東芝テックの年収【2023年最新版】(3ページ目)

POSシステムと複合機が強み!グローバルに活躍する企業の年収やボーナス額はいくら?平均年齢や平均勤続年数も驚きの水準!


東芝テックの採用情報

東芝テックでは、新卒採用とキャリア採用(中途採用)、障がい者採用、カムバック採用を行っています。

新卒採用

新卒採用では、事務系と技術系職種にて募集を行っています。

事務系職種の募集内容は、国内営業や海外営業支援、財務・支社管理・IT・調達などの事務スタッフ、技術系職種の募集内容は、開発設計、システムエンジニア、研究、商品企画、製造技術、知財・品質保証スタッフなどです。

勤務地は東京本社のほか、全国主要都市にある支社・支店の中から配属先が決まります。

選考方法は、エントリー⇒一次選考⇒二次面接(事務系職種のみ)⇒最終面接の流れです。

なお学校推薦の場合は、最終面接のみ案内されます。

中途採用

中途採用では、採用エージェント経由のみの募集となります。

現在募集を行っているのは、営業とシステムエンジニアです。

募集職種は都度異なるので、一度求人サイトよりご確認ください。

勤務地は東京本社、全国の支社・支店のいずれかとなります。

選考方法は、書類選考⇒一次面接⇒二次面接+適性検査の流れです。

障がい者採用

障がい者採用では現在募集を行っていませんが、募集のある場合は公式ホームページで案内されます。

案内状況をご確認いただくか、総務部に直接ご連絡ください。

カムバック採用

カムバック採用は、一度退職した方を再雇用する制度です。

転職、留学、配偶者の転勤、結婚・育児、家族介護などの理由で退職された方が応募できます。

選考方法は場合によって、書類選考・面接が行われることもあるようです。

東芝テックで求められる人材像

POSシステムで世界トップシェアを占める企業として、常に最適なソリューションの提供を目指している東芝テック。

「ともにつくる、つぎをつくる。」という企業理念のもと、時代のニーズに沿った商品開発を行っています。

求める人材は「高い志を持つ人」「自ら考え、行動する人」「グローバル志向の人」「素直な人」です。

常にお客さま、仲間、環境のことを考え、製品開発へのこだわりと挑戦を妥協しない人材を募集しています。

東芝テックに就職、転職するためには?

東芝テックの過去3年間の新卒採用者数を見ると、8割を男性が占めていることが分かります。

一見女性は採用に不利だと思われそうですが、近年は女性の管理職採用やダイバーシティ推進を進めている企業であるため、その心配はなさそうです。

誰にでも採用のチャンスはあるでしょう。

ただし、採用実績に有名大学院の名前が多いことから、応募者は優秀な人が多いと予想されます。

筆記試験、面接共に、徹底した対策を行うことが大切です。

面接は穏やかな雰囲気で行われ、コミュニケーション能力を中心に見られます。

エントリーシートの内容丸暗記よりも、しっかりと会話のキャッチボールを行って質問に答えられると、高い評価が受けやすいです。

あまり緊張せず、はっきりとした口調での受け答えを心がけてみてください。

東芝テックの従業員数・平均年齢・勤続年数の推移

従業員数の推移

従業員数推移(東芝テックと上場企業平均)

東芝テック 上場企業平均
2019年 3,660人 1,035人
2018年 3,586人 1,071人
2017年 3,467人 1,042人
2016年 3,477人 1,055人
2015年 3,422人 1,055人

東芝テックの従業員数は2019年で3,660人と、1年前と比べて74人の増加となりました。

全上場企業の平均従業員数が1,035人なので、それと比べて多い水準となります。

次に東芝テックと同じ電気機器業界内で従業員数を比較してみました。業界平均の従業員数が2,082人なので、それと比較しても多い規模の人数というのが分かります。

平均年齢の推移

平均年齢推移(東芝テックと上場企業平均)

東芝テック 上場企業平均
2019年 45.4歳 41歳
2018年 45.3歳 41歳
2017年 44.9歳 40歳
2016年 44.5歳 40歳
2015年 44.1歳 40歳

東芝テックの平均年齢は2019年で45.4歳と、上場企業の平均と比べると年齢が高い水準となっています。

平均年齢を同じ電気機器業界内で比較してみました。業界平均が43歳のため、業界内で見ても年齢が高い水準となります。

平均勤続年数の推移

平均勤続年数推移(東芝テックと上場企業平均)

東芝テック 上場企業平均
2019年 20.3年 12年
2018年 20.8年 13年
2017年 20.7年 13年
2016年 20.5年 13年
2015年 20.1年 13年

東芝テックの平均勤続年数は2019年で20.3年と、上場企業の平均と比べると長い水準となっています。

平均勤続年数も同じ電気機器業界内で比較してみます。業界の平均勤続年数が15.6年のため、業界内で見ても長い水準となります。

東芝テックの業績推移

東芝テックが、転職先・就職先として魅力的な会社かどうかを知るために、前期比の売上成長率や一人あたりの経常利益などを見ていきましょう。

※売上・従業員数は、各社の連結ではなく「単体」の数字を元に計算しています。

売上・経常利益と成長率

売上

売上成長率(前期比)

経常利益

売上 経常利益
2019年3月期 2493.9億円 83.4億円
2018年3月期 2829.7億円 151.8億円
2017年3月期 2608.9億円 393.8億円
2016年3月期 2615.0億円 -11.9億円
2015年3月期 2658.4億円 126.7億円

まず、東芝テックと上場企業平均の「売上」と「成長率」を見ていきます。

2019年3月期の売上は、東芝テックが2493.9億円、上場企業平均が1120.3億円となっています。東芝テックの売上は平均と比べて高い水準となっており、売上の前期比成長率を見ると、東芝テックが11.9%の減少、上場企業平均が15.4%の増加となっているため、上場企業の中では成長率は平均以下な会社と言えます。

従業員一人あたり売上の推移

東芝テック 上場企業平均
2019年3月期 6814万円 1.1億
2018年3月期 7891万円 9064万
2017年3月期 7525万円 9022万
2016年3月期 7521万円 9416万
2015年3月期 7769万円 9870万

次に、東芝テックと上場企業平均の「従業員一人あたり売上」を見ていきます。

2019年3月期で見ると、東芝テックは6814万円、上場企業平均が1.1億円となっています。

従業員一人あたり経常利益の推移

東芝テック 上場企業平均
2019年3月期 228万円 788万
2018年3月期 423万円 731万
2017年3月期 1136万円 741万
2016年3月期 -34万円 672万
2015年3月期 370万円 689万

「従業員一人あたり経常利益」についても見てみましょう。2019年3月期では、東芝テックは228万円、上場企業平均が788万円となっています。

企業データ

会社名
東芝テック株式会社
設立年月日
1950年2月21日
所在地
東京都品川区大崎1−11−1 ゲートシティ大崎ウエストタワー
エリア
業界・業種
代表者名
池田 隆之
上場市場
東証1部
上場年月日
1962年11月

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2023年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中