ホーチキの年収【2021年最新版】

国内シェア33%!日本初の大手火災報知機メーカー!競合他社とも徹底的に比較!


ホーチキの平均年収

ホーチキの平均年収は、2021年は716.3万円で前期に比べて上昇傾向です。電気機器業界内では72位の平均年収でした。ホーチキは防災システムメーカーです。創業100年以上の歴史があり、堅実な雰囲気を持つ企業です。大型案件も多く、防災設備という人々の安全に関わる仕事のため、やりがいを持って仕事に励めるでしょう。映画観賞や宿泊施設を安く利用できるなど、福利厚生も充実しています。女性は少ない職場ですが、女性にとって働きやすく、結婚後も働き続ける人が多いようです。

ホーチキの平均年収概要

平均年収: 716.3万円 上昇傾向
平均年齢
40.4歳
平均勤続年数
13.9年
従業員数
1,373人

ホーチキの平均年収推移

平均年収推移(ホーチキと上場企業平均)

ホーチキの平均年収推移は、上昇傾向です。前期比で見ると2.8万円増加しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は719.9万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

ホーチキの平均年収推移(2015年〜2019年)

ホーチキの平均年収 年収
2019年 716万円
2018年 713万円
2017年 708万円
2016年 746万円
2015年 716万円

業界内やエリア内でのホーチキのランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
788位
3737社
全国の上場企業の平均年収より103.8万円高い

全国の平均年収より284.1万円高い
ホーチキの平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
716.3万 612.5万 432.2万

ホーチキの平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると103.8万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると284.1万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中788位と高い順位となります。

電気機器業界内での比較

業界内順位
72位
244社
電気機器業界の平均年収より51.6万円高い
ホーチキの平均年収 電気機器業界の平均年収
716.3万 664.7万

ホーチキが属する電気機器業界の上場企業の平均年収は664.7万円です。 そのため、ホーチキの年収は業界平均と比べて51.6万円高く、業界内順位を見ると244社中72位と高い順位となります。

東京都内での比較

エリア内順位
536位
1979社
東京都の平均年収より69.1万円高い
ホーチキの平均年収 東京都の平均年収
716.3万 647.2万

ホーチキの所在地がある東京都の上場企業の平均年収は647.2万円です。 そのため、ホーチキの年収はエリア平均と比べて69.1万円高く、エリア内順位を見ると1979社中536位と高い順位となります。

ホーチキではボーナスはどれくらい貰える?

ホーチキでは、6月と12月の年2回約4ヶ月~5ヶ月分のボーナスが支給され、平均支給額は約105万円~225万円となっています。

S、A、B、C、Dの5段階の評価によりそれぞれのボーナス額が決まるので、自身の位置づけも分かりやる気に繋がります。

ホーチキの職種別の年収

ホーチキの年収を職種別に見ていきましょう。

一般職:約330万円~745万円

技術職:約380万円~730万円

総合職:約640万円~1040万円

また、学歴別の給与は2018年度4月実績では以下の通りです。

大学卒:211,000円~

大学院卒:226,500円~

住宅手当や通勤交通費、特務手当、職務手当等も支給されるので、しっかり稼ぐことが可能です。

ホーチキでは出世するとどれくらいの年収が貰える?

ホーチキで役職に就いた場合の年収を見てみましょう。

係長クラス:約755万円~820万円

課長クラス:約990万円~1085万円

部長クラス:約1195万円~1325万円

課長クラス、部長クラスになると年収1000万円を得ることもできます。

飲み会へ参加する等上司とのコミュニケーションを大切にすることで、出世に繋がると感じている社員が多いようです。

また成果主義であるため、性別に関係なく出世できる平等な環境であると言えます。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中