雇用制度があるので、安心して働くことができるでしょう。メニューが充実した社員食堂やフリードリンクなど、オフィス環境にも優れています。

積水化学工業の平均年収概要

平均年収: 911.8万円 下降傾向
平均年齢
42.7歳
平均勤続年数
15.4年
従業員数
2,617人

積水化学工業の平均年収推移

平均年収推移(積水化学工業と上場企業平均)

積水化学工業の平均年収推移は、下降傾向です。前期比で見ると15.8万円減少しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は930.9万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

積水化学工業の平均年収推移(2015年〜2019年)

積水化学工業の平均年収 年収
2019年 912万円
2018年 928万円
2017年 933万円
2016年 922万円
2015年 959万円

業界内やエリア内での積水化学工業のランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
167位
3737社
全国の上場企業の平均年収より299.3万円高い

全国の平均年収より479.6万円高い
積水化学工業の平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
911.8万 612.5万 432.2万

積水化学工業の平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると299.3万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると479.6万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中167位と高い順位となります。

化学業界内での比較

業界内順位
4位
213社
化学業界の平均年収より256.3万円高い
積水化学工業の平均年収 化学業界の平均年収
911.8万 655.5万

積水化学工業が属する化学業界の上場企業の平均年収は655.5万円です。 そのため、積水化学工業の年収は業界平均と比べて256.3万円高く、業界内順位を見ると213社中4位と高い順位となります。

大阪府内での比較

エリア内順位
14位
426社
大阪府の平均年収より286.0万円高い
積水化学工業の平均年収 大阪府の平均年収
911.8万 625.8万

積水化学工業の所在地がある大阪府の上場企業の平均年収は625.8万円です。 そのため、積水化学工業の年収はエリア平均と比べて286.0万円高く、エリア内順位を見ると426社中14位と高い順位となります。

積水化学工業ではボーナスはどれくらい貰える?

積水化学工業では年2回ボーナスが支給されます。

平均支給額は約140万円~285万円で、業績にも左右されることなく安定した額が支給されるようです。

自身の頑張りも支給額に反映されるので、真面目に業務に取り組むことで満足のいく額が得られるでしょう。

積水化学工業の職種別の年収

積水化学工業の年収を職種別に見てみましょう。

  • 一般職:約400万円~950万円
  • 技術職:約430万円~930万円
  • 総合職:約700万円~1330万円

福利厚生ではライフイベント関連として新婚生活補助・新婚家賃補助・出産育児補助・海外勤務支援等が支給されます。

補助や手当が非常に手厚いので、年収もその分上昇するでしょう。

積水化学工業では出世するとどれくらいの年収が貰える?

積水化学工業で役職に就いた場合の年収は以下の通りです。

  • 係長クラス:約995万円~1045万円
  • 課長クラス:約1305万円~1380万円
  • 部長クラス:約1520万円~1675万円

全管理職のうち女性社員の割合は、2017年で3.1%、2018年で3.2%、2019年で4.1%と徐々に増加傾向にあります。

出世は年功序列となりますが、長く勤めることで性別関係なく出世することができるでしょう。

積水化学工業の社長や役員の年収

2019年の有価証券報告書を見ると、代表取締役会長の髙下貞二氏の報酬は1億2400万円であることが分かりました。

またその他の役員の報酬については、社内取締役9名に対して総額4憶6100万円で1人あたり5122万円、社内監査役2名に対して総額5900万円で1人あたり2950万円がそれぞれ支給されていました。

髙下貞二氏の報酬と比較するとあまり高い印象は受けませんが、業績も順調であることから、今後役員の報酬も更に上昇していくと考えられるでしょう。

競合他社と積水化学工業の年収比較

積水化学工業の競合会社として、住友化学クラレが挙げられます。

それぞれの年収を確認すると積水化学工業は912万円、住友化学は904万円、クラレは699万円と、現時点では競合会社よりも年収が高いことが分かりました。

現在新規事業も複数手掛けつつあるため、今後更に年収が伸びる可能性があると言えるでしょう。

積水化学工業の平均年収が高い理由

直近3年間の積水化学工業の売り上げ・経常利益の推移をそれぞれ見ると、売り上げは2017年で3474.8億円、2018年で3567.9億円、2019年で3599.9億円でした。

また経常利益は2017年で339.8億円、2018年で431.9億円、2019年で424.0億円となっています。

経常利益が2019年に若干下降していますが、2017年から2019年にかけて売り上げは125.1億円、経常利益は84.2億円も上昇しました。

化学業界の平均年収655.5万円と比較すると約256.3万円も高いことからも、給与の水準が高いことが分かります。

各事業で収益をきちんと確保できているだけでなく、給与水準の高さも影響して社員の年収が高くなっていると考えられます。

積水化学工業の事業内容

主な事業

積水化学工業では住宅事業、環境・ライフライン事業、高機能プラスチックス事業の三つを中心に展開しており、それぞれで以下のサービスを展開しています。

  • 住宅事業:住宅の製造・施工・販売、改装リフォーム、賃貸住宅管理・不動産仲介、サービス付高齢者向け住宅の運営等
  • 環境・ライフライン事業:配管材(給排水管・空調配管・バルブ・高機能管等)、防災製品(インフラ老朽化対策の補修・更生・更新工法用資材、災害用マンホールトイレ等)の製造販売
  • 高機能プラスチックス事業:高機能材料(液晶用微粒子・感光性材料、半導体材料、光学フィルム、工業用テープ等)の製造販売

これらの製品は住宅やビル、病院、工場等、私達の身のまわりのあらゆる場所や物に活用されています。

今後も各事業で新たなサービスや商品を提供することによって、事業をどんどん拡大していくでしょう。

その他の事業

積水化学工業では上記以外にメディカル事業にも携わっており、体外診断用医薬品や各種分析装置等を手掛けています。

主に扱っている製品は以下の通りです。

  • 脂質分析技術
  • ラテックス免疫比濁測定技術
  • 糖鎖測定技術
  • 分析装置
  • 真空採血管 等

その他にも創薬の支援や組換タンパク質等の製造、医薬用アミノ酸の受託製造等も行っています。

今後も様々な技術を駆使して医療に貢献していくでしょう。

積水化学工業の歴史

ここで、積水化学工業のこれまでの歴史を簡単に見てみましょう。

1947 積水産業が発足される

1948 社名を積水化学工業に変更する

1953 大阪証券取引所に上場する

1954 東京証券取引所に上場する

1960 ハウス事業部を分社化し積水ハウス産業を設立する

1979 デミング賞実施賞を受賞する

1985 世界で初となる割れないプラスチック製真空採血管「インセパック」の販売を始める

1995 日本で初となるポリエチレン配水管を開発する

1996 住宅リフォーム事業に進出する

2009 住宅事業で海外に進出する

2017 世界で初となる「ごみをエタノールに変換する」生産技術の開発に成功する

積水化学工業が属する積水化学グループとは?

積水化学グループはセキスイユニディア、積水アクアシステム、清流メンテナンス、積水テクノ成型、積水フーラー等が所属するグループです。

グループ企業では主に「環境・ライフライン」「高機能プラスチックス」「住宅」の三つの分野で事業を展開しており、ユニット住宅セキスイハイムの設計や販売、賃貸入居者の保証受託業務、各種産業プラントの建設、排水処理施設の運転管理、接着剤や化学工業薬品の製造販売等、様々な事業に携わっています。

積水化学工業の採用情報

積水化学工業では、現在新卒採用及びキャリア採用を行っています。

それぞれの募集要項を詳しく見ていきましょう。

新卒採用

新卒採用では、現在ビジネスキャリアコース・エキスパートコースにてそれぞれ以下の職種の募集を行っています。

ビジネスキャリアコース

  • 技術系職種:化学系(有機・高分子・分析・合成・物理・化学工学)、機械系・電気系、生物系、建築・デザイン系、土木系、情報系、その他
  • 事務系職種:住宅、環境・ライフライン、高機能プラスチックス、コーポレート(それぞれの営業・経理・人事・事業企画等)

エキスパートコース

  • 技能職:機械・電気保全、設備設計、製品開発、開発支援
  • 事務職:営業支援、スタッフ、秘書等

ビジネスキャリアコースはカンパニー別採用を、エキスパートコースはカンパニー共通採用をそれぞれ実施します。

併願は不可となっているため注意しましょう。

また選考フローも職種によってそれぞれ若干異なるため、自身の希望する職種ではどのような工程で選考が進んでいくのか必ず確認しておきましょう。

キャリア採用

現時点でキャリア採用ページでは募集が見られませんでしたが、転職サイトでは以下の職種の募集がありました。

  • 医療機器・材料の薬事戦略立案・規制対応
  • 土留め材の製品開発
  • 知財業務
  • コーポレートガバナンス対応
  • トンネル工事向け機能材料の開発・設計 等

どの職種も応募する上で特別な資格等は特に求められませんが、職種に通ずる豊富な経験が必須となります。

自身の能力を示すことのできる資格等がある場合、積極的に取得に励むのも良いでしょう。

また職種ごとに勤務地が異なるため、通勤・転居が可能かどうか考えた上で応募するようにしましょう。

積水化学工業で求められる人材像

積水化学工業が求める人材像として、リクナビには以下の三つが挙げられていました。

  • 厳しい環境をチャンスと捕らえ、前向きにものごとに取り組める人
  • 自ら仕事を生み出せる人
  • 最後までまでやり抜く、諦めない人

また社是の「3S精神」として以下の三つのキーワードが掲げられています。

  • Service:企業活動を通じて社会的価値を創造する
  • Speed:積水を千仭の谿に決するスピードをもって市場を変革する
  • Superiority:際立つ技術と品質で社会からの信頼を獲得する

これらのことから、積水化学工業では専門性・スピード感・積極性・忍耐力を持って何事にも主体的に取り組むことのできる人材を求めていると考えられます。

積水化学工業に就職、転職するためには?

積水化学工業の面接は自身が主体的に話すスタイルであるため、面接官はあまり話さないようです。

どのような質問を投げかけ、どう話を膨らますかが重要となるので、日頃から意識して周囲の人と話すようにすると良いでしょう。

過去の面接での質問内容も併せて見ておきましょう。

  • 学生時代に頑張ったこと
  • 大学での一日について
  • 学生時代に最も興味を持った授業は何か
  • 高校からの人生の変遷について
  • 何でも挑戦させてくれる会社と決められた事をやる会社とではどちらが良いか
  • 将来のキャリアプランについて

また面接中のマナーも非常に重視されるため、基本的なマナーはもちろん、話し方等にも気を付けましょう。

積水化学工業の従業員数・平均年齢・勤続年数の推移

従業員数の推移

従業員数推移(積水化学工業と上場企業平均)

積水化学工業 上場企業平均
2019年 2,617人 1,035人
2018年 2,615人 1,071人
2017年 2,440人 1,042人
2016年 2,404人 1,055人
2015年 2,293人 1,055人

積水化学工業の従業員数は2019年で2,617人と、1年前と比べて2人の増加となりました。

全上場企業の平均従業員数が1,035人なので、それと比べて多い水準となります。

次に積水化学工業と同じ化学業界内で従業員数を比較してみました。業界平均の従業員数が913人なので、それと比較しても多い規模の人数というのが分かります。

平均年齢の推移

平均年齢推移(積水化学工業と上場企業平均)

積水化学工業 上場企業平均
2019年 42.7歳 41歳
2018年 42.6歳 41歳
2017年 42.8歳 40歳
2016年 43.0歳 40歳
2015年 43.1歳 40歳

積水化学工業の平均年齢は2019年で42.7歳と、上場企業の平均と比べると年齢が高い水準となっています。

平均年齢を同じ化学業界内で比較してみました。業界平均が41歳のため、業界内で見ても年齢が高い水準となります。

平均勤続年数の推移

平均勤続年数推移(積水化学工業と上場企業平均)

積水化学工業 上場企業平均
2019年 15.4年 12年
2018年 15.8年 13年
2017年 16.2年 13年
2016年 16.7年 13年
2015年 17.2年 13年

積水化学工業の平均勤続年数は2019年で15.4年と、上場企業の平均と比べると長い水準となっています。

平均勤続年数も同じ化学業界内で比較してみます。業界の平均勤続年数が15.3年のため、業界内で見ても長い水準となります。

積水化学工業の業績推移

積水化学工業が、転職先・就職先として魅力的な会社かどうかを知るために、前期比の売上成長率や一人あたりの経常利益などを見ていきましょう。

※売上・従業員数は、各社の連結ではなく「単体」の数字を元に計算しています。

売上・経常利益と成長率

売上

売上成長率(前期比)

経常利益

売上 経常利益
2019年3月期 3599.9億円 424.0億円
2018年3月期 3567.9億円 431.9億円
2017年3月期 3474.8億円 339.8億円
2016年3月期 3485.1億円 390.6億円
2015年3月期 3613.2億円 376.5億円

まず、積水化学工業と上場企業平均の「売上」と「成長率」を見ていきます。

2019年3月期の売上は、積水化学工業が3599.9億円、上場企業平均が1120.3億円となっています。積水化学工業の売上は平均と比べて高い水準となっており、売上の前期比成長率を見ると、積水化学工業が0.9%の減少、上場企業平均が15.4%の増加となっているため、上場企業の中では成長率は平均以下な会社と言えます。

従業員一人あたり売上の推移

積水化学工業 上場企業平均
2019年3月期 1.4億円 1.1億
2018年3月期 1.4億円 9064万
2017年3月期 1.4億円 9022万
2016年3月期 1.4億円 9416万
2015年3月期 1.6億円 9870万

次に、積水化学工業と上場企業平均の「従業員一人あたり売上」を見ていきます。

2019年3月期で見ると、積水化学工業は1.4億円、上場企業平均が1.1億円となっています。 そのため積水化学工業は上場企業の中では従業員あたりの付加価値が高い優良な企業と言えます。

従業員一人あたり経常利益の推移

積水化学工業 上場企業平均
2019年3月期 1620万円 788万
2018年3月期 1652万円 731万
2017年3月期 1393万円 741万
2016年3月期 1625万円 672万
2015年3月期 1642万円 689万

「従業員一人あたり経常利益」についても見てみましょう。2019年3月期では、積水化学工業は1620万円、上場企業平均が788万円となっています。 そのため積水化学工業は上場企業の中では効率的に運営できている会社と言えます。

企業データ

会社名
積水化学工業株式会社
設立年月日
1947年3月3日
所在地
大阪市北区西天満2−4−4 堂島関電ビル
エリア
大阪 
公式サイト
業界・業種
代表者名
加藤 敬太
上場市場
東証1部
上場年月日
1953年3月

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中