ニチアスの年収【2021年最新版】

保温・断熱工事の先駆者!あらゆる産業を支える創業120年以上の老舗企業!気になる面接対策についても解説!


ニチアスの平均年収

ニチアスの平均年収は、2021年は688.8万円で前期に比べて下降傾向でした。ガラス・土石製品業界内では15位の平均年収です。ニチアスは断熱材やシール材などを製造・販売しているメーカーです。事業部制なので事業部ごとに文化が異なりますが、コンプライアンス意識が高いところは共通しています。現場の声が近い仕事なので、モチベーションを保ちやすいです。残業は少なめで、有給がとりやすいため、ワークライフバランスも優れています。景気変動の影響を受けにくいので、安定性を求める人にもぴったりの職場です。

ニチアスの平均年収概要

平均年収: 688.8万円 下降傾向
平均年齢
41.2歳
平均勤続年数
15.0年
従業員数
1,684人

ニチアスの平均年収推移

平均年収推移(ニチアスと上場企業平均)

ニチアスの平均年収推移は、下降傾向です。前期比で見ると3.2万円減少しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は681.2万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

ニチアスの平均年収推移(2015年〜2019年)

ニチアスの平均年収 年収
2019年 689万円
2018年 692万円
2017年 695万円
2016年 670万円
2015年 661万円

業界内やエリア内でのニチアスのランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
982位
3737社
全国の上場企業の平均年収より76.3万円高い

全国の平均年収より256.6万円高い
ニチアスの平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
688.8万 612.5万 432.2万

ニチアスの平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると76.3万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると256.6万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中982位と高い順位となります。

ガラス・土石製品業界内での比較

業界内順位
15位
58社
ガラス・土石製品業界の平均年収より81.9万円高い
ニチアスの平均年収 ガラス・土石製品業界の平均年収
688.8万 606.9万

ニチアスが属するガラス・土石製品業界の上場企業の平均年収は606.9万円です。 そのため、ニチアスの年収は業界平均と比べて81.9万円高く、業界内順位を見ると58社中15位と高い順位となります。

東京都内での比較

エリア内順位
651位
1979社
東京都の平均年収より41.6万円高い
ニチアスの平均年収 東京都の平均年収
688.8万 647.2万

ニチアスの所在地がある東京都の上場企業の平均年収は647.2万円です。 そのため、ニチアスの年収はエリア平均と比べて41.6万円高く、エリア内順位を見ると1979社中651位と高い順位となります。

ニチアスではボーナスはどれくらい貰える?

ニチアスでは7月と12月の年2回、約4ヶ月~6.8ヶ月分のボーナスが支給され、平均支給額は約100万円~220万円となっています。

景気にもあまり左右されないために支給額が安定している他、業績が良い場合は臨時ボーナスも出ます。

ニチアスの職種別の年収

ニチアスの年収を職種別に見てみましょう。

一般職:約340万円~710万円

技術職:約360万円~695万円

総合職:約550万円~990万円

また、修士了と四大卒の給与はそれぞれ以下の通りです。

  • 修士了:245,900円
  • 四大卒:230,500円

住宅手当や通勤交通費等の他に家族手当や子ども手当も支給されるので、ライフステージの変化にも充分対応できると言えます。

ニチアスでは出世するとどれくらいの年収が貰える?

ニチアスで出世した場合の年収も見ていきましょう。

係長クラス:約740万円~780万円

課長クラス:約970万円~1030万円

部長クラス:約1135万円~1255万円

出世は基本的に年功序列となるので、長く勤めることで出世のチャンスを掴めるでしょう。

また成績を上げている社員が出世する傾向にあるため、常に成績のことを念頭に置き業務に臨むことも大切です。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中