日立ハイテクの年収【2021年最新版】

計測装置の世界シェア80.6%!商社とメーカー二つの機能を持つ大手企業!面接のポイントとは?


日立ハイテクの平均年収

日立ハイテクの平均年収は、2021年で前期に比べて下降傾向の834.3万円でした。商社・卸売業界内27位の平均年収です。日立ハイテクは、半導体製造装置や解析装置など電気機器関連を取り扱っている企業です。堅実な社風で、年功序列制に給料が上がっていきます。長く勤めれば役職に就くことも難しくなく、課長クラスになれば年収1000万円を超えます。ライフワークバランスも整いやすく、安定性のある企業のため、平均勤続年数は19.2年と長くなっています。

日立ハイテクの平均年収概要

平均年収: 834.3万円 下降傾向
平均年齢
43.0歳
平均勤続年数
19.2年
従業員数
4,134人

日立ハイテクの平均年収推移

平均年収推移(日立ハイテクと上場企業平均)

日立ハイテクの平均年収推移は、下降傾向です。前期比で見ると6.5万円減少しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は826.1万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

日立ハイテクの平均年収推移(2015年〜2019年)

日立ハイテクの平均年収 年収
2019年 834万円
2018年 841万円
2017年 840万円
2016年 810万円
2015年 806万円

業界内やエリア内での日立ハイテクのランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
295位
3737社
全国の上場企業の平均年収より221.8万円高い

全国の平均年収より402.1万円高い
日立ハイテクの平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
834.3万 612.5万 432.2万

日立ハイテクの平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると221.8万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると402.1万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中295位と高い順位となります。

商社・卸売業界内での比較

業界内順位
27位
330社
商社・卸売業界の平均年収より208.3万円高い
日立ハイテクの平均年収 商社・卸売業界の平均年収
834.3万 626.0万

日立ハイテクが属する商社・卸売業界の上場企業の平均年収は626.0万円です。 そのため、日立ハイテクの年収は業界平均と比べて208.3万円高く、業界内順位を見ると330社中27位と高い順位となります。

東京都内での比較

エリア内順位
225位
1979社
東京都の平均年収より187.1万円高い
日立ハイテクの平均年収 東京都の平均年収
834.3万 647.2万

日立ハイテクの所在地がある東京都の上場企業の平均年収は647.2万円です。 そのため、日立ハイテクの年収はエリア平均と比べて187.1万円高く、エリア内順位を見ると1979社中225位と高い順位となります。

日立ハイテクではボーナスはどれくらい貰える?

日立ハイテクのボーナスは6月と12月の年2回支給され、平均支給額は約95万円~260万円です。

年功序列制のため、長く勤めるほどボーナス額も上昇していくようです。

日立ハイテクの職種別の年収

日立ハイテクの年収を職種別に見てみましょう。

一般職:約430万円~855万円

技術職:約480万円~840万円

総合職:約700万円~1195万円

総合職では年収1000万円にも手が届くことが分かりました。

日立ハイテクでは出世するとどれくらいの年収が貰える?

日立ハイテクで出世した場合の年収は以下の通りです。

係長クラス:約810万円~940万円

課長クラス:約1065万円~1245万円

部長クラス:約1260万円~1545万円

日立ハイテクでは、自主的に業務を進められる社員が出世しやすい傾向にあるようです。

そのため、タイムマネジメントを日頃から意識して行動することがポイントと言えるでしょう。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中