第一実業の年収【2021年最新版】

海外売上高比率約50%!ボーナスの支給月数が多い?出世後の報酬は1000万円超え?就活前に知っておくべきことも大公開!


第一実業の平均年収

第一実業の平均年収は2021年で886.6万円でした。商社・卸売業界内順位は20位、全体での順位は198位です。中途採用を活発に行っており、新しい分野からの知識を取り入れ、自社の発展へ役立てようとしています。仕事に真摯に向き合う従業員が多く、お互いの姿を見て刺激を受けられ、自身のスキルアップに繋がります。従業員数485人、勤続年数12.7年となっています。給与面では、年功序列が影響するため、長期間務めることで給与もアップしていくシステムです。

第一実業の平均年収概要

平均年収: 886.6万円 上昇傾向
平均年齢
39.7歳
平均勤続年数
12.7年
従業員数
485人

第一実業の平均年収推移

平均年収推移(第一実業と上場企業平均)

第一実業の平均年収推移は、上昇傾向です。前期比で見ると51.1万円増加しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は779.3万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

第一実業の平均年収推移(2015年〜2019年)

第一実業の平均年収 年収
2019年 887万円
2018年 836万円
2017年 788万円
2016年 704万円
2015年 683万円

業界内やエリア内での第一実業のランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
198位
3737社
全国の上場企業の平均年収より274.1万円高い

全国の平均年収より454.4万円高い
第一実業の平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
886.6万 612.5万 432.2万

第一実業の平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると274.1万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると454.4万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中198位と高い順位となります。

商社・卸売業界内での比較

業界内順位
20位
330社
商社・卸売業界の平均年収より260.6万円高い
第一実業の平均年収 商社・卸売業界の平均年収
886.6万 626.0万

第一実業が属する商社・卸売業界の上場企業の平均年収は626.0万円です。 そのため、第一実業の年収は業界平均と比べて260.6万円高く、業界内順位を見ると330社中20位と高い順位となります。

東京都内での比較

エリア内順位
151位
1979社
東京都の平均年収より239.4万円高い
第一実業の平均年収 東京都の平均年収
886.6万 647.2万

第一実業の所在地がある東京都の上場企業の平均年収は647.2万円です。 そのため、第一実業の年収はエリア平均と比べて239.4万円高く、エリア内順位を見ると1979社中151位と高い順位となります。

第一実業ではボーナスはどれくらい貰える?

第一実業では6月と12月の年2回ボーナスが支給されます。

2019年度実績では約8ヶ月分が支給されており、平均支給額は約125万円~255万円となっています。

期末賞与が支給される年もあるため、社員の満足度も高いです。

第一実業の職種別の年収

第一実業の年収を職種別に見てみましょう。

  • 一般職:約400万円~830万円
  • 技術職:約450万円~815万円
  • 総合職:約680万円~1160万円

毎年4月に昇給が行われることを考えると、勤続年数が長くなると共に年収も大幅にアップすると言えるでしょう。

第一実業では出世するとどれくらいの年収が貰える?

第一実業で役職に就いた場合の年収は以下の通りです。

  • 係長クラス:約800万円~915万円
  • 課長クラス:約1025万円~1205万円
  • 部長クラス:約1155万円~1500万円

ほとんどの社員が定期的に実施される昇級試験を受験することで昇格していきます。

昇級試験の話が出た際には、しっかり準備して臨みましょう。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中