日本電設工業の年収【2021年最新版】

鉄道電気工事の実績国内トップを誇る総合電気工事会社!働き方改革にも積極的?選考までに準備しておくべきことも徹底的に分析!


日本電設工業の平均年収

日本電設工業の平均年収は、2021年では708.6万円でした。建設業界内では77位、全体では836位、東京都内では570位です。日本電設工業は、これまでに国立国会図書館東京本館や、国立西洋美術館等の施工に携わりました。教育制度が非常に充実しており、社歴に合わせプログラムが組まれています。情報通信や電機等の技術講座はもちろん、外部の委託教育も完備。やる気次第でどんどんスキルや知識を磨くことができます。2,367人の従業員がおり、女性社員はそのうちの約1割程。育児・介護休暇等も整備されているので女性も働きやすい環境です。

日本電設工業の平均年収概要

平均年収: 708.6万円 上昇傾向
平均年齢
41.6歳
平均勤続年数
13.9年
従業員数
2,367人

日本電設工業の平均年収推移

平均年収推移(日本電設工業と上場企業平均)

日本電設工業の平均年収推移は、上昇傾向です。前期比で見ると2.7万円増加しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は700.6万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

日本電設工業の平均年収推移(2015年〜2019年)

日本電設工業の平均年収 年収
2019年 709万円
2018年 706万円
2017年 698万円
2016年 695万円
2015年 695万円

業界内やエリア内での日本電設工業のランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
836位
3737社
全国の上場企業の平均年収より96.1万円高い

全国の平均年収より276.4万円高い
日本電設工業の平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
708.6万 612.5万 432.2万

日本電設工業の平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると96.1万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると276.4万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中836位と高い順位となります。

建設業界内での比較

業界内順位
77位
167社
建設業界の平均年収より2.0万円高い
日本電設工業の平均年収 建設業界の平均年収
708.6万 706.6万

日本電設工業が属する建設業界の上場企業の平均年収は706.6万円です。 そのため、日本電設工業の年収は業界平均と比べて2.0万円高く、業界内順位を見ると167社中77位と平均的な順位となります。

東京都内での比較

エリア内順位
565位
1979社
東京都の平均年収より61.4万円高い
日本電設工業の平均年収 東京都の平均年収
708.6万 647.2万

日本電設工業の所在地がある東京都の上場企業の平均年収は647.2万円です。 そのため、日本電設工業の年収はエリア平均と比べて61.4万円高く、エリア内順位を見ると1979社中565位と高い順位となります。

日本電設工業ではボーナスはどれくらい貰える?

日本電設工業では6月と12月の年2回、約6ヶ月分のボーナスが支給されます。

平均支給額は約115万円~225万円で、夏と冬では夏の方が多く支給される傾向にあるようです。

基本的に年功序列で支給額も徐々に上がっていくようなので、長く勤めることが年収アップのポイントの一つ。

業務に対する意欲や普段の行動等もボーナスに反映されるため、自己研鑽に努め積極的に行動を起こすことも意識するようにしましょう。

日本電設工業の職種別の年収

日本電設工業の年収を職種別に見てみましょう。

  • 一般職:約300万円~690万円
  • 技術職:約350万円~675万円
  • 総合職:約550万円~965万円

また、2020年度実績では学歴別の初任給は以下の通りでした。

  • 大学院卒:228,690円
  • 大学卒:211,050円
  • 高専卒:195,090円
  • 短大・専門卒:188,610円

自己啓発支援制度もきちんと用意されており、各種資格取得のためのサポート体制も充実。

受験料やテキスト代等の受験費用の補助はもちろんのこと、合格した際には資格の難易度に応じた報奨金も支給されます。

資格取得に向けて勉強することで自身のスキルアップにも繋がり、更なるキャリアアップを目指すことが可能です。

日本電設工業では出世するとどれくらいの年収が貰える?

日本電設工業で役職に就いた場合の年収は以下の通りです。

  • 係長クラス:約715万円~790万円
  • 課長クラス:約945万円~1060万円
  • 部長クラス:約1045万円~1330万円

現時点で日本電設工業の女性社員の割合は少ないようですが、現在は女性の採用数を増やすと共に女性の活躍推進活動にも積極的に取り組んでいます。

女性フォーラム・意識改革研修等の開催や、職場の雰囲気作りにも尽力。

近年では女性社員のみならず男性社員にとっても働きやすい環境を提供するために育児休業の促進等も行っています。

今後制度等がどんどん整備されていくにつれ、性別に関わらず出世を目指すことのできる環境になると期待できます。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年6月24日

SNSシェア用テキスト

表示準備中