ケーヒンの年収【2021年最新版】

世界でもトップシェアを誇る製品を開発!四輪車・二輪車のシステムをグローバルに展開する大手企業!採用面接ではどのようなことが訊かれる?


ケーヒンの平均年収

ケーヒンの平均年収は、2021年で625.8万円で前期に比べて上昇傾向。車・輸送用機器業界内では47位、全体では1537位でした。ケーヒンは自動車や輸送機器用の部品の製造販売、システムの開発を行う企業です。2017年から2019年までの3年間の成長率は107.27%と右肩上がり。現在3,733名もの従業員がおり、平均勤続年数も18.2年と高水準です。RIZAPのトレーナーによる健康セミナーの実施や、減塩を意識した社食の提供等社員の健康にも気を配っています。

ケーヒンの平均年収概要

平均年収: 625.8万円 上昇傾向
平均年齢
42.2歳
平均勤続年数
18.2年
従業員数
3,733人

ケーヒンの平均年収推移

平均年収推移(ケーヒンと上場企業平均)

ケーヒンの平均年収推移は、上昇傾向です。前期比で見ると1.5万円増加しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は621.8万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

ケーヒンの平均年収推移(2015年〜2019年)

ケーヒンの平均年収 年収
2019年 626万円
2018年 624万円
2017年 616万円
2016年 626万円
2015年 616万円

業界内やエリア内でのケーヒンのランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
1537位
3737社
全国の上場企業の平均年収より13.3万円高い

全国の平均年収より193.6万円高い
ケーヒンの平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
625.8万 612.5万 432.2万

ケーヒンの平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると13.3万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると193.6万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中1537位と平均的な順位となります。

車・輸送用機器業界内での比較

業界内順位
47位
94社
車・輸送用機器業界の平均年収より5.1万円低い
ケーヒンの平均年収 車・輸送用機器業界の平均年収
625.8万 630.9万

ケーヒンが属する車・輸送用機器業界の上場企業の平均年収は630.9万円です。 そのため、ケーヒンの年収は業界平均と比べて5.1万円低く、業界内順位を見ると94社中47位と平均的な順位となります。

東京都内での比較

エリア内順位
952位
1979社
東京都の平均年収より21.4万円低い
ケーヒンの平均年収 東京都の平均年収
625.8万 647.2万

ケーヒンの所在地がある東京都の上場企業の平均年収は647.2万円です。 そのため、ケーヒンの年収はエリア平均と比べて21.4万円低く、エリア内順位を見ると1979社中952位と平均的な順位となります。

ケーヒンではボーナスはどれくらい貰える?

ケーヒンでは6月と12月の年2回ボーナスが支給されます。

2019年度実績では5.4ヶ月分支給されており、平均支給額は約95万円~200万円です。

毎年平均して年間5ヶ月分以上支給されているようなので、安定していると言って良いでしょう。

ケーヒンの職種別の年収

ケーヒンの年収を職種別に見てみましょう。

一般職:約460万円~645万円

技術職:約350万円~630万円

総合職:約600万円~900万円

ケーヒンの平均年収は626万円なので、どの職種に就いても平均以上の年収を目指せます。

ケーヒンでは出世するとどれくらいの年収が貰える?

ケーヒンで役職に就いた場合の年収は以下の通りです。

係長クラス:約655万円~710万円

課長クラス:約860万円~935万円

部長クラス:約1030万円~1160万円

新卒入社社員と中途入社社員とで待遇の差はなく、出世のチャンスも平等にあるようです。

出世する上でコミュニケーション能力がキーポイントとなるようなので、普段から社内の人と積極的にコミュニケーションを取るよう心がけましょう。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中