ライオンの年収【2021年最新版】

創業120年以上の大手生活用品メーカー!役員の報酬は1億円以上!?求めている人材とは?


ライオンの平均年収

ライオンの平均年収は、2021年は707.0万円で前期に比べて下降傾向でした。化学業界内では64位の平均年収です。ライオンは洗剤や石鹸などを製造・販売している大手生活用品メーカーです。社員に優しい企業で、法令順守意識が高く、働きやすい環境が整っています。終身雇用を前提としているので、将来的にも安心です。3年ごとの昇格があり、昇格することで大きく給料が上がります。賞与は年3回あり、成果連動型なので、仕事のやりがいを感じられやすいでしょう。

ライオンの平均年収概要

平均年収: 707.0万円 下降傾向
平均年齢
43.4歳
平均勤続年数
17.6年
従業員数
2,850人

ライオンの平均年収推移

平均年収推移(ライオンと上場企業平均)

ライオンの平均年収推移は、下降傾向です。前期比で見ると1.1万円減少しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は716.3万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

ライオンの平均年収推移(2015年〜2019年)

ライオンの平均年収 年収
2019年 707万円
2018年 708万円
2017年 742万円
2016年 718万円
2015年 706万円

業界内やエリア内でのライオンのランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
846位
3737社
全国の上場企業の平均年収より94.5万円高い

全国の平均年収より274.8万円高い
ライオンの平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
707.0万 612.5万 432.2万

ライオンの平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると94.5万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると274.8万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中846位と高い順位となります。

化学業界内での比較

業界内順位
64位
213社
化学業界の平均年収より51.5万円高い
ライオンの平均年収 化学業界の平均年収
707.0万 655.5万

ライオンが属する化学業界の上場企業の平均年収は655.5万円です。 そのため、ライオンの年収は業界平均と比べて51.5万円高く、業界内順位を見ると213社中64位と高い順位となります。

東京都内での比較

エリア内順位
571位
1979社
東京都の平均年収より59.8万円高い
ライオンの平均年収 東京都の平均年収
707.0万 647.2万

ライオンの所在地がある東京都の上場企業の平均年収は647.2万円です。 そのため、ライオンの年収はエリア平均と比べて59.8万円高く、エリア内順位を見ると1979社中571位と高い順位となります。

ライオンではボーナスはどれくらい貰える?

ライオンでは年間約5ヶ月分のボーナスが支給され、平均支給額は約105万円~230万円となっています。

ボーナスは3月・6月・12月の年3回支給されるので、しっかり貯金をすることができるでしょう。

ライオンの職種別の年収

ライオンの年収を職種別に見てみると以下の通りです。

一般職:約500万円~745万円

技術職:約450万円~730万円

総合職:約650万円~1040万円

ライオンでは出世するとどれくらいの年収が貰える?

ライオンで出世した場合の年収を見てみましょう。

係長クラス:約765万円~820万円

課長クラス:約985万円~1150万円

部長クラス:約1195万円~1310万円

課長クラス、部長クラスになると年収1000万円以上を手にすることも可能です。

ライオンで出世する社員の特徴として、自己啓発を積極的に行っていることが挙げられます。

また年功序列制のため、長く勤めるほど出世することができるでしょう。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中