三菱食品の年収【2021年最新版】

三菱食品は成果主義?年功序列型?気になる役員と出世後の年収を公開!大切なのはコミュニケーション力?


三菱食品の平均年収

三菱食品の平均年収は、2021年は648.0万円で前期に比べて下降傾向です。商社・卸売業界内では118位の平均年収でした。三菱食品は食品のマーケティングや製造などを行っている企業です。社員を大切にする企業で、働き方改革を推進しています。残業は少なく、取得できる休みの日数も多いです。寮や住宅手当、医療保険などが手厚く、福利厚生がしっかりとしています。安定性のある企業で、平均勤続年数も18.1年と定着率も高いです。

三菱食品の平均年収概要

平均年収: 648.0万円 下降傾向
平均年齢
43.5歳
平均勤続年数
18.1年
従業員数
4,328人

三菱食品の平均年収推移

平均年収推移(三菱食品と上場企業平均)

三菱食品の平均年収推移は、下降傾向です。前期比で見ると12.7万円減少しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は652.5万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

三菱食品の平均年収推移(2015年〜2019年)

三菱食品の平均年収 年収
2019年 648万円
2018年 661万円
2017年 668万円
2016年 649万円
2015年 637万円

業界内やエリア内での三菱食品のランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
1296位
3737社
全国の上場企業の平均年収より35.5万円高い

全国の平均年収より215.8万円高い
三菱食品の平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
648.0万 612.5万 432.2万

三菱食品の平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると35.5万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると215.8万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中1296位と高い順位となります。

商社・卸売業界内での比較

業界内順位
118位
330社
商社・卸売業界の平均年収より22.0万円高い
三菱食品の平均年収 商社・卸売業界の平均年収
648.0万 626.0万

三菱食品が属する商社・卸売業界の上場企業の平均年収は626.0万円です。 そのため、三菱食品の年収は業界平均と比べて22.0万円高く、業界内順位を見ると330社中118位と高い順位となります。

東京都内での比較

エリア内順位
832位
1979社
東京都の平均年収と同程度
三菱食品の平均年収 東京都の平均年収
648.0万 647.2万

三菱食品の所在地がある東京都の上場企業の平均年収は647.2万円です。 そのため、三菱食品の年収はエリア平均と比べて同程度で、エリア内順位を見ると1979社中832位と平均的な順位となります。

三菱食品ではボーナスはどれくらい貰える?

三菱食品では6月と12月の年2回、ボーナスが支給されます。

平均支給額は約82万円〜170万円、男女間の差は最大で約40万円、ピークは50歳代で迎えます。

食品会社ではありがちなことですが、ボーナス額はあまり高くないとの声も聞かれます。

しかし、完全なる年功序列型なので、入社後しばらくは給与も低めですが、次第に充分な給与を得ることができるでしょう。

三菱食品の職種別の年収

職種別の年収を比較すると、一般職の平均年収は約300円〜480万円、技術職は約360万円〜470万円、総合職は約400万円〜700万円となっています。

大手企業としては、全体的にやや低めの年収設定と言えます。

しかし、大手だからこそ給与やボーナスも安定して支給されますし、嘱託社員にも賞与を支給するなど、従業員に優しい企業であることは間違いありません。

ちなみに学歴別の初任給は、大卒200,500円、院卒208,500円となっており、大手企業としては少し低めの金額設定です。

三菱食品では出世するとどれくらいの年収が貰える?

出世後の年収を比較すると、主任の平均年収は約460万円〜630万円、係長の平均年収は約500万円〜710万円、課長は約600万円〜900万円、部長は約700万円〜1020万円となっています。

昇級システムについては明らかとなっていませんが、仕事の評価に対する給与査定が納得いかない人は、直接上司に交渉を持ちかける人もいるそうです。

交渉が必ず成功するとは限りませんが、努力した上での給与アップの交渉なら行ってみる価値はあると思います。

三菱食品の社長や役員の年収

代表取締役社長の森山 透氏の年収は公開されていませんでしたが、その他の取締役の平均年収は約3000万円、監査役は約1550万円となっています。

三菱グループに属する大手企業としては、役員報酬が低いという印象を受けます。

売上高は順調に伸ばしているため、今後、平均年収がアップする可能性も充分に考えられます。

競合他社と三菱食品の年収比較

三菱食品の競合他社というと、伊藤忠食品加藤産業などが挙げられます。

最新の有価証券報告書によれば、伊藤忠食品の平均年収は約649.1万円、加藤産業の平均年収は約647.9万円となっています。

三菱食品の平均年収は約648万円で、伊藤忠食品と加藤産業とほぼ同じ年収であることが分かりました。

また、年収商社・卸売業界の上場企業333社の中で105位に位置していることから、同業界の中では高い平均年収であると言えます。

三菱食品の平均年収が高い理由

平均年収が高い理由には、業績の好調さが大きく影響しています。

過去5年間の売上高を見ても、一度も落とすことなく右肩上がりで増加しており、経常利益も180億円台をキープしています。

加工食品・低温食品・酒類・菓子のメイン事業は前年比よりも約4%増加し安定していますが、その他の事業はなんと前年比34.2%と、メイン事業を大きく上回る収益を上げています。

他企業のプライベートブランドの開発支援などを行う商品開発事業やロジスティクス部門が好調であると思われます。

また、平均年齢43.5歳、勤続年数18.1年と、従業員の定着率の高さも平均年収を引き上げる要因と言えるでしょう。

三菱食品の事業内容

三菱食品は、商社・卸売業界に属する日本の大手企業です。

主な事業

三菱食品の主な事業は、幅広いネットワークと販売経路を活用し、あらゆる食品を全国へ届けることです。

加工食品・低温食品・酒類・菓子の4カテゴリー、また常温・冷蔵・冷凍の3温度帯の商品を全て自社で扱っています。

また、幅広いネットワークとマーケティング情報を生かし、多様化するニーズに応えた商品の調達・提供を可能にしたマーチャンダイジングを実現。

更に、オリジナルブランド、他のメーカーとの共同開発、他企業のプライベートブランドの開発支援など、より充実した商品を提供するため商品開発も行っています。

他にも世界各国のブランド・輸入商品を厳選し、日本市場へ提供。

日本の食を更に豊かなものにするべく、グローバル展開にも注力しています。

その他の事業

その他にはロジスティクス部門にて、物流の効率化やコストダウン、品質精度のレベルアップなどを目指し、中間流通業の枠組みを超えて店舗オペレーション改善支援やメーカーとの物流連携、複合型物流センターの構築などに取り組んでいます。

食品を製造・販売するだけでなく、新鮮な状態での提供やコストダウンによる販売価格の見直しなどを実現すべく、食に関わる様々な分野で活躍しているのです。

三菱食品の歴史

三菱食品の歴史についてご紹介します。

  • 1925年:三菱財閥の全額出資により缶詰の国内販売会社として株式会社北洋商会を設立
  • 1969年:山田商事を合併し、北洋商事株式会社に商号変更
  • 1979年:三菱商事系の食品卸4社(北洋商事株式会社、野田喜商事株式会社、新菱商事株式会社(大阪と東京))の4社が合併し、株式会社菱食となる
  • 1991年:フクヤ商事株式会社と茨城北洋株式会社の営業を譲り受け、株式会社関東リョーショクを設立
  • 1995年:東京証券取引所市場第二部上場
  • 1997年:東京証券取引所市場第一部銘柄に指定
  • 2002年:株式会社祭原を完全子会社化
  • 2003年:株式会社リョーショクフードサービスが株式会社ユキワと合併し株式会社アールワイフードサービスに社名変更
  • 2011年:明治屋商事、サンエス、FSNの3社を完全子会社化、連結子会社のリョーショクリカーを吸収合併し、三菱食品株式会社に商号変更
  • 2018年:連結子会社MS6社を吸収合併

三菱食品が属する三菱グループとは?

三菱食品とは、三菱UFJ銀行、三菱商事、三菱重工業が中心核となるグループ企業のことです。

所属企業には三菱食品をはじめ、日本の3大海運会社の日本郵船、コンビニエンスストアのローソン、光学機械メーカーのニコンなどがあります。

三菱食品の採用情報

三菱食品では、新卒採用、中途採用、障がい者採用にて募集を行っています。

新卒採用

新卒採用では、営業・マーケティング・商品開発・ロジスティクス・経理・システムなどの総合職にて募集を行っています。

勤務地は、本社のある東京都大田区および全国の各事業所のいずれかになります。

選考方法は、WEBプレエントリー→エントリーシート提出→適性検査→説明会→面接(複数回)→内々定です。

中途採用

中途採用では、必要に応じて実施しているため、募集の有無に関してメールで問い合わせる必要があります。

勤務地は、本社のある東京都大田区および全国の各事業所のいずれかになります。

選考方法は、問い合わせ→応募書類提出→書類選考→適性検査→面接(複数回)→内々定です。

障がい者採用

障がい者採用では、採用エリアのハローワークにて求人票を掲載しているため、ハローワークの求人情報を確認する必要があります。

勤務地は、本社のある東京都大田区および全国の各事業所のいずれかになります。

選考方法は、応募書類提出→書類選考→→面接→内定です。

三菱食品で求められる人材像

三菱食品では、求める人材を『その情熱が、食の未来を切り拓く。』という企業理念に共感し、自らも食の未来を切り開く情熱を持って挑みたい人としています。

職種によっても求める人材像が異なり、輸入業務では海外事情に明るい人材、マーケティングでは独自の視点から収益化を図れる人材などとしています。

また、専門的な知識を持っている人は、食流通の真のプロフェッショナルになりうる人材と考えており、積極的に採用したいとも語られています。

常に「中核」に向かって自律考動ができ、何事にも果敢に挑戦する高い意識を持った人材が、三菱食品にとって最も必要な人材だと言えるでしょう。

三菱食品に就職、転職するためには?

面接は商社ならではの体育会系の雰囲気があり、納得するまで深掘りされる傾向にあるので、はっきり具体的に回答するようにしましょう。

また、スキル面よりもコミュニケーション力を重視していますので、相手の目を見てしっかりと受け答えしてください。

新卒、転職においても「なぜ三菱食品を選んだのか」「なぜ食品業界を選んだのか」と訊かれますので、選んだ理由については必ず答えを用意しておいてください。

他には、キャリアパスや入社後にやりたいこと、それを実現するためにどんなアクションを起こすかなど、具体的なビジョンを持って答えられると好印象を与えやすいでしょう。

三菱食品の従業員数・平均年齢・勤続年数の推移

従業員数の推移

従業員数推移(三菱食品と上場企業平均)

三菱食品 上場企業平均
2019年 4,328人 1,035人
2018年 3,885人 1,071人
2017年 3,831人 1,042人
2016年 3,829人 1,055人
2015年 3,991人 1,055人

三菱食品の従業員数は2019年で4,328人と、1年前と比べて443人の増加となりました。

全上場企業の平均従業員数が1,035人なので、それと比べて多い水準となります。

次に三菱食品と同じ商社・卸売業界内で従業員数を比較してみました。業界平均の従業員数が486人なので、それと比較しても多い規模の人数というのが分かります。

平均年齢の推移

平均年齢推移(三菱食品と上場企業平均)

三菱食品 上場企業平均
2019年 43.5歳 41歳
2018年 43.1歳 41歳
2017年 43.1歳 40歳
2016年 42.7歳 40歳
2015年 42.2歳 40歳

三菱食品の平均年齢は2019年で43.5歳と、上場企業の平均と比べると年齢が高い水準となっています。

平均年齢を同じ商社・卸売業界内で比較してみました。業界平均が41歳のため、業界内で見ても年齢が高い水準となります。

平均勤続年数の推移

平均勤続年数推移(三菱食品と上場企業平均)

三菱食品 上場企業平均
2019年 18.1年 12年
2018年 17.8年 13年
2017年 17.8年 13年
2016年 18.3年 13年
2015年 17.0年 13年

三菱食品の平均勤続年数は2019年で18.1年と、上場企業の平均と比べると長い水準となっています。

平均勤続年数も同じ商社・卸売業界内で比較してみます。業界の平均勤続年数が13.2年のため、業界内で見ても長い水準となります。

三菱食品の業績推移

三菱食品が、転職先・就職先として魅力的な会社かどうかを知るために、前期比の売上成長率や一人あたりの経常利益などを見ていきましょう。

※売上・従業員数は、各社の連結ではなく「単体」の数字を元に計算しています。

売上・経常利益と成長率

売上

売上成長率(前期比)

経常利益

売上 経常利益
2019年3月期 2兆5438.7億円 176.3億円
2018年3月期 2兆4535.7億円 170.9億円
2017年3月期 2兆3641.5億円 181.5億円
2016年3月期 2兆3291.9億円 173.1億円
2015年3月期 2兆2543.6億円 212.3億円

まず、三菱食品と上場企業平均の「売上」と「成長率」を見ていきます。

2019年3月期の売上は、三菱食品が2兆5438.7億円、上場企業平均が1120.3億円となっています。三菱食品の売上は平均と比べて高い水準となっており、売上の前期比成長率を見ると、三菱食品が3.7%の増加、上場企業平均が15.4%の増加となっているため、上場企業の中では成長率は平均以下な会社と言えます。

従業員一人あたり売上の推移

三菱食品 上場企業平均
2019年3月期 5.9億円 1.1億
2018年3月期 6.3億円 9064万
2017年3月期 6.2億円 9022万
2016年3月期 6.1億円 9416万
2015年3月期 5.6億円 9870万

次に、三菱食品と上場企業平均の「従業員一人あたり売上」を見ていきます。

2019年3月期で見ると、三菱食品は5.9億円、上場企業平均が1.1億円となっています。 そのため三菱食品は上場企業の中では従業員あたりの付加価値が高い優良な企業と言えます。

従業員一人あたり経常利益の推移

三菱食品 上場企業平均
2019年3月期 407万円 788万
2018年3月期 440万円 731万
2017年3月期 474万円 741万
2016年3月期 452万円 672万
2015年3月期 532万円 689万

「従業員一人あたり経常利益」についても見てみましょう。2019年3月期では、三菱食品は407万円、上場企業平均が788万円となっています。

企業データ

会社名
三菱食品株式会社
設立年月日
1925年3月13日
所在地
東京都大田区平和島6−1−1
エリア
東京 
業界・業種
代表者名
森山 透
上場市場
東証1部
上場年月日
1995年7月5日

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中