トクヤマの年収【2022年最新版】(2ページ目)

国外でも高いシェアを誇る製品を多数展開する化学工業メーカー!気になる報酬の高さの秘密とは?今後の事業の展望は?就活前に知っておくべきポイントを解説!


トクヤマの社長や役員の年収

2020年の有価証券報告書を確認しましたが、報酬が1億円を超える役員は存在しないとのことでした。

またその他の役員の報酬については、社内取締役5名に対して総額1億7200万円で1人あたり3440万円、社内監査役1名に対して2700万円がそれぞれ支給されていました。

このことから、代表取締役 社長執行役員の横田浩氏の報酬は3440万円以上1億円未満であると考えられます。

現在は電子・健康・環境の三つを成長事業として活動を推進しており、各市場で新ビジネスを展開しつつあります。

顧客のニーズに対応しながらも競合との差別化を図れる技術・製品の開発に注力していくと推測できるので、今後の役員の報酬にも期待できます。

競合他社とトクヤマの年収比較

トクヤマの競合会社として、東ソー大阪ソーダ等が挙げられます。

それぞれの年収を見てみると、トクヤマは714万円、東ソーは794万円、大阪ソーダは671万円と、現時点では東ソーには約80万円程及びませんでした。

しかし現在は、近年問題になっている地球温暖化に対応するべく、セメント部門においてCO2の回収・固定化のための基礎検討を開始。

廃棄物の有効活用にも目を向けあらゆる技術開発に取り組んでいるので、将来的にニーズがどんどん高まってくると考えられます。

今後のこれらの事業状況によっては収益基盤も更に強化されると期待できるので、徐々に競合会社との差を縮めいずれ競合を超えるかもしれません。

トクヤマの平均年収が高い理由

2017年から2019年にかけてのトクヤマの売り上げ及び経常利益の推移を確認すると、売り上げは2017年で1730.6億円、2018年で1885.0億円、2019年で 1952.3億円でした。

また経常利益は2017年で297.5億円、2018年で296.3億円、2019年で250.1億円となっています。

経常利益はやや下降傾向にありますが、売り上げは直近3年間で約221.7億円上昇していました。

近年では新型コロナウイルス感染拡大の影響に伴いリモートワークが増加したり5Gが導入されつつあるため、半導体向け多結晶シリコン等の売り上げ数が増加。

その分利益も上昇し社員にも還元することができたため、平均年収が高くなっていると考えられます。

今後も新しい働き方が更に定着していくと共に業績も伸びていくと予想できるので、年収の伸びしろにまだまだ期待できます。

トクヤマが属する三和グループとは?

三和グループは、トクヤマの他にもエクセディ、江崎グリコ、関西ペイント、神戸製鋼所等あらゆる企業が所属するグループです。

グループ企業では、マニュアルクラッチ・トルクコンバータや塗料の製造販売、鉄鋼事業等あらゆる事業やサービスを展開しています。

トクヤマの採用情報

ここでは、トクヤマの新卒採用情報・キャリア採用情報についてご紹介します。

募集職種や選考について詳しく見ていきましょう。

新卒採用

新卒採用では例年、総合職の募集を行っており、入社後は以下の職種へ配属される予定です。

事務系

営業、営業企画、経営企画、人事、経理、財務、購買、法務、広報、総務等

技術系

  • 化学・材料・物理系:各事業部門の研究・技術開発、コーポレート研究開発
  • 化学工学系:各事業部門の生産プロセス、生産技術の研究開発
  • 電気・機械・土木系:エンジニアリング、施設建築・管理

事務系では全学部・学科の方が募集対象となりますが、技術系では化学・材料・物理・化学工学・機械・電気・土木・建築等の学部・学科に所属する方が対象とされています。

入社後はあらゆる職種や業務に広く携わることができるので、様々な業務を通して自身のスキル・能力を磨くことが可能。

現時点で化学に関する知識を充分持っていなかったとしても、教育体制もきちんと整えられているので文系出身の方も大丈夫とのことです。

事務系・技術系共に入社後も勉強し続ける姿勢を持つことが求められますが、興味のある方は積極的に応募するようにしましょう。

選考フローは、事務系・技術系それぞれで以下の通りです。

  • 事務系:エントリー→会社説明会・エントリーシートの提出→適性検査→先輩社員との面談(複数回)→面接(複数回)
  • 技術系:エントリー→会社説明会・エントリーシートの提出→適性検査→面接(複数回)

技術系のみ推薦応募も用意されており、推薦応募で応募した場合は会社説明会の参加及びエントリーシートの提出は省略され、適性検査・面接(複数回)によって選考が進みます。

推薦応募についての詳しい情報は新卒採用ページには特に記載されていなかったので、希望する方は事前に採用担当や学校側に確認しても良いでしょう。

また選考過程で行われる適性検査はSPIテストとして言語・非言語問題がそれぞれ約15問出題され、約30分~35分間実施されたとの体験談が見られました。

市販のSPIテストの本を何度も解いておけば大丈夫であるとのことなので、早い内から試験の対策をしておくと安心です。

キャリア採用

キャリア採用では現在、公式ホームページにて研究開発職(つくば研究所または徳山製造所)の募集が行われています。

応募条件として大卒以上の学歴が提示されている他、つくば研究所・徳山製造所それぞれで以下の知識・経験も必要であるとのことです。

つくば研究所

  • 高分子専門、重合技術、簡単な有機合成
  • 合成プロセス開発経験
  • 高分子の専門知識
  • 有機合成の専門知識

徳山製造所

  • 無機化学もしくは有機化学の知識

勤務地は茨城県つくば市または山口県周南市となりますが、将来的には転勤の可能性も充分あるので、応募する際には全国各地での勤務が可能かどうかきちんと検討しておく必要があると言えます。

応募したい旨を人事部の担当者に電話またはメールで連絡することで応募できるので、希望する方は早めに応募するようにしましょう。

また、転職サイトでは以下の職種の求人情報も見られました。

  • 化学製品の製造オペレーター
  • プラント設計
  • 機械系プラントエンジニア 等

現在は技術系の職種の募集が中心となりますが、今後必要に応じて事務系の職種の募集も行われると考えられるので、こまめに転職サイトでも求人情報を確認するようにしましょう。

トクヤマで求められる人材像

人事部門長のメッセージの中には、「新しいことや変化を楽しめる人」「何事にも前向きでチャレンジ精神を持つ方」を求めるとありました。

またトクヤマの価値観として以下の四つが挙げられています。

  • 顧客満足が利益の源泉
  • 目線はより広くより高く
  • 前任を超える人材たれ
  • 誠実、根気、遊び心。そして勇気

これらのことからトクヤマでは、向上心・忍耐力・創造力等を持ち合わせているかを重視していると考えられます。

楽しみを見出しながら新たな分野に挑戦することができるかどうかもポイントになる可能性があると推測できるので、「将来どのような人になっていたいか、そのためにどんなことに挑戦し成長したいか」等について話をし、自身のやる気をアピールできると良いかもしれません。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2022年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中