東京精密の年収【2021年最新版】

半導体製造装置の世界シェアトップクラス!日本初、世界初の製品を数多く展開する大手メーカー!気になる就活のポイントとは?


東京精密の平均年収

東京精密の平均年収は、2021年は758.2万円で前期に比べて下降傾向でした。精密機器業界内では11位の平均年収です。東京精密は半導体製造装置や精密測定機器などの開発・製造・販売を行っている企業です。やる気次第でどんどん仕事を任せられるので、技術職としてやりがいのある仕事です。住宅手当や家族手当、勤務地手当があり、福利厚生が手厚く、安定した生活を送れます。

東京精密の平均年収概要

平均年収: 758.2万円 下降傾向
平均年齢
40.4歳
平均勤続年数
11.6年
従業員数
868人

東京精密の平均年収推移

平均年収推移(東京精密と上場企業平均)

東京精密の平均年収推移は、下降傾向です。前期比で見ると23.4万円減少しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は753.6万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

東京精密の平均年収推移(2015年〜2019年)

東京精密の平均年収 年収
2019年 758万円
2018年 782万円
2017年 743万円
2016年 752万円
2015年 733万円

業界内やエリア内での東京精密のランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
555位
3737社
全国の上場企業の平均年収より145.7万円高い

全国の平均年収より326.0万円高い
東京精密の平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
758.2万 612.5万 432.2万

東京精密の平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると145.7万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると326.0万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中555位と高い順位となります。

精密機器業界内での比較

業界内順位
11位
51社
精密機器業界の平均年収より103.0万円高い
東京精密の平均年収 精密機器業界の平均年収
758.2万 655.2万

東京精密が属する精密機器業界の上場企業の平均年収は655.2万円です。 そのため、東京精密の年収は業界平均と比べて103.0万円高く、業界内順位を見ると51社中11位と高い順位となります。

東京都内での比較

エリア内順位
385位
1979社
東京都の平均年収より111.0万円高い
東京精密の平均年収 東京都の平均年収
758.2万 647.2万

東京精密の所在地がある東京都の上場企業の平均年収は647.2万円です。 そのため、東京精密の年収はエリア平均と比べて111.0万円高く、エリア内順位を見ると1979社中385位と高い順位となります。

東京精密ではボーナスはどれくらい貰える?

東京精密では、7月と12月の年2回年間約2ヶ月~5ヶ月分のボーナスが支給されます。

平均支給額は約110万円~240万円となっており支給額が多いため、若手の内からしっかり貯金できている社員がほとんどのようです。

東京精密の職種別の年収

東京精密の年収を職種別に見ていくと以下の通りです。

一般職:約350万円~785万円

技術職:約380万円~770万円

総合職:約650万円~1090万円

また、2019年度4月実績では学歴別の給与は次のようになっています。

修士・博士了:220,000円

学部卒:200,000円

高専・本科生:180,000円

上記の給与に加え、住宅手当が13,000円または24,000円が支給されます。

東京精密では出世するとどれくらいの年収が貰える?

東京精密で役職に就いた場合の年収を見ていきましょう。

係長クラス:約810万円~995万円

課長クラス:約1035万円~1120万円

部長クラス:約1165万円~1410万円

また現在は女性管理職を増加させるため、基準・運用の見直しや女性社員のキャリア形成のための研修の実施等、積極的に取り組んでいます。

性別に関わらず公正に出世を目指すことのできる環境であると言えるでしょう。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中