富士通フロンテックの年収【2021年最新版】

女性管理職数を増やすための試みとは?選考前に準備しておくべきことは?就活生必見の情報を大公開!


富士通フロンテックの平均年収

富士通フロンテックの平均年収は、2021年で699.9万円で前期に比べて下降傾向にあります。電気機器業界内では81位、全体では895位、東京都内では605位です。語学力や専攻を考慮して配属してもらえるので、活躍しやすい点が有難いです。責任ある仕事を任されますが、周囲からの協力も得られるので、初めての仕事でも安心。女性社員の採用・登用を積極的にする等、環境改善にも積極的です。現在1,709人の従業員数がおり、平均勤続年数は24.4年と定着率も非常に良いです。

富士通フロンテックの平均年収概要

平均年収: 699.9万円 下降傾向
平均年齢
46.6歳
平均勤続年数
24.4年
従業員数
1,709人

富士通フロンテックの平均年収推移

平均年収推移(富士通フロンテックと上場企業平均)

富士通フロンテックの平均年収推移は、下降傾向です。前期比で見ると20.1万円減少しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は715.4万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

富士通フロンテックの平均年収推移(2015年〜2019年)

富士通フロンテックの平均年収 年収
2019年 700万円
2018年 720万円
2017年 720万円
2016年 719万円
2015年 719万円

業界内やエリア内での富士通フロンテックのランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
895位
3737社
全国の上場企業の平均年収より87.4万円高い

全国の平均年収より267.7万円高い
富士通フロンテックの平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
699.9万 612.5万 432.2万

富士通フロンテックの平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると87.4万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると267.7万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中895位と高い順位となります。

電気機器業界内での比較

業界内順位
81位
244社
電気機器業界の平均年収より35.2万円高い
富士通フロンテックの平均年収 電気機器業界の平均年収
699.9万 664.7万

富士通フロンテックが属する電気機器業界の上場企業の平均年収は664.7万円です。 そのため、富士通フロンテックの年収は業界平均と比べて35.2万円高く、業界内順位を見ると244社中81位と高い順位となります。

東京都内での比較

エリア内順位
600位
1979社
東京都の平均年収より52.7万円高い
富士通フロンテックの平均年収 東京都の平均年収
699.9万 647.2万

富士通フロンテックの所在地がある東京都の上場企業の平均年収は647.2万円です。 そのため、富士通フロンテックの年収はエリア平均と比べて52.7万円高く、エリア内順位を見ると1979社中600位と高い順位となります。

富士通フロンテックではボーナスはどれくらい貰える?

富士通フロンテックでは6月と12月の年2回ボーナスが支給されます。

平均支給額は約110万円~230万円です。

成果主義であり自身の頑張りがそのまま反映されるので、モチベーションを保って業務に取り組むことが可能。

とは言え年功序列の風土も残っているようなので、長く勤めることもボーナス額を上げるポイントの一つとして考えられます。

富士通フロンテックの職種別の年収

富士通フロンテックの年収を職種別に見てみましょう。

  • 一般職:約350万円~735万円
  • 技術職:約400万円~720万円
  • 総合職:約550万円~1030万円

また、学歴別の初任給は以下の通りです。

  • 修士了:240,000円
  • 4大卒:215,500円

年間休日数は120日以上で夏季休暇やリフレッシュ休暇が支給される他、年次有給休暇は年に20日付与されます。

休暇制度も整っているため、メリハリをつけて働くことができると言えます。

富士通フロンテックでは出世するとどれくらいの年収が貰える?

富士通フロンテックで役職に就いた場合の年収は以下の通りです。

  • 係長クラス:約765万円~810万円
  • 課長クラス:約1005万円~1070万円
  • 部長クラス:約1180万円~1295万円

2020年度時点での従業員に占める女性社員の比率は16%と、現時点ではあまり女性社員の数は多いとは言えないようです。

また女性管理職比率も2020年時点で約2%で、女性社員の管理職登用に向けての育成体制が不十分であることが現在課題の一つとして挙げられています。

今後は新任管理職登用において女性社員の比率を10%以上を保つことを目標として掲げており、各種制度を充実化させるだけでなく、近年では女性管理職による講演会や女性社員の意識改革を目的とした研修等を開催。

今後社員の意識が変化していくと共に性別に関わらずそれぞれの望むキャリアを実現することのできる職場になっていくと期待できます。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年7月23日

SNSシェア用テキスト

表示準備中