KYBの年収【2022年最新版】

良い業績を維持できる秘訣は?面接を重視する理由とは?気になる出世後の年収を公開!


KYBの平均年収

KYBの平均年収は、2022年で前期に比べて上昇傾向の672.6万円となりました。車・輸送用機器業界内29位の平均年収です。KYBは自動車や鉄道などの部品を製造し、産業を支えている企業です。穏やかな社風で、安心感を持って働けます。昇進に学歴はあまり関係ありません。ワークライフバランスに優れており、土日休み、年末年始やお盆などの長期休暇などの休みをしっかりとれるので、プライベートを充実させることができます。交通費は100%支給となっており、新幹線通勤も可能です。

KYBの平均年収概要

平均年収: 672.6万円 上昇傾向
平均年齢
39.9歳
平均勤続年数
16.0年
従業員数
3,896人

KYBの平均年収推移

平均年収推移(KYBと上場企業平均)

KYBの平均年収推移は、上昇傾向です。前期比で見ると15.2万円増加しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は648.8万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

KYBの平均年収推移(2015年〜2019年)

KYBの平均年収 年収
2019年 673万円
2018年 657万円
2017年 634万円
2016年 629万円
2015年 651万円

業界内やエリア内でのKYBのランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
1089位
3737社
全国の上場企業の平均年収より60.1万円高い

全国の平均年収より240.4万円高い
KYBの平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
672.6万 612.5万 432.2万

KYBの平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると60.1万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると240.4万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中1089位と高い順位となります。

車・輸送用機器業界内での比較

業界内順位
29位
94社
車・輸送用機器業界の平均年収より41.7万円高い
KYBの平均年収 車・輸送用機器業界の平均年収
672.6万 630.9万

KYBが属する車・輸送用機器業界の上場企業の平均年収は630.9万円です。 そのため、KYBの年収は業界平均と比べて41.7万円高く、業界内順位を見ると94社中29位と高い順位となります。

東京都内での比較

エリア内順位
710位
1979社
東京都の平均年収より25.4万円高い
KYBの平均年収 東京都の平均年収
672.6万 647.2万

KYBの所在地がある東京都の上場企業の平均年収は647.2万円です。 そのため、KYBの年収はエリア平均と比べて25.4万円高く、エリア内順位を見ると1979社中710位と高い順位となります。

KYBではボーナスはどれくらい貰える?

KYBでは7月と12月の年2回、ボーナスが支給されています。

平均支給額は約97万円〜240万円、男女間の差は最大で約50万円、ピークは50歳代前半に迎えます。

業績が悪い年度でも支給されているため、従業員は安心して勤務できる上に、モチベーションを下げることはありません。

KYBの職種別の年収

職種別の年収を比較すると、一般職の平均年収は約450万円〜660万円、技術職は約470万円〜750万円、総合職は約600万円〜930万円となっています。

36協定内であれば残業代は全て支払われるため、更に年収を上げることが可能です。

ちなみに学歴別の初任給は、高専卒18万6000円、大学卒20万9500円、修士了22万7000円となっており、一般企業と比較すると少々低めに設定されています。

KYBでは出世するとどれくらいの年収が貰える?

出世後の年収を比較すると、主任の平均年収は約600万円〜650万円、係長は約640万円〜750万円、課長は約870万円〜1000万円、部長は約1000万円〜1250万円となっています。

昇給には役職を上げることが重要視されているため、高年収を得るには管理職に就くことが必須条件です。

昇給試験などのチャンスは逃さずにチャレンジしていきましょう。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2022年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中