日本製鋼所の年収【2021年最新版】

世界でも高いシェアを誇る製品を数々展開する大手企業!就活生必見の選考で特に重視されることとは?気になる点を一気に解説!


日本製鋼所の平均年収

日本製鋼所の平均年収は、2021年で614.9万円で前期に比べて上昇傾向にあります。機械業界内では124位、全体では1632位でした。日本製鋼所は、創業100年以上の歴史ある企業です。売上の6割が海外によるものなので、研修では業務知識に加え語学研修に注力。毎年5名の若手社員を海外留学として派遣等もしています。部署によって異なりますが、電話のほとんどが海外から、月2回以上の海外出張が発生する等様々です。若手社員も大きな案件を任せてもらえるので、飛躍的成長が望めます。平均年齢39.4歳、平均勤続年数15.6年と定着率も良いです。

日本製鋼所の平均年収概要

平均年収: 614.9万円 上昇傾向
平均年齢
39.4歳
平均勤続年数
15.6年
従業員数
2,222人

日本製鋼所の平均年収推移

平均年収推移(日本製鋼所と上場企業平均)

日本製鋼所の平均年収推移は、上昇傾向です。前期比で見ると40.8万円増加しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は584.7万円なので、上場企業と比べると低い水準になります。

日本製鋼所の平均年収推移(2015年〜2019年)

日本製鋼所の平均年収 年収
2019年 615万円
2018年 574万円
2017年 570万円
2016年 582万円
2015年 583万円

業界内やエリア内での日本製鋼所のランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
1632位
3737社
全国の上場企業の平均年収より2.4万円高い

全国の平均年収より182.7万円高い
日本製鋼所の平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
614.9万 612.5万 432.2万

日本製鋼所の平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると2.4万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると182.7万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中1632位と平均的な順位となります。

機械業界内での比較

業界内順位
124位
231社
機械業界の平均年収より17.1万円低い
日本製鋼所の平均年収 機械業界の平均年収
614.9万 632.0万

日本製鋼所が属する機械業界の上場企業の平均年収は632.0万円です。 そのため、日本製鋼所の年収は業界平均と比べて17.1万円低く、業界内順位を見ると231社中124位と平均的な順位となります。

東京都内での比較

エリア内順位
1001位
1979社
東京都の平均年収より32.3万円低い
日本製鋼所の平均年収 東京都の平均年収
614.9万 647.2万

日本製鋼所の所在地がある東京都の上場企業の平均年収は647.2万円です。 そのため、日本製鋼所の年収はエリア平均と比べて32.3万円低く、エリア内順位を見ると1979社中1001位と平均的な順位となります。

日本製鋼所ではボーナスはどれくらい貰える?

日本製鋼所では7月と12月の年2回、約4ヶ月~5.5ヶ月分のボーナスが支給されます。

平均支給額は約95万円~200万円です。

支給額は前年度の実績にやや左右されるようですが、過去には多い年で約6ヶ月分支給されたようなので、社員のモチベーションにも繋がっています。

日本製鋼所の職種別の年収

日本製鋼所の年収を職種別に見てみましょう。

  • 一般職:約300万円~615万円
  • 技術職:約350万円~600万円
  • 総合職:約470万円~860万円

昇給は年に一度4月に行われ、一度につき約5,000円程上がるため、長く勤めることで年収も大幅に上昇すると期待できます。

日本製鋼所では出世するとどれくらいの年収が貰える?

日本製鋼所で役職に就いた場合の年収は以下の通りです。

  • 係長クラス:約605万円~700万円
  • 課長クラス:約785万円~940万円
  • 部長クラス:約885万円~1175万円

出世も年功序列になるため、業務に真摯に取り組み勤続年数を重ねることで出世のチャンスを得られるかもしれません。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年4月19日

SNSシェア用テキスト

表示準備中