三機工業の年収【2021年最新版】

各種空調設備からシステムまで提供する総合設備建設企業!気になる求められる人材像は?競合会社と比較すると?


三機工業の平均年収

三機工業の平均年収は、2021年で前期に比べて上昇傾向の808.3万円になりました。建設業界内では42位の平均年収です。三機工業は三井グループの総合設備建設会社です。創業90年を超える、安定感のある企業。穏やかな雰囲気があり、コンプライアンス意識が非常に高いです。社員の教育に力を入れているので、社内勉強会を開催したり、外部セミナーの受講ができたりと、キャリアアップしやすい環境にあります。平均勤続年数は18.3年と、安定感のある定着率です。

三機工業の平均年収概要

平均年収: 808.3万円 上昇傾向
平均年齢
43.0歳
平均勤続年数
18.3年
従業員数
1,967人

三機工業の平均年収推移

平均年収推移(三機工業と上場企業平均)

三機工業の平均年収推移は、上昇傾向です。前期比で見ると64.2万円増加しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は747.6万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

三機工業の平均年収推移(2015年〜2019年)

三機工業の平均年収 年収
2019年 808万円
2018年 744万円
2017年 763万円
2016年 730万円
2015年 692万円

業界内やエリア内での三機工業のランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
375位
3737社
全国の上場企業の平均年収より195.8万円高い

全国の平均年収より376.1万円高い
三機工業の平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
808.3万 612.5万 432.2万

三機工業の平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると195.8万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると376.1万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中375位と高い順位となります。

建設業界内での比較

業界内順位
42位
167社
建設業界の平均年収より101.7万円高い
三機工業の平均年収 建設業界の平均年収
808.3万 706.6万

三機工業が属する建設業界の上場企業の平均年収は706.6万円です。 そのため、三機工業の年収は業界平均と比べて101.7万円高く、業界内順位を見ると167社中42位と高い順位となります。

東京都内での比較

エリア内順位
271位
1979社
東京都の平均年収より161.1万円高い
三機工業の平均年収 東京都の平均年収
808.3万 647.2万

三機工業の所在地がある東京都の上場企業の平均年収は647.2万円です。 そのため、三機工業の年収はエリア平均と比べて161.1万円高く、エリア内順位を見ると1979社中271位と高い順位となります。

三機工業ではボーナスはどれくらい貰える?

三機工業では6月と12月の年2回ボーナスが支給されます。

平均支給額は約120万円~285万円で、新入社員にもきちんとボーナスが支払われます。

入社と共に新生活を始めるという方も安心して勤めることができるでしょう。

三機工業の職種別の年収

三機工業の年収を職種別に見てみましょう。

  • 一般職:約430万円~820万円
  • 技術職:約400万円~800万円
  • 総合職:約650万円~1145万円

また、2020年度実績では学歴別の初任給は以下の通りでした。

  • 大学院(修士):242,000円
  • 大学卒:230,000円
  • 高専(専攻科):230,000円
  • 高専(本科):210,000円

交通費が全額支給される他、住宅手当・現場管理者手当等も出ます。

資格等を取得するとその分の手当も支給されるだけでなくスキルもアップするため、一石二鳥と言えるでしょう。

三機工業では出世するとどれくらいの年収が貰える?

三機工業で役職に就いた場合の年収は以下の通りです。

  • 係長クラス:約795万円~1005万円
  • 課長クラス:約1015万円~1350万円
  • 部長クラス:約1140万円~1700万円

女性管理職数も徐々に増加傾向にあるようなので、今後ますます女性のキャリアアップが目指せる環境が形成されていくと考えられます。

三機工業の社長や役員の年収

2019年度の有価証券報告書を確認しましたが、報酬が1億円を超える役員は存在しないとのことでした。

またその他の役員の報酬については、社内取締役9名に対して総額5億9500万円で1人あたり6611万円、社内監査役2名に対して総額7700万円で1人あたり3850万円がそれぞれ支給されていました。

各事業も順調であるため、今後の役員の報酬も徐々に上昇していくでしょう。

競合他社と三機工業の年収比較

三機工業の競合会社として、高砂熱学工業新日本空調が挙げられます。

それぞれの年収を確認すると、三機工業は808万円、高砂熱学工業は848万円、新日本空調は853万円でした。

現時点では競合会社にはあと一歩及びませんでしたが、建設業界の平均年収706.6万円と比較すると101.7万円高いことが分かりました。

サービスの幅が広いだけでなく新たなシステム等の開発にも取り組んでいるので、今後競合の年収を超える可能性も充分あるでしょう。

三機工業の平均年収が高い理由

三機工業の売り上げ及び経常利益の推移を見てみると、売り上げは2017年で1506.5億円、2018年で1515.8億円、2019年で1921.8億円でした。

また経常利益は2017年で52.5億円、2018年で53.1億円、2019年で94.1億円となっており、2017年から2019年にかけて売り上げは415.3億円、経常利益は41.6億円それぞれ上昇しました。

業績が右肩上がりであるため、社員の年収にも反映されていると考えられるでしょう。

三機工業の事業内容

主な事業

三機工業では、建築設備事業として以下の五つの事業を運営しています。

それぞれの事業内容と併せて見ていきましょう。

  • ビル空調衛生事業:空気調和設備・給排水衛生設備・防災設備・厨房設備・地域冷暖房施設・原子力関連施設の設計・施工・メンテナンス等
  • 産業空調事業:産業空調設備・半導体及びFPD製造設備・医薬及び食品製造施設・環境制御装置・冷凍及び冷蔵装置の提供等
  • 電気事業:電気設備・電気通信・電気土木等のサービス・設備の提供等
  • スマートビルソリューション事業:中央監視及び自動制御システム・情報通信ソリューション・危機管理ソリューション・IP電話ソリューション等の提供
  • ファシリティシステム事業:プロジェクトマネジメント業務(オフィスの構築・企画・設計・現場管理・移転等)、コンサルティング業務(ワークスタイル改革・働き方改革等)

これまでに国立代々木総合体育館、皇居新宮殿、羽田空港、大阪ロイヤルホテル、六本木ヒルズ森タワー等、数々の施設で施工を行った実績を持ちます。

2016年度からは空調AI制御システム等の開発・市場展開を開始。

今後もあらゆる製品やシステムを手掛け、顧客をサポートしていくでしょう。

その他の事業

三機工業ではその他にもプラント設備事業・不動産事業を展開しており、プラント設備事業では以下の事業を行っています。

  • 機械システム事業:FAシステム・クリーン搬送システム、物流システム、空港手荷物・貨物ハンドリングシステム、各種標準コンベヤ等の提供
  • 環境システム事業:上水・下水処理設備、一般及び産業廃棄物処理・再生設備、産業用環境設備、食品・化学等産業用プラント設備等の提供

機械システム事業では2019年度にベルト桟監視システムを開発し、ベルトコンベアーの保全性の向上に成功。

今後近赤外線センサと組み合わせることで更に利便性が向上するでしょう。

また不動産事業では建物賃貸・土地賃貸事業を行っており、2019年度にはテナント募集の強化を行ったことにより増収。

今後少しずつ事業が拡大される可能性があると言えるでしょう。

三機工業の歴史

ここで、三機工業のこれまでについて簡単に見ていきましょう。

1925 三機工業が創業される

1949 旧三機工業株式会社の第二会社として設立される

1950 東京証券取引所に上場する

1957 大阪証券取引所に上場する

1961 名古屋証券取引所に上場する

1974 建設設備子会社株式会社三機加工センターが設立される

1980 建設設備子会社株式会社三機空調センター・株式会社三機電設センター・プラント設備子会社株式会社三機産設センター等が設立される

1982 新技術研究所を建設する

1985 建設設備子会社関西総合設備・中部総合設備を設立する

1990 プラント設備子会社サンキ環境サービスを設立する

2005 建設設備子会社三機アイティサービスを設立する

三機工業が属する三機工業グループとは?

三機工業グループは、三機テクノサポート、三機産業設備、三機化工建設、三機環境サービス等をはじめとした子会社8社より成り立ちます。

建築設備事業・機械システム事業・環境システム事業・不動産事業として、それぞれ空調・電気等設備等の設計・施工・メンテナンスや、廃棄物処理施設の設計・施工・メンテナンス・整備改修工事、保険代理業・リース事業等、様々な事業を手掛けています。

三機工業の採用情報

三機工業では現在、新卒採用及びキャリア採用をそれぞれ行っています。

募集職種や選考について詳しく見ていきましょう。

新卒採用

新卒採用では、事務系・技術系とで以下の職種で募集が行われています。

  • 事務系:営業・経理・法務・総務・人事・経営企画・安全・情報システム等
  • 技術系:施工管理・設計・研究開発・生産管理・情報システム・各種エンジニアリング・営業等

募集している学部・学科は以下の通りです。

  • 理系:建築・土木系、機械系、電気・電子系、情報・通信系、化学系等
  • 文系:法学・政治学系、経済・経営・商学系等

採用は事務系で10名、技術系で75名をそれぞれ予定しているので、自身の興味のある職種を見定め応募するようにしましょう。

選考は、エントリー→会社説明会(座談会あり、持ち物不要)→WEBテスト(適性検査)→面接(複数回)の順で行われます。

応募する際には推薦応募・自由応募とがあり、推薦応募の場合は推薦書類が必要となります。

選考フローは自由応募と同じとなるため注意しましょう。

また、提出書類として写真貼付済の履歴書・成績証明書・卒業見込証明書・健康診断書・該当する方は推薦書が必要となるので、提出漏れのないよう気を付けましょう。

キャリア採用

キャリア採用では、現在技術職のみで以下の職種の募集が行われています。

応募要件と併せて見ておきましょう。

  • 施工管理(空調・衛生・電気・計装):10年以上の実務経験、一級管工事施工管理技士・一級計装士・監理技術者等の資格
  • 施工管理(上下水道設備):3年以上の実務経験または5年以上の現場施工管理経験、監理技術者資格・運転免許証

応募方法は、写真貼付済の履歴書及び職務経歴書を人事部採用担当まで送付することで応募ができます。

書類審査後は適性検査や面接(複数回)が実施されるため、日程調整等しやすいようにしておきましょう。

また現時点で事務系職種の募集は行われていませんが、新卒採用情報を確認すると今後営業・経理・法務・総務・人事等の職種でも必要に応じて募集が行われると考えられます。

こまめに求人情報を確認し、見逃さないようにしましょう。

三機工業で求められる人材像

三機工業が求める人材として、リクナビには以下の四つが挙げられていました。

  • 相手の考え・ニーズを理解したうえで、自分の考えを論理的に表現できる人
  • 組織の中において、自分の役割・ポジションを的確に理解し、常に先を考えて行動できる人
  • 困難に出会ってもあきらめず最後までやり抜く意志の強さとバイタリティを持った人
  • 自分ができない、わからない事を素直に認め、それを乗り越えるための努力ができる人

また、三機工業のグループ経営理念として以下の三つが大切にされています。

  • 技術と英知を磨き、顧客満足の向上に努める
  • コミュニケーションを重視し、相互に尊重する
  • 社会の一員であることを意識し、行動する

これらのことから、三機工業では論理的思考力・計画性・粘り強さ・コミュニケーションスキル・行動力等を持つ努力家な人材を求めていると考えられるでしょう。

三機工業に就職、転職するためには?

三機工業の面接はオーソドックスな内容となっており、きちんと受け答えができれば大丈夫であるとの口コミが多く見られました。

基本的なマナーや話し方等に注意し、ハキハキと明るく答えるよう心がけましょう。

過去の面接での質問内容も見ておきましょう。

  • 最も力を入れて取り組んできたことについて
  • 部活またはサークル内ではどのような立ち位置にいたか
  • 入社後どのようなことを行いたいか
  • 自身を動物に例えると何か
  • 親友について

また、面接の最後には意気込みについても訊かれるので、予め内容を練っておいても良いでしょう。

三機工業の従業員数・平均年齢・勤続年数の推移

従業員数の推移

従業員数推移(三機工業と上場企業平均)

三機工業 上場企業平均
2019年 1,967人 1,035人
2018年 1,969人 1,071人
2017年 1,933人 1,042人
2016年 1,926人 1,055人
2015年 1,908人 1,055人

三機工業の従業員数は2019年で1,967人と、1年前と比べて2人の減少となりました。

全上場企業の平均従業員数が1,035人なので、それと比べて多い水準となります。

次に三機工業と同じ建設業界内で従業員数を比較してみました。業界平均の従業員数が1,464人なので、それと比較しても多い規模の人数というのが分かります。

平均年齢の推移

平均年齢推移(三機工業と上場企業平均)

三機工業 上場企業平均
2019年 43.0歳 41歳
2018年 42.8歳 41歳
2017年 42.8歳 40歳
2016年 42.7歳 40歳
2015年 42.6歳 40歳

三機工業の平均年齢は2019年で43.0歳と、上場企業の平均と比べると年齢が高い水準となっています。

平均年齢を同じ建設業界内で比較してみました。業界平均が43歳のため、業界内で見ても年齢が高い水準となります。

平均勤続年数の推移

平均勤続年数推移(三機工業と上場企業平均)

三機工業 上場企業平均
2019年 18.3年 12年
2018年 18.0年 13年
2017年 18.2年 13年
2016年 18.1年 13年
2015年 18.2年 13年

三機工業の平均勤続年数は2019年で18.3年と、上場企業の平均と比べると長い水準となっています。

平均勤続年数も同じ建設業界内で比較してみます。業界の平均勤続年数が14.5年のため、業界内で見ても長い水準となります。

三機工業の業績推移

三機工業が、転職先・就職先として魅力的な会社かどうかを知るために、前期比の売上成長率や一人あたりの経常利益などを見ていきましょう。

※売上・従業員数は、各社の連結ではなく「単体」の数字を元に計算しています。

売上・経常利益と成長率

売上

売上成長率(前期比)

経常利益

売上 経常利益
2019年3月期 1921.8億円 94.1億円
2018年3月期 1515.8億円 53.1億円
2017年3月期 1506.5億円 52.5億円
2016年3月期 1623.8億円 68.5億円
2015年3月期 1640.1億円 24.3億円

まず、三機工業と上場企業平均の「売上」と「成長率」を見ていきます。

2019年3月期の売上は、三機工業が1921.8億円、上場企業平均が1120.3億円となっています。三機工業の売上は平均と比べて高い水準となっており、売上の前期比成長率を見ると、三機工業が26.8%の増加、上場企業平均が15.4%の増加となっているため、上場企業の中では伸びている会社と言えます。

従業員一人あたり売上の推移

三機工業 上場企業平均
2019年3月期 9770万円 1.1億
2018年3月期 7699万円 9064万
2017年3月期 7793万円 9022万
2016年3月期 8431万円 9416万
2015年3月期 8596万円 9870万

次に、三機工業と上場企業平均の「従業員一人あたり売上」を見ていきます。

2019年3月期で見ると、三機工業は9770万円、上場企業平均が1.1億円となっています。

従業員一人あたり経常利益の推移

三機工業 上場企業平均
2019年3月期 478万円 788万
2018年3月期 270万円 731万
2017年3月期 272万円 741万
2016年3月期 356万円 672万
2015年3月期 127万円 689万

「従業員一人あたり経常利益」についても見てみましょう。2019年3月期では、三機工業は478万円、上場企業平均が788万円となっています。

企業データ

会社名
三機工業株式会社
設立年月日
1949年8月1日
所在地
東京都中央区明石町8−1 聖路加タワー
エリア
東京 
公式サイト
業界・業種
建設 
代表者名
石田 博一
上場市場
東証1部
上場年月日
1950年9月

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年1月8日

SNSシェア用テキスト

表示準備中