栗田工業の年収【2021年最新版】

年収が高い理由とは?業績が好調な秘密とは?求められる人材像を徹底紹介!


栗田工業の平均年収

栗田工業の平均年収は、2021年で前期に比べて上昇傾向の883.6万円でした。機械業界内では4位の平均年収です。栗田工業は水処理装置や水処理薬品などの開発を行っている企業です。業績が安定しており、過去にリストラがありません。人材育成の制度が整っており、役職に就いてからも研修があります。年功序列の給与制度となっており、40代で年収900万円~1000万円に届く人が多いようです。平均勤続年数は16.9年となっています。

栗田工業の平均年収概要

平均年収: 883.6万円 上昇傾向
平均年齢
42.4歳
平均勤続年数
16.9年
従業員数
1,549人

栗田工業の平均年収推移

平均年収推移(栗田工業と上場企業平均)

栗田工業の平均年収推移は、上昇傾向です。前期比で見ると19.6万円増加しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は872.1万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

栗田工業の平均年収推移(2015年〜2019年)

栗田工業の平均年収 年収
2019年 884万円
2018年 864万円
2017年 886万円
2016年 874万円
2015年 853万円

業界内やエリア内での栗田工業のランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
200位
3737社
全国の上場企業の平均年収より271.1万円高い

全国の平均年収より451.4万円高い
栗田工業の平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
883.6万 612.5万 432.2万

栗田工業の平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると271.1万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると451.4万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中200位と高い順位となります。

機械業界内での比較

業界内順位
4位
231社
機械業界の平均年収より251.6万円高い
栗田工業の平均年収 機械業界の平均年収
883.6万 632.0万

栗田工業が属する機械業界の上場企業の平均年収は632.0万円です。 そのため、栗田工業の年収は業界平均と比べて251.6万円高く、業界内順位を見ると231社中4位と高い順位となります。

東京都内での比較

エリア内順位
153位
1979社
東京都の平均年収より236.4万円高い
栗田工業の平均年収 東京都の平均年収
883.6万 647.2万

栗田工業の所在地がある東京都の上場企業の平均年収は647.2万円です。 そのため、栗田工業の年収はエリア平均と比べて236.4万円高く、エリア内順位を見ると1979社中153位と高い順位となります。

栗田工業ではボーナスはどれくらい貰える?

栗田工業では7月と12月の年2回、ボーナスが支給されます。

平均支給額は約125万円〜285万円、男女間の差は最大で約75万円、ピークは50歳代前半で迎えます。

基本的には年功序列型の企業なため、入社当初は年収が低いと感じますが、30歳代を過ぎると徐々に年収は上がっていきます。

栗田工業の職種別の年収

職種別の年収を比較すると、一般職の平均年収は約500万円〜900万円、技術職は約470万円〜885万円、総合職は約750万円〜1265万円となっています。

残業が多いとの声も聞かれますが、その分残業代はしっかりと支給されるため、住宅手当や家族手当などを含めると家族を養うには充分な年収を得ることができます。

学歴別の初任給は2019年度の実績によると、博士了263,800円、修士了235,000円、学部卒214,000円、高専卒190,000円となっており、他の企業と比較しても平均よりやや高い設定です。

栗田工業では出世するとどれくらいの年収が貰える?

出世後の年収を比較すると、係長の平均年収は約930万円〜995万円、課長は約1195万円〜1310万円、部長は約1340万円〜1630万円となっています。

課長以上の管理職に就くことで年収1000万円超えが実現します。

年功序列型のため、長く勤務することが前提条件としても、昇級試験などには積極的に挑戦すべきと言えるでしょう。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中