アステラス製薬の年収【2022年最新版】(3ページ目)

年収が高すぎて困る!?羨ましいほどの事情とは?面接は「明日を照らす」がキーワード!


アステラス製薬の採用情報

アステラス製薬では、新卒採用、キャリア採用(中途採用)にて募集を行っています。

新卒採用

新卒採用では、臨床開発を行うM&D職、製薬技術研究職、エンジニアリング職、医薬品情報を提供・収集・伝達するMR職、医療の質の向上と患者利益の最大化に寄与する活動を行うMSL職にて募集を行っています。

勤務地は、本社のある東京都中央区および全国各営業所、茨城・静岡の研究所のいずれかになります。

選考方法は、エントリーシート提出→書類選考→面接(複数回)→内定です。

中途採用(キャリア採用)

中途採用では、事業開発、人事、薬事監査、製品戦略、広報、秘書、エンジニアなど様々な職種にて募集を行っています。

勤務地は、本社のある東京都中央区および全国各営業所、茨城・静岡の研究所、もしくは海外拠点のいずれかになります。

求人検索では海外での募集情報も掲載されていますので、海外勤務を希望する方は積極的に応募してみましょう。

選考方法は基本的に、エントリーシート提出→書類選考→面接(複数回)→内定ですが、海外では異なる場合があります。

アステラス製薬で求められる人材像

アステラス製薬では、期待する人材像として以下のように語っています。

  • 変化を先取りし挑戦する人材
  • 多様性を尊重する人材
  • 他者へ貢献する人材
  • 誠実に行動する人材

企業理念「先端・信頼の医薬で、世界の人々の健康に貢献する」からも分かるように、世界中では未だに治療満足度の低い疾患が数多く存在し、新薬の開発を強く望む患者さんやご家族も多くいらっしゃいます。

そんな方々の明日を変えていくためにも、「挑戦」「成長」「貢献」を共に実現してくれる人材を求めています。

アステラス製薬に就職、転職するためには?

面接では、アステラス製薬の社名の語源「明日を照らす」にちなみ、「明日を変えた経験」や「今までの経験」「一番頑張ったこと」などを質問されます。

アステラス製薬には人物重視のため、経歴の高さや経験の豊富さを問うというよりは、いかにこれまでの経験で多くを得たかなどを伝える言語力や表現力が問われています。

また、製薬会社ならではの「なぜ新薬に携わりたいのか」「領域特化型よりも広域を選んだ理由は何か」などの質問もされます。

ジェネリック医薬品が浸透してきている中で、なぜアステラス製薬を志望するのかを明確に答えられるよう、またアステラス製薬を充分に理解するためにも、他企業研究はしっかり行いましょう。

アステラス製薬の従業員数・平均年齢・勤続年数の推移

従業員数の推移

従業員数推移(アステラス製薬と上場企業平均)

アステラス製薬 上場企業平均
2019年 5,034人 1,035人
2018年 5,123人 1,071人
2017年 5,186人 1,042人
2016年 5,217人 1,055人
2015年 5,408人 1,055人

アステラス製薬の従業員数は2019年で5,034人と、1年前と比べて89人の減少となりました。

全上場企業の平均従業員数が1,035人なので、それと比べて多い水準となります。

次にアステラス製薬と同じ医薬品業界内で従業員数を比較してみました。業界平均の従業員数が1,006人なので、それと比較しても多い規模の人数というのが分かります。

平均年齢の推移

平均年齢推移(アステラス製薬と上場企業平均)

アステラス製薬 上場企業平均
2019年 43.5歳 41歳
2018年 43.2歳 41歳
2017年 42.6歳 40歳
2016年 42.3歳 40歳
2015年 41.8歳 40歳

アステラス製薬の平均年齢は2019年で43.5歳と、上場企業の平均と比べると年齢が高い水準となっています。

平均年齢を同じ医薬品業界内で比較してみました。業界平均が43歳のため、業界内で見ても年齢が高い水準となります。

平均勤続年数の推移

平均勤続年数推移(アステラス製薬と上場企業平均)

アステラス製薬 上場企業平均
2019年 17.9年 12年
2018年 17.8年 13年
2017年 17.3年 13年
2016年 17.0年 13年
2015年 16.6年 13年

アステラス製薬の平均勤続年数は2019年で17.9年と、上場企業の平均と比べると長い水準となっています。

平均勤続年数も同じ医薬品業界内で比較してみます。業界の平均勤続年数が11.1年のため、業界内で見ても長い水準となります。

アステラス製薬の業績推移

アステラス製薬が、転職先・就職先として魅力的な会社かどうかを知るために、前期比の売上成長率や一人あたりの経常利益などを見ていきましょう。

※売上・従業員数は、各社の連結ではなく「単体」の数字を元に計算しています。

売上・経常利益と成長率

売上

売上成長率(前期比)

経常利益

売上 経常利益
2019年3月期 6073.2億円 2097.2億円
2018年3月期 6136.6億円 2856.9億円
2017年3月期 6299.2億円 1341.7億円
2016年3月期 6494.2億円 86.6億円
2015年3月期 6344.9億円 448.6億円

まず、アステラス製薬と上場企業平均の「売上」と「成長率」を見ていきます。

2019年3月期の売上は、アステラス製薬が6073.2億円、上場企業平均が1120.3億円となっています。アステラス製薬の売上は平均と比べて高い水準となっており、売上の前期比成長率を見ると、アステラス製薬が1.0%の減少、上場企業平均が15.4%の増加となっているため、上場企業の中では成長率は平均以下な会社と言えます。

従業員一人あたり売上の推移

アステラス製薬 上場企業平均
2019年3月期 1.2億円 1.1億
2018年3月期 1.2億円 9064万
2017年3月期 1.2億円 9022万
2016年3月期 1.2億円 9416万
2015年3月期 1.2億円 9870万

次に、アステラス製薬と上場企業平均の「従業員一人あたり売上」を見ていきます。

2019年3月期で見ると、アステラス製薬は1.2億円、上場企業平均が1.1億円となっています。 そのためアステラス製薬は上場企業の中では従業員あたりの付加価値が高い優良な企業と言えます。

従業員一人あたり経常利益の推移

アステラス製薬 上場企業平均
2019年3月期 4166万円 788万
2018年3月期 5577万円 731万
2017年3月期 2587万円 741万
2016年3月期 166万円 672万
2015年3月期 830万円 689万

「従業員一人あたり経常利益」についても見てみましょう。2019年3月期では、アステラス製薬は4166万円、上場企業平均が788万円となっています。 そのためアステラス製薬は上場企業の中では効率的に運営できている会社と言えます。

企業データ

会社名
アステラス製薬株式会社
設立年月日
1939年3月20日
所在地
東京都中央区日本橋本町2−5−1
エリア
東京 
業界・業種
代表者名
安川 健司
上場市場
東証1部
上場年月日
1949年5月

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2022年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中