日野自動車の年収【2021年最新版】

面接ではココに注意!気になる出世後の報酬は?日野自動車の平均年収は高い?低い?


日野自動車の平均年収

日野自動車の平均年収は、2021年は667.0万円で前期に比べて上昇傾向です。車・輸送用機器業界内では31位の平均年収となっています。日野自動車は、トラックやバスなどの輸送用機器を製造する企業です。トヨタの子会社であるため、安定性があります。福利厚生もしっかりしており、抽選でレジャー施設の格安チケットが購入できたり、保険や健康診断の制度が充実していたりします。朝昼晩利用できる食堂も、従業員に重宝されているようです。

日野自動車の平均年収概要

平均年収: 667.0万円 上昇傾向
平均年齢
37.3歳
平均勤続年数
15.3年
従業員数
12,935人

日野自動車の平均年収推移

平均年収推移(日野自動車と上場企業平均)

日野自動車の平均年収推移は、上昇傾向です。前期比で見ると10.7万円増加しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は655.1万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

日野自動車の平均年収推移(2015年〜2019年)

日野自動車の平均年収 年収
2019年 667万円
2018年 656万円
2017年 653万円
2016年 650万円
2015年 649万円

業界内やエリア内での日野自動車のランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
1142位
3737社
全国の上場企業の平均年収より54.5万円高い

全国の平均年収より234.8万円高い
日野自動車の平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
667.0万 612.5万 432.2万

日野自動車の平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると54.5万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると234.8万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中1142位と高い順位となります。

車・輸送用機器業界内での比較

業界内順位
31位
94社
車・輸送用機器業界の平均年収より36.1万円高い
日野自動車の平均年収 車・輸送用機器業界の平均年収
667.0万 630.9万

日野自動車が属する車・輸送用機器業界の上場企業の平均年収は630.9万円です。 そのため、日野自動車の年収は業界平均と比べて36.1万円高く、業界内順位を見ると94社中31位と高い順位となります。

東京都内での比較

エリア内順位
739位
1979社
東京都の平均年収より19.8万円高い
日野自動車の平均年収 東京都の平均年収
667.0万 647.2万

日野自動車の所在地がある東京都の上場企業の平均年収は647.2万円です。 そのため、日野自動車の年収はエリア平均と比べて19.8万円高く、エリア内順位を見ると1979社中739位と高い順位となります。

日野自動車ではボーナスはどれくらい貰える?

日野自動車では7月と12月の年2回、ボーナスが支給されます。

平均支給額は約90万円〜230万円、男女間の差は最大で約50万円、ピークは50歳代で迎えます。

ここ数年は平均して約6ヶ月分のボーナスが支給されており、他の企業と比較しても高い水準だと言えます。

引き続き高いボーナスが支給され続ければ、平均支給額の増加も予想されます。

日野自動車の職種別の年収

職種別の年収を比較すると、一般職の平均年収は約450万円〜680万円、技術職は約500万円〜660万円、総合職は約600万円〜945万円となっています。

欠勤・遅刻・早退は手当に大きく影響します。

欠勤は1日、遅刻は2回で欠勤1日扱いになるなど、厳しい規則が設けられていますので、当然のことですが仕事は真面目に取り組みましょう。

学歴別の初任給は2019年度の実績によると、修士卒232,000円、学部卒210,000円、高専卒183,000円となっており、他の企業と比較するとやや低めの金額設定と言えるでしょう。

日野自動車では出世するとどれくらいの年収が貰える?

出世後の年収を比較すると、係長の平均年収は約640万円〜740万円、課長は約840万円〜980万円、部長は約1000万円〜1215万円となっています。

課長以上に出世すると、1000万円の高年収も夢ではありません。

しかし、他の同業社と比較すると、平均的に低めの設定であることは否めません。

近年の好業績からすると、今後管理職の平均年収にも変化が起こる可能性は充分に考えられます。

日野自動車の社長や役員の年収

代表取締役会長の市橋 保彦氏の年収は約1億1200万円、代表取締役社長の下 義生氏の年収は約1億1000万円、その他の取締役の平均年収は約6200万円、監査役は約3600万円となっています。

他の大手企業と比較すれば決して高い役員報酬ではありませんが、従業員の平均年収を考えれば役員報酬は高めに設定されているとも言えます。

今後の従業員に対する給与や昇給システムの改定などが行われるよう、期待したいところです。

競合他社と日野自動車の年収比較

日野自動車の競合他社というと、いすゞ自動車三菱自動車などが挙げられます。

最新の有価証券報告書によれば、いすゞ自動車の平均年収は約766.3万円、三菱自動車の平均年収は約742.1万円となっています。

日野自動車の平均年収は約667万円ですので、いすゞ自動車と三菱自動車工業よりも低いという結果になりました。

ただし、近年の業績は好調であるため、今後の躍進に期待が寄せられます。

日野自動車の平均年収が高い理由

日野自動車の年収が高い理由には、ボーナス支給額の高さが大きく影響しています。

業績は順調に増加し続けているため、これに連動して平均年収を引き上げているのです。

日野自動車のボーナスは他の同業者よりも高く、支給月数もここ数年は約6ヶ月分を推移しています。

いかにボーナスが日野自動車の平均年収を引き上げているかが分かると思います。

日野自動車の事業内容

日野自動車は、車・輸送用機器業界に属する日本でも大手の企業です。

主な事業

商用車ブランドとして、トラック・バスの開発・製造・販売を手掛けています。

数々の「世界初」「日本初」にチャレンジし、実績を作ってきた企業で、世界初のハイブリッドバスを量産化したことでも話題となり、2019年には世界初AIを搭載した大型ハイブリッドトラックを発売しました。

トラック以外には、観光バスや路線バスなどの製造をはじめ、産業用のディーゼルエンジンの製造も行っています。

安全性はもちろん、乗車する人々の乗り心地の良さも追求し、客席の多彩なシートバリエーション、段差のないフルフラットフロア、通路灯や読書灯などの設備にもこだわっています。

また、燃費性能にもこだわり、ハイブリッド技術を用いて低燃費と高性能を実現し、更には低回転高トルク型エンジンを搭載することでクリーン化にも貢献。

ランニングコストはもちろん、初期コストの負担減へ繋がるよう取り組んでいます。

その他の事業

その他には、全国24時間緊急対応サービスを展開し、ネットワークで繋がることで、いち早く現場に駆けつけるなどのアフターサービスにも注力しています。

また、新車では購入できないというお客様に対し、日野グループの製品を扱う中古車情報「ネットバザール」を展開。

保健事業では、メンテナンスリース&リース専用保険プランを設けるなど、実際に日野自動車の製品に乗るお客様のことを第一に考えたサービスを幅広く展開しています。

日野自動車の歴史

日野自動車の歴史についてご紹介します。

  • 1942年:日野製造所が独立して日野重工業(株)となる
  • 1946年:型ディーゼルトラック・バス(トレーラー型)およびディーゼルエンジンを製造・発売。日野産業(株)に改称
  • 1948年:日野ヂーゼル販売(株)を設立
  • 1949年:東京証券取引所へ株式上場
  • 1953年:仏・ルノー公団との技術提携による乗用車「ルノー」の製造。我が国初のアンダフロアエンジン・バスを発売
  • 1959年:日野自動車工業(株)と改称
  • 1966年:トヨタ自動車工業並びにトヨタ自動車販売 [現トヨタ自動車(株)]と業務提携
  • 1971年:品質管理のデミング賞を受賞
  • 1977年:我が国初のスケルトンバスを発売
  • 1980年:中型トラックをフルモデルチェンジ、「風のレンジャー」シリーズを発売
  • 1991年:世界初のディーゼル・電気ハイブリッド低公害システム「HIMR(ハイエムアール)」バスを発表
  • 1999年:日野自動車工業(株)並びに日野自動車販売(株)は合併し日野自動車(株)と改称
  • 2005年:排出ガス規制適合車を発表
  • 2009年:日野トラック・バス生産台数、累計300万台を達成
  • 2018年:世界初EDSS搭載の大型観光バス「日野セレガ」を発売。
  • 2019年:世界初、AI搭載の大型ハイブリッドトラックを発売

日野自動車が属するトヨタグループとは?

トヨタグループとは、トヨタ自動車が中心核となるグループ企業のことです。

所属企業には日野自動車をはじめ、 動車メーカーのダイハツ工業、不動産会社の東和不動産、自動車部品メーカーのアイシン精機などがあります。

日野自動車の採用情報

日野自動車では、新卒採用、中途採用、障がい者採用にて募集を行っています。

新卒採用

新卒採用では、研究、開発設計、生産技術・製造技術、アフターサービス、生産管理、品質保証、商品企画などの技術系総合職、国内・海外営業、生産管理、経理・財務、原価管理、調達、法務、総務、人事、事務系総合職にて募集を行っています。

勤務地は、本社のある東京都日野市および羽村市・新宿区、茨城県古河市、群馬県太田市、または海外拠点のいずれかになります。

選考方法は、エントリー→説明会→エントリーシート提出→書類選考→適性検査→面接(複数回)→内定です。

中途採用

中途採用では、IT企画、コーポレート本部、先進技術開発、地域・事業本部にて募集を行っています。

勤務地は、本社のある東京都日野市および羽村市・新宿区、茨城県古河市、群馬県太田市、または海外拠点のいずれかになります。

選考方法は、エントリーシート提出→書類選考→適性検査→面接(複数回)→内定です。

障がい者採用

障がい者採用では、事務・技術スタッフ職、事務アシスタント職、工場技能員の募集を行っています。

勤務地は、東京都日野市、羽村市、群馬、茨城にある工場のいずれかになります。

選考方法は、履歴書・職務経歴書・必要な就労上の配慮が分かる資料を、本社の採用窓口へ郵送→書類選考→面接→内定です。

日野自動車で求められる人材像

日野自動車では、求める人材について以下のように語っています。

  • 既存の枠に縛られず、自由な発想で自ら考え行動できる人
  • 謙虚に社内、そして社外からも学び、新しいことに前向きにチャレンジできる人

新しい自動車の世界を創造するためには、如何なる事にも興味を持ち、常に疑問を抱いて他の解決法や良い方法を模索できる好奇心旺盛さが必要不可欠です。

また、自分の置かれている立場や環境を弁えられ、例え口下手でも相手の心に訴えかけ、心と心で対話できる人は、仲間とより良い製品を生み出す力を秘めています。

枠や概念にとらわれるのではなく、仲間と共に日野自動車の発展に貢献できる人材が必要とされています。

日野自動車に就職、転職するためには?

日野自動車の面接では、オーソドックスな質問ばかりが目立ちます。

「志望動機」「これまでに培ったキャリア」「なぜ日野自動車を選んだのか」など、他の企業の面接でも行われる一般的な質問です。

面接官からは自分の言葉で語るようにとのアドバイスがあるようですので、マニュアル通りの回答ではなく、自身の素直な想いを語ると良いです。

また、一つの質問に対して「何故?」と繰り返し掘り下げてくる傾向があるため、できれば一度で伝わるように、更に掘り返される部分を想定して回答を用意しておくと良いでしょう。

自分が日野自動車に入社後、どのように貢献していけるかを伝えるためにも、今まで培った秘術やスキルを論理的に回答できる準備が必要です。

日野自動車の従業員数・平均年齢・勤続年数の推移

従業員数の推移

従業員数推移(日野自動車と上場企業平均)

日野自動車 上場企業平均
2019年 12,935人 1,035人
2018年 12,705人 1,071人
2017年 12,622人 1,042人
2016年 12,253人 1,055人
2015年 11,844人 1,055人

日野自動車の従業員数は2019年で12,935人と、1年前と比べて230人の増加となりました。

全上場企業の平均従業員数が1,035人なので、それと比べて多い水準となります。

次に日野自動車と同じ車・輸送用機器業界内で従業員数を比較してみました。業界平均の従業員数が4,374人なので、それと比較しても多い規模の人数というのが分かります。

平均年齢の推移

平均年齢推移(日野自動車と上場企業平均)

日野自動車 上場企業平均
2019年 37.3歳 41歳
2018年 37.1歳 41歳
2017年 36.9歳 40歳
2016年 36.8歳 40歳
2015年 36.7歳 40歳

日野自動車の平均年齢は2019年で37.3歳と、上場企業の平均と比べると若い水準となっています。

平均年齢を同じ車・輸送用機器業界内で比較してみました。業界平均が41歳のため、業界内で見ても若い水準となります。

平均勤続年数の推移

平均勤続年数推移(日野自動車と上場企業平均)

日野自動車 上場企業平均
2019年 15.3年 12年
2018年 14.7年 13年
2017年 14.6年 13年
2016年 14.5年 13年
2015年 14.6年 13年

日野自動車の平均勤続年数は2019年で15.3年と、上場企業の平均と比べると長い水準となっています。

平均勤続年数も同じ車・輸送用機器業界内で比較してみます。業界の平均勤続年数が16.2年のため、業界内で見ても短い水準となります。

日野自動車の業績推移

日野自動車が、転職先・就職先として魅力的な会社かどうかを知るために、前期比の売上成長率や一人あたりの経常利益などを見ていきましょう。

※売上・従業員数は、各社の連結ではなく「単体」の数字を元に計算しています。

売上・経常利益と成長率

売上

売上成長率(前期比)

経常利益

売上 経常利益
2019年3月期 1兆4034.7億円 501.3億円
2018年3月期 1兆3305.7億円 425.9億円
2017年3月期 1兆2158.2億円 321.9億円
2016年3月期 1兆2229.5億円 608.1億円
2015年3月期 1兆2212.5億円 758.0億円

まず、日野自動車と上場企業平均の「売上」と「成長率」を見ていきます。

2019年3月期の売上は、日野自動車が1兆4034.7億円、上場企業平均が1120.3億円となっています。日野自動車の売上は平均と比べて高い水準となっており、売上の前期比成長率を見ると、日野自動車が5.5%の増加、上場企業平均が15.4%の増加となっているため、上場企業の中では成長率は平均以下な会社と言えます。

従業員一人あたり売上の推移

日野自動車 上場企業平均
2019年3月期 1.1億円 1.1億
2018年3月期 1.0億円 9064万
2017年3月期 9633万円 9022万
2016年3月期 9981万円 9416万
2015年3月期 1.0億円 9870万

次に、日野自動車と上場企業平均の「従業員一人あたり売上」を見ていきます。

2019年3月期で見ると、日野自動車は1.1億円、上場企業平均が1.1億円となっています。

従業員一人あたり経常利益の推移

日野自動車 上場企業平均
2019年3月期 388万円 788万
2018年3月期 335万円 731万
2017年3月期 255万円 741万
2016年3月期 496万円 672万
2015年3月期 640万円 689万

「従業員一人あたり経常利益」についても見てみましょう。2019年3月期では、日野自動車は388万円、上場企業平均が788万円となっています。

企業データ

会社名
日野自動車株式会社
設立年月日
1942年5月1日
所在地
東京都日野市日野台3−1−1
エリア
東京 
公式サイト
代表者名
下 義生
上場市場
東証1部、名証1部
上場年月日
1949年5月

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中