タクマの年収【2021年最新版】

アジアを中心としたグローバル展開にも積極的!?報酬の高さの理由は?競合会社と比較すると?気になるポイントを詳しく解説!


タクマの平均年収

タクマの平均年収は、2021年で856.3万円で前期に比べて上昇傾向にあります。機械業界内では5位、全体では239位、兵庫県内では1位と高順位です。タクマでは幅広い仕事を任せてもらえるので、知識やスキルにも幅が出ます。環境問題の改善に貢献しているという事実が、社員のやりがいに繋がっています。社員アンケートの満足度調査では、ワークライフバランス面で73%の社員が満足していると回答。平均勤続年数15.4年と定着率が良いことにも納得です。

タクマの平均年収概要

平均年収: 856.3万円 上昇傾向
平均年齢
43.3歳
平均勤続年数
15.4年
従業員数
852人

タクマの平均年収推移

平均年収推移(タクマと上場企業平均)

タクマの平均年収推移は、上昇傾向です。前期比で見ると31.2万円増加しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は807.6万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

タクマの平均年収推移(2015年〜2019年)

タクマの平均年収 年収
2019年 856万円
2018年 825万円
2017年 807万円
2016年 792万円
2015年 757万円

業界内やエリア内でのタクマのランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
239位
3737社
全国の上場企業の平均年収より243.8万円高い

全国の平均年収より424.1万円高い
タクマの平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
856.3万 612.5万 432.2万

タクマの平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると243.8万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると424.1万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中239位と高い順位となります。

機械業界内での比較

業界内順位
5位
231社
機械業界の平均年収より224.3万円高い
タクマの平均年収 機械業界の平均年収
856.3万 632.0万

タクマが属する機械業界の上場企業の平均年収は632.0万円です。 そのため、タクマの年収は業界平均と比べて224.3万円高く、業界内順位を見ると231社中5位と高い順位となります。

兵庫県内での比較

エリア内順位
1位
108社
兵庫県の平均年収より267.1万円高い
タクマの平均年収 兵庫県の平均年収
856.3万 589.2万

タクマの所在地がある兵庫県の上場企業の平均年収は589.2万円です。 そのため、タクマの年収はエリア平均と比べて267.1万円高く、エリア内順位を見ると108社中1位と高い順位となります。

タクマではボーナスはどれくらい貰える?

タクマでは7月と12月の年2回ボーナスが支給されます。

平均支給額は約125万円~270万円です。

社員の方の口コミを見る限り年功序列でボーナス額が決まるとのことですが、平均で年間約6ヶ月分のボーナスが出ていることから若手社員の段階からある程度まとまった額を得ることが可能であると推測できます。

業界内で比較してもボーナスが多く支給されていると感じている社員も多いため、ボーナス面では安心して良いでしょう。

タクマの職種別の年収

タクマの年収を職種別に見てみましょう。

  • 一般職:約420万円~755万円
  • 技術職:約450万円~740万円
  • 総合職:約650万円~1050万円

また、2020年実績では学歴別の給与は以下の通りでした。

  • 修士了:234,870円
  • 大学卒:222,880円
  • 高専卒:211,880円

年間休日数は128日で、完全週休二日制であることはもちろん夏季休暇や年末年始休暇等もきちんと用意されています。

自身の希望するサービスを選択し利用することのできるカフェテリアプランも福利厚生の一つとして活用できるので、プライベートも充実させることが可能です。

タクマでは出世するとどれくらいの年収が貰える?

タクマで役職に就いた場合の年収は以下の通りです。

  • 係長クラス:約730万円~945万円
  • 課長クラス:約965万円~1265万円
  • 部長クラス:約1065万円~1585万円

厚生労働省の女性の活躍推進企業データベースを確認すると、現時点でのタクマの女性管理職比率は1.4%で7名の方が管理職として活躍していることが分かりました。

社員の方の口コミを確認すると、現時点では男性社員数と比べて女性社員の数は多いとは言えないようですが、育児・介護休職制度等の基本的な制度も完備されており女性社員も自身のキャリアを大切にして働くことができる環境が整っているとのこと。

一般事務職・作業職から総合職に転換できる職群転換制度等も用意されているので、性別等に関わらず自身の望むキャリアを実現しやすい環境であると言えます。

また、新卒採用ページの「女性座談会」の項目では実際にタクマに勤める女性社員の方がどのような働き方をしているか知ることができます。

それぞれが目指すキャリア等についても触れられているので、しっかり読み込んでおきましょう。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年7月21日

SNSシェア用テキスト

表示準備中