共同印刷の年収【2023年最新版】(2ページ目)

創業120年以上の老舗総合印刷会社!今後の事業の展望は?面接での質問内容は?


共同印刷の社長や役員の年収

2019年度の有価証券報告書を確認しましたが、報酬が1億円を超える役員は存在しませんでした。

またその他の役員の報酬については、社内取締役6名に対して総額2億1000万円で1人あたり3500万円、社内監査役3名に対して総額2700万円で1人あたり900万円がそれぞれ支給されていました。

近年では、国内にて生活・産業資材部門で手掛けている軟包装等の包装資材の需要が急拡大しており、東南アジアにおいてもラミネートチューブ等のニーズが増加。

今後受注拡大の機会がこれまでよりも更に増えると見込めるため、利益が上がれば役員の報酬にも反映されると期待できます。

競合他社と共同印刷の年収比較

共同印刷の競合会社として、凸版印刷大日本印刷等が挙げられます。

それぞれの年収を見てみると、共同印刷は571万円、凸版印刷は664万円、大日本印刷は726万円と、現時点では競合会社には及びませんでした。

しかし、近年ではあらゆるコンテンツのデジタル化が進んでいることもあり、デジタルソリューションにこれまでよりも更に力を入れたところ、2019年度には教育分野を中心にコミックス等の受注が増加しました。

今後もデジタル化のニーズに応えるべく更なる技術の発展及び事業の拡大を図っているため、平均年収も徐々に伸び、競合会社との差を縮めていくと考えられます。

共同印刷の平均年収が高い理由

共同印刷の2017年から2019年にかけての売り上げの推移を確認すると、2017年で880.7億円、2018年で870.8億円、2019年で882.3億円でした。

2018年に一時的に下降してしまいましたが、2019年度には情報コミュニケーション部門、情報セキュリティ部門、生活・産業資材部門それぞれで増収したこと等により業績も回復。

そのため、平均年収も高くなっていると考えられます。

現在は情報セキュリティ部門にてデータプリントやBPOの受注数を拡大するため、金融機関・官公庁・自治体にて業務の最適化・効率化を提案しているだけでなく、新たに医療市場・ヘルスケア市場の開拓も行う等、積極的に事業を展開。

今後も事業の成長に伴い年収もどんどん伸びていくかもしれません。

共同印刷が属する共同印刷グループとは?

共同印刷グループは、コスモグラフィック、共同印刷メディアプロダクト、デジタルカタパルト、共同印刷マーケティングソリューションズ等の子会社19社・関連会社2社から構成されるグループです。

グループ企業では、印刷や製本・加工をはじめとしてデジタルデバイス向けデジタルコンテンツの制作、決済ソリューションの提供、チューブ容器の製造、不動産賃貸・管理等、あらゆる分野で事業を展開しています。

共同印刷の採用情報

共同印刷では現在、新卒採用及びキャリア採用が行われています。

それぞれの募集要項を見ていきましょう。

新卒採用

新卒採用では文系総合職(営業系・IT系)・理系総合職(営業系・IT系・技術系)とで募集を行っており、入社後は以下の職種に配属される予定です。

  • 営業系職種:企画営業
  • IT系職種:IT企画、技術開発、インフラ管理
  • 技術系職種:研究開発、製造技術・製造

過去の採用人数は2018年で40名、2019年で37名、2020年で18名でした。

営業系職種・IT系職種は学部・学科不問とされていますが、技術系職種に関しては理工系学部・学科の方が募集対象とされているので注意しましょう。

配属先については、入社後の新入社員研修期間中に実施される配属面談を通して決められます。

自身の希望・適性、部門のニーズ等から総合的に判断されるので、特に希望する職種・部署等があればきちんと伝えるようにしましょう。

希望する配属先ではなかった場合も、自身のキャリアプランを提示することのできる自己申告制度、社内公募のキャリアチャレンジ制度等が用意されているので、配属後も定期的に自身の希望を出すことが可能。

日々業務に取り組みながらも自己研鑽に努め、どのようなキャリアを築いていきたいか考えるようにしましょう。

選考は、エントリーシートの提出→能力・適性検査→面談・面接(複数回)の順で行われます。

適性検査では言語・非言語問題及び性格テストが出題され、過去に適性検査を受けた方の口コミを見ると玉手箱問題であったとのことです。

市販の本等を活用し、早め早めに準備をしておく必要があります。

また、カラー印刷物を扱う業務への配置検討のために選考過程で色覚検査も行われるため、その心づもりをしておきましょう。

キャリア採用

キャリア採用では現在、神奈川県及び和歌山県にて部材管理スタッフ及び工場内スタッフ(チューブ製品の加工補助・製造機械操作・容器品質管理のいずれか)の募集を行っています。

どちらの職種も契約社員での採用となりますが、社員登用制度もあるため、契約社員から正社員になることも可能です。

応募条件も特に提示されていないので、興味のある方はぜひ応募しましょう。

また、現時点で転職サイトではほとんど求人情報は掲載されていませんでした。

新卒採用情報を参考にすると、今後必要に応じて営業系・IT系・技術系の職種で募集が行われると考えられるので、公式ホームページと併せて各転職サイトも確認するようにしましょう。

共同印刷で求められる人材像

共同印刷の採用ページの求める人材像についてのページには、以下の価値観を持つ人材を求めると記載されていました。

「未来をつくる価値観」

  • 未来志向:前向き、変化を恐れない、新しいことにチャレンジできる
  • 価値創造:好奇心旺盛、新しいアイディアを出すのが得意、世の中を変える製品やサービスを生み出したい

「ベースとなる価値観」

  • 対人感受性:人の気持ちを配慮し尊重できる、自分と異なる価値観・意見を受け止められる、相手の発言や行動に関心を持てる
  • 顧客志向:お客さまに最適なソリューションを提供したい、お客さまと一緒にモノづくりがしたい、お客さまに寄り添ってフォローしたい

また、グループ経営ビジョンとして「私たちは、誠実なコミュニケーションと市場をリードする技術力でお客さまの思いをカタチにし、新たな価値を創出し続ける企業グループをめざす」ことを掲げています。

これらを見ると共同印刷では、向上心・創造性・挑戦心・コミュニケーション能力を持ち、周囲の人に自分から積極的に関わりを持とうとする姿勢のある人材を求めていると推測できます。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2023年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中