三菱重工業の年収【2020年最新版】

高収入なのは一体なぜ?昇給するといくら貰える?三菱重工を徹底調査


三菱重工業の平均年収

三菱重工業の平均年収は848.0万円です。日本最大の機会メーカーと呼ばれており、三菱グループ御三家のひとつです。ロケットや航空機などをメイン事業としていますが、ミサイルや潜水艦等の軍需産業もおこなっています。社会的に重要な立ち位置にある企業であり、仕事内容にやりがいを感じている社員が多いです。従業員数は14,534人、平均年齢は40.1歳、平均勤続年数は17.0年。福利厚生は厚く、働きやすい環境です。

三菱重工業の平均年収概要

平均年収: 848.0万円 上昇傾向
平均年齢
40.1歳
平均勤続年数
17.0年
従業員数
14,534人

三菱重工業の平均年収推移

平均年収推移(三菱重工業と上場企業平均)

三菱重工業の平均年収推移は、上昇傾向です。前期比で見ると2.8万円増加しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は833.1万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

三菱重工業の平均年収推移(2015年〜2019年)

三菱重工業の平均年収 年収
2019年 848万円
2018年 845万円
2017年 843万円
2016年 827万円
2015年 802万円

業界内やエリア内での三菱重工業のランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
258位
3737社
全国の上場企業の平均年収より235.5万円高い

全国の平均年収より415.8万円高い
三菱重工業の平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
848.0万 612.5万 432.2万

三菱重工業の平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると235.5万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると415.8万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中258位と高い順位となります。

機械業界内での比較

業界内順位
7位
231社
機械業界の平均年収より216.0万円高い
三菱重工業の平均年収 機械業界の平均年収
848.0万 632.0万

三菱重工業が属する機械業界の上場企業の平均年収は632.0万円です。 そのため、三菱重工業の年収は業界平均と比べて216.0万円高く、業界内順位を見ると231社中7位と高い順位となります。

東京都内での比較

エリア内順位
197位
1979社
東京都の平均年収より200.8万円高い
三菱重工業の平均年収 東京都の平均年収
848.0万 647.2万

三菱重工業の所在地がある東京都の上場企業の平均年収は647.2万円です。 そのため、三菱重工業の年収はエリア平均と比べて200.8万円高く、エリア内順位を見ると1979社中197位と高い順位となります。

三菱重工業ではボーナスはどれくらい貰える?

三菱重工業では、6月と12月の年2回ボーナスを貰うことができます。

2018年度の三菱重工業の有価証券報告書や元従業員の口コミなどでボーナスを予測すると、ボーナスの金額は年2回合わせて84万円~540万円と伺えます。

役職が上がるにつれてボーナスの額も格段に上がるので、夢がありますね。

三菱重工業の職種別の年収

次に、三菱重工業の職種別の年収をご紹介します。

2018年度の三菱重工業の有価証券報告書や元従業員の口コミなどの情報をもとに予測すると、総合職の年収は1000万円~1400万円程、一般職が800万円~1100万円程、技術職が700万円~1000万円程と伺えます。

三菱重工業の公式ホームページによると、2018年4月の初任給の実績として、修士了の月給が237,000円、大学卒の月給が212,500円となります。

昇給は4月の年1回です。年収の参考にしてください。

三菱重工業では出世するとどれくらいの年収が貰える?

では、三菱重工業は出世するとどれくらいの年収が貰えるのでしょうか。

こちらも、2018年度の三菱重工業の有価証券報告書や元従業員の口コミなどの情報をもとに予測すると、主任になると700万円~1100万円程、係長になると800万円~1200万円程、課長になると1000万円~1500万円程、部長になると1100万円~1700万円程と伺えます。

出世すると年収1000万円超えが期待できるのは非常に嬉しいですよね。

三菱重工業の社長や役員の年収

2018年度の三菱重工業の有価証券報告書によると、取締役の大宮英明氏の年収は1憶5400万円、同じく取締役の宮永俊一氏の年収は1憶5400万円、取締役の小口正範氏の年収は1憶1100万円となります。

また、同有価証券報告書によると、監査等委員でない取締役(社外取締役を除く)の平均年収は1憶200万円ほど、監査等委員である取締役(社外取締役を除く)の平均年収は4300万円程と伺えます。

競合他社と三菱重工業の年収比較

845.2万円と高年収を誇る三菱重工業ですが、競合他社の年収はどのくらいなのでしょうか。

三菱重工業の競合他社というと、川崎重工業やIHIなどが有名です。

川崎重工業の平均年収は707万円、2018年度の有価証券報告書によるIHIの従業員の平均年収は約763万円です。

どちらの企業と比較しても、三菱重工業の平均年収が非常に高いことが分かります。

それぞれの年収はこちらからご覧ください。

川崎重工業
IHI

三菱重工業の平均年収が高い理由

なぜ三菱重工業は平均年収が高いのでしょうか。

2018年度の三菱重工業の有価証券報告書を参照すると、2017年度の当期利益が16,588(単位:百万円)であるのに対し、2018年度の当期利益は128,471(単位:百万円)となっています。

このように、利益が大幅にアップしたことで、従業員の報酬も高くなっているのではないでしょうか。

三菱重工業の事業内容

それでは、三菱重工業の主な事業内容を見ていきましょう。

主な事業

三菱重工業では、原動機部門や航空・宇宙部門、機械・鉄構部門、汎用機・特殊車両部門、船舶・海洋部門などに分かれて様々な事業を展開しています。

原動機部門では、ボイラやガスエンジン、水力発電、地熱発電等の製造、販売及びサービスの提供などを行っています。

三菱重工業ではこの原動機部門が2011年度の売上高の33.9%を占めています。

また、航空・宇宙部門では、戦闘機やヘリコプタ、航空機用エンジン、宇宙機器等の製造、据付、販売及びサービスを提供しています。

その他の事業

三菱重工業では他にも、業務用・住宅用・車両用エアコンや輸送用冷凍機、大型冷凍機等の製造、据付、販売及びサービスを提供しています。

三菱重工業の歴史

明治17年からの長い歴史がある三菱重工業の沿革を簡単にご紹介します。

  • 1884年:三菱の創業者である岩崎彌太郎氏が政府より工部省長崎造船局を借り受け、造船事業を本格的に開始する。
  • 1934年:船舶のほか、重機や航空機、鉄道車両を加えて社名を三菱重工業株式会社に変え、新たなスタートを切る。
  • 1964年:西日本重工株式会社と中日本重工株式会社、東日本重工株式会社が合併し、新生三菱重工業株式会社が誕生する。
  • 1970年:自動車部門が独立し、三菱自動車工業株式会社として発足する。
  • 2014年:ドメイン制へ完全移行する。

三菱重工業が属する三菱グループとは?

三菱重工業は、三菱グループに所属しています。三菱グループは三菱重工業だけでなく、三菱地所や三菱自動車、三菱電機、三菱マテリアルなどの有名企業が属しています。

【主な三菱グループの会社】
三菱地所
三菱自動車
三菱電機
三菱マテリアル

三菱重工業の採用情報

三菱重工業では、新卒採用や中途採用(キャリア採用)、障がい者採用、グローバル採用を行っています。

ここでは、新卒採用と中途採用の情報をご紹介します。

新卒採用

三菱重工業では、卒業もしくは大学院修了見込みの国内大生と海外大生を対象に新卒採用を行っています。

また、高等学校や短期大学、専門学校、高等専門学校を卒業見込みの方は、学校推薦制で採用を行っています。

勤務地は、丸の内や品川、横浜にある本社や、横浜、相模原、広島、長崎、名古屋など全国各地にある工場になります。

主な選考フローは以下の通りです。

【事務系】
プレエントリー→正式エントリー(ES提出、Webテストの受験)→書類選考→適性検査受検→面接(複数回)→内々定

【技術系】
プレエントリー→正式エントリー(ES提出、適性検査受検)→マッチング面接(2回)→書類審査→内々定

中途採用

三菱重工業では、生産技術や研究開発などの技術系、事務系の職種を募集しています。

中途採用では即戦力となる経験者が求められます。

ですが、三菱重工業では従業員の成長を目的とした充実した教育プログラムが整えられているので、入社後、自分次第でスキルが身につくのではないでしょうか。

中途採用の主な選考フローは以下の通りです。

  • ウェブサイトからのエントリー→書類選考→面接→内定→入社

三菱重工業で求められる人材像

三菱重工業の公式ホームページによると、三菱重工業で求められる人材像は以下の3つのポイントがあります。

  • Active:責任感に溢れ、情熱を持って最後までやり遂げる人材
  • Balanced:互いの価値観を尊重しあい、バランス感覚に優れた人材
  • Creative:柔軟な発想で自ら考え行動し、新しい価値を生み出す人材

このように、やる気や意欲があるだけでなく、自分で考えて行動でき、最後までやり遂げることのできる人材を三菱重工業は求めています。

三菱重工業に就職、転職するためには?

高収入が期待できる三菱重工ですが、就職、転職するためには何をすれば良いのでしょうか。

三菱重工業では、三菱重工業に入社したい方に向けて、様々なイベントを開催しています。

イベントの内容は、技術系のエンジニアが疑問や質問に直接答える座談会形式のセミナー、女性エンジニアのためのセミナー、事務系の業界・企業研究会、技術系のワークショップなどです。

就職、転職希望者は、こういったイベントに積極的に参加することで、入社への道が近づくでしょう。

三菱重工業の従業員数・平均年齢・勤続年数の推移

従業員数の推移

従業員数推移(三菱重工業と上場企業平均)

三菱重工業 上場企業平均
2019年 14,534人 1,035人
2018年 14,717人 1,071人
2017年 16,824人 1,042人
2016年 19,357人 1,055人
2015年 21,117人 1,055人

三菱重工業の従業員数は2019年で14,534人と、1年前と比べて183人の減少となりました。

全上場企業の平均従業員数が1,035人なので、それと比べて多い水準となります。

次に三菱重工業と同じ機械業界内で従業員数を比較してみました。業界平均の従業員数が1,054人なので、それと比較しても多い規模の人数というのが分かります。

平均年齢の推移

平均年齢推移(三菱重工業と上場企業平均)

三菱重工業 上場企業平均
2019年 40.1歳 41歳
2018年 39.5歳 41歳
2017年 39.2歳 40歳
2016年 39.0歳 40歳
2015年 38.9歳 40歳

三菱重工業の平均年齢は2019年で40.1歳と、上場企業の平均と比べると若い水準となっています。

平均年齢を同じ機械業界内で比較してみました。業界平均が42歳のため、業界内で見ても若い水準となります。

平均勤続年数の推移

平均勤続年数推移(三菱重工業と上場企業平均)

三菱重工業 上場企業平均
2019年 17.0年 12年
2018年 16.4年 13年
2017年 16.2年 13年
2016年 16.1年 13年
2015年 16.3年 13年

三菱重工業の平均勤続年数は2019年で17.0年と、上場企業の平均と比べると長い水準となっています。

平均勤続年数も同じ機械業界内で比較してみます。業界の平均勤続年数が15.1年のため、業界内で見ても長い水準となります。

三菱重工業の業績推移

三菱重工業が、転職先・就職先として魅力的な会社かどうかを知るために、前期比の売上成長率や一人あたりの経常利益などを見ていきましょう。

※売上・従業員数は、各社の連結ではなく「単体」の数字を元に計算しています。

売上・経常利益と成長率

売上

売上成長率(前期比)

経常利益

売上 経常利益
2019年3月期 8865.0億円 545.9億円
2018年3月期 1兆1039.5億円 643.6億円
2017年3月期 1兆1978.0億円 1745.7億円
2016年3月期 1兆4749.9億円 1430.6億円
2015年3月期 1兆5371.6億円 1055.9億円

まず、三菱重工業と上場企業平均の「売上」と「成長率」を見ていきます。

2019年3月期の売上は、三菱重工業が8865.0億円、上場企業平均が1120.3億円となっています。三菱重工業の売上は平均と比べて高い水準となっており、売上の前期比成長率を見ると、三菱重工業が19.7%の減少、上場企業平均が15.4%の増加となっているため、上場企業の中では成長率は平均以下な会社と言えます。

従業員一人あたり売上の推移

三菱重工業 上場企業平均
2019年3月期 6099万円 1.1億
2018年3月期 7501万円 9064万
2017年3月期 7120万円 9022万
2016年3月期 7620万円 9416万
2015年3月期 7279万円 9870万

次に、三菱重工業と上場企業平均の「従業員一人あたり売上」を見ていきます。

2019年3月期で見ると、三菱重工業は6099万円、上場企業平均が1.1億円となっています。

従業員一人あたり経常利益の推移

三菱重工業 上場企業平均
2019年3月期 376万円 788万
2018年3月期 437万円 731万
2017年3月期 1038万円 741万
2016年3月期 739万円 672万
2015年3月期 500万円 689万

「従業員一人あたり経常利益」についても見てみましょう。2019年3月期では、三菱重工業は376万円、上場企業平均が788万円となっています。

企業データ

会社名
三菱重工業株式会社
設立年月日
1950年1月11日
所在地
東京都千代田区丸の内3−2−3 丸の内二重橋ビル
エリア
東京 
公式サイト
業界・業種
機械 
代表者名
泉澤 清次
上場市場
東証1部、名証1部、札幌、福岡
上場年月日
1950年5月

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2020年6月25日

SNSシェア用テキスト

表示準備中