大気社の年収【2022年最新版】(2ページ目)

自動車塗装プラントの売上世界トップクラス!グローバルに活躍する大手設備工事会社!就活前に知っておきたい面接のポイントとは?


大気社の社長や役員の年収

2020年度の有価証券報告書を確認すると、報酬が1億円を超える役員はいないとのことでした。

また、社内取締役10名に対して総額5億5300万円で1人あたり5530万円、社内監査役2名に対して総額4500万円で1人あたり2250万円でした。

このことから、代表取締役社長執行役員の加藤考二氏の報酬は5530万円以上1億円未満であると言えるでしょう。

時代のニーズに応えるため常に新しいサービスを提供し業績も好調であるため、役員の報酬も上昇していくと考えられます。

競合他社と大気社の年収比較

大気社の競合として、三機工業ダイダンが挙げられます。

競合の年収を見てみると、三機工業は808万円、ダイダンは952万円でした。

大気社は927万円なのでダイダンにはやや及ばないものの、三機工業よりも約119万円高いことが分かりました。

海外売上高比率約50%と海外のニーズも高いことから、今後の年収の伸びしろに更に期待できます。

大気社の平均年収が高い理由

大気社の年収の高さの理由として、競争力・収益力を高めるために中長期的な計画を立てていることが理由として考えられます。

現在は省エネ・省コストをはじめIoTやAI等時代のニーズに合わせた新たな技術の開発に尽力。

環境問題等にも対応した新たな事業を確立しつつあるため、収益も得られ社員の年収も高くなっていると推測できます。

大気社の事業内容

主な事業

大気社では空調設備事業を主に手掛けており、一般空調設備・産業空調設備の施工管理を行っています。

ホテルやレジャー施設はもちろんのこと、製造工場、製薬工場、研究施設等にも空調システムを導入しており、これまでに九州国立博物館や東京国際空港、梅田阪急ビル等に導入した実績を持ちます。

国内だけでなく海外でも活用されていて、顧客の満足度も高いです。

その他の事業

大気社は、その他にも塗装プラント事業に携わります。

国内のみならず米国・欧州・韓国・中国・インド等、あらゆる国や地域で自動車・自動車関連部品・家電製品・鉄道車輌等の大型塗装プラントを手掛けます。

自動車塗装プラントの売り上げは今では世界でもトップクラスとなっており、近年では塗装ロボットやコンベヤ等も提供しています。

大気社の歴史

ここで、大気社の歴史を簡単に見ていきましょう。

1913 建材社を創立する

1949 株式会社建材社が設立される

1952 塗装プラント事業が始まる

1973 社名を大気社に変更する

1974 東京証券取引所市場第二部に上場する

1980 東京証券取引所市場第一部に上場する

大気社が属する大気社グループとは?

大気社グループは、サンエス工業、東京大気社サービス、日本ノイズコントロール等が属するグループです。

グループ企業では、主に空調設備や塗装設備の開発、防音・遮音システムの設計等を手掛けています。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2022年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中