アステラス製薬の年収【2022年最新版】(2ページ目)

年収が高すぎて困る!?羨ましいほどの事情とは?面接は「明日を照らす」がキーワード!


アステラス製薬の社長や役員の年収

代表取締役会長の畑中 好彦氏の年収は約2億6800万円、代表取締役社長の安川 健司氏の年収は約2億9000万円、その他の取締役の平均年収は約2億7900万円、監査役は約4500万円となっています。

会長・社長をはじめ取締役の年収は2億円超えと、非常に高額であることが分かります。

医薬品業界に置いて、いかに高い業績を上げているか、従業員にしっかり還元されているかが読み取れるでしょう。

競合他社とアステラス製薬の年収比較

アステラス製薬の競合他社というと、武田薬品大塚ホールディングスなどが挙げられます。

最新の有価証券報告書によれば、武田薬品の平均年収は約1094万円、大塚ホールディングスの平均年収は約1032万円となっています。

アステラス製薬の平均年収は約1071.7万円ですので、武田製薬に次ぐ高年収であることが分かります。

武田製薬は国内売上高トップの企業なので、この少しの平均年収差を埋めるのは簡単ではありませんが、今後の2社の争いから目が離せません。

アステラス製薬の平均年収が高い理由

平均年収が高い理由には、製薬会社全体の平均年収が高いということも関係しています。

製薬会社の国内トップは武田製薬ですが、アステラス製薬2位の業績を誇っており、2018年度の営業利益約2439億円は、武田薬品工業の営業利益約2049億円よりも高い成績を収めています。

更に、利益率は18.6%と業界の中でもトップの数字を叩き出しています。

この利益率は従業員にしっかりと還元される仕組みになっており、30歳代で早くも年収が1000万円に到達する人もいるほどです。

アステラス製薬の事業内容

アステラス製薬は、医薬品業界に属する日本の大手企業です。

主な事業

アステラス製薬の主な事業は、医薬品の製造・販売および輸出入です。

要ともなる主力製品には、アンドロゲン受容体シグナル伝達阻害作用を有した前立腺がん治療剤「イクスタンジ」、成人の再発又は難治性のFLT3遺伝子変異陽性AML治療剤「ゾスパタ」、β3アドレナリン受容体作動性のOAB治療剤「ベタニス」「ミラベトリック」「ベットミガ」、臓器移植における拒絶反応の抑制などに使われる免疫抑制剤「プログラフ」「アドバグラフ」「グラセプター」「アスタグラフ」などが挙げられます。

健康であればお目にかかることはありませんが、近年男性の発症率が高くなっていると言われている前立腺がんの治療剤や、臓器移植の拒絶反応を抑える薬剤など、人々の命を守る大切な薬ばかりです。

アステラス製薬が様々な薬を開発することで、日本国内だけでなく世界中の人々の平均寿命を伸ばす役目も担っているのです。

その他の事業

アルツハイマー病や糖尿病合併症、特定のガンなど、まだまだ世界では治療満足度の低い疾患や病気が存在しています。

また、医療品の貢献度も低く、一刻も早い薬の開発が望まれています。

そのため、アステラス製薬では日々新薬の研究と開発に勤しんでいます。

アステラス製薬の歴史

アステラス製薬の歴史についてご紹介します。

アステラス製薬が属するアステラス製薬グループとは?

アステラス製薬とは、アステラス製薬が中心核となるグループ企業のことです。

不動産事業のロータスエステート、人事総務設備部門を担うアステラスビジネスサービスなどの国内企業だけでなく、米州・欧州・アジアにいくつもの拠点を構えています。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2022年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中