カナデンの年収【2022年最新版】

創業110年以上の老舗専門商社!ボーナスの支給月数が多いって本当?今後の事業の展望は?気になるポイントをまとめて解説!


カナデンの平均年収

カナデンの平均年収は、2022年で774.0万円でした。商社・卸売業界内では47位、全体では494位、東京都内では357位と非常に高い順位です。カナデンは、2017年に創業110周年を迎えた老舗企業です。若手社員のうちから仕事を任せてもらえるので、やりがいもあり成長しやすい環境。研修では階層別に細かくプログラムが組まれているため、昇進する度にスキルアップが狙えます。ほとんどの支店はアクセスが良く、通いやすいので便利です。テーマパークでのイベントや食事会等、福利厚生も整っています。平均勤続年数18.1年と高水準であることにも納得です。

カナデンの平均年収概要

平均年収: 774.0万円 下降傾向
平均年齢
42.2歳
平均勤続年数
18.1年
従業員数
580人

カナデンの平均年収推移

平均年収推移(カナデンと上場企業平均)

カナデンの平均年収推移は、下降傾向です。前期比で見ると55.4万円減少しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は778.6万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

カナデンの平均年収推移(2015年〜2019年)

カナデンの平均年収 年収
2019年 774万円
2018年 829万円
2017年 773万円
2016年 755万円
2015年 762万円

業界内やエリア内でのカナデンのランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
494位
3737社
全国の上場企業の平均年収より161.5万円高い

全国の平均年収より341.8万円高い
カナデンの平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
774.0万 612.5万 432.2万

カナデンの平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると161.5万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると341.8万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中494位と高い順位となります。

商社・卸売業界内での比較

業界内順位
47位
330社
商社・卸売業界の平均年収より148.0万円高い
カナデンの平均年収 商社・卸売業界の平均年収
774.0万 626.0万

カナデンが属する商社・卸売業界の上場企業の平均年収は626.0万円です。 そのため、カナデンの年収は業界平均と比べて148.0万円高く、業界内順位を見ると330社中47位と高い順位となります。

東京都内での比較

エリア内順位
352位
1979社
東京都の平均年収より126.8万円高い
カナデンの平均年収 東京都の平均年収
774.0万 647.2万

カナデンの所在地がある東京都の上場企業の平均年収は647.2万円です。 そのため、カナデンの年収はエリア平均と比べて126.8万円高く、エリア内順位を見ると1979社中352位と高い順位となります。

カナデンではボーナスはどれくらい貰える?

カナデンでは6月と12月の年2回ボーナスが支給されます。

平均支給額は約125万円~235万円です。

業績に左右されやすいようですが、平均するとこれまでにも約6ヶ月~10ヶ月分支給されたとの口コミが多く見られました。

業績によっては特別賞与も支給されるので、ボーナスに関しては満足している社員がほとんどです。

所属している部ごとの業績がボーナスに大きく反映されるようなので、日々の業務に真摯に取り組むようにしましょう。

カナデンの職種別の年収

カナデンの年収を職種別に見てみましょう。

  • 一般職:約330万円~800万円
  • 技術職:約350万円~785万円
  • 総合職:約580万円~1120万円

また、2020年度実績では学歴別の初任給は以下の通りです。

総合職

  • 院卒:226,000円
  • 大卒:217,000円

一般職

  • 院卒:194,000円
  • 大卒:184,000円

上記の額はライフプラン支援金を含んだ額です。

昇給は年に一度4月に行われ、一度につき約5,000円~7,000円程上昇します。

社員の方曰く昇給は勤続年数次第とのことなので、長く勤めることで基本給も少しずつ上昇すると言えます。

カナデンでは出世するとどれくらいの年収が貰える?

カナデンで役職に就いた場合の年収は以下の通りです。

  • 係長クラス:約780万円~880万円
  • 課長クラス:約1030万円~1165万円
  • 部長クラス:約1195万円~1385万円

リクナビによると、2020年度時点での女性管理職比率は1.6%でした。

しかし、産前産後休暇・育児休業等の取得はもちろん育児休業後の復帰率も100%となっており、女性社員も働きやすい環境が整っています。

また、0歳から最長大学卒業までの子に対して手当を支給する「子育て支援」や、大学・短大・専門学校に在籍する子に対しての手当て「教育支援」等の制度も充実。

ライフステージが変化したとしても、サポート体制がきちんとしているので、プライベートを大切にしながらキャリアを築くことができます。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2022年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中