THKの年収【2021年最新版】

国内外のシェアトップクラス!事業領域の広さが魅力の機械要素部品メーカー!面接を勝ち抜くコツとは?


THKの平均年収

THKの平均年収は、2021年は559.1万円で前期に比べて下降傾向にあります。機械業界内では178位の平均年収でした。THKは、LMガイドやボールねじなどを製造している機械要素部品メーカーです。平均年齢が39.8歳と比較的若いので、活気があります。景気変動にも流されないほどの世界シェアを誇り、リストラもありません。ライフワークバランスも優れているので、プライベートを充実させることもできます。住宅手当や食事補助などの各種手当が手厚いので、生活に困窮することも少ないでしょう。

THKの平均年収概要

平均年収: 559.1万円 下降傾向
平均年齢
39.8歳
平均勤続年数
17.3年
従業員数
3,891人

THKの平均年収推移

平均年収推移(THKと上場企業平均)

THKの平均年収推移は、下降傾向です。前期比で見ると54.9万円減少しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は595.2万円なので、上場企業と比べると低い水準になります。

THKの平均年収推移(2015年〜2019年)

THKの平均年収 年収
2019年 559万円
2018年 614万円
2017年 635万円
2016年 584万円
2015年 585万円

業界内やエリア内でのTHKのランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
2264位
3737社
全国の上場企業の平均年収より53.4万円低い

全国の平均年収より126.9万円高い
THKの平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
559.1万 612.5万 432.2万

THKの平均年収は、日本の上場企業の平均年収と比べると53.4万円低く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると126.9万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中2264位と低い順位となります。

機械業界内での比較

業界内順位
178位
231社
機械業界の平均年収より72.9万円低い
THKの平均年収 機械業界の平均年収
559.1万 632.0万

THKが属する機械業界の上場企業の平均年収は632.0万円です。 そのため、THKの年収は業界平均と比べて72.9万円低く、業界内順位を見ると231社中178位と低い順位となります。

東京都内での比較

エリア内順位
1313位
1979社
東京都の平均年収より88.1万円低い
THKの平均年収 東京都の平均年収
559.1万 647.2万

THKの所在地がある東京都の上場企業の平均年収は647.2万円です。 そのため、THKの年収はエリア平均と比べて88.1万円低く、エリア内順位を見ると1979社中1313位と低い順位となります。

THKではボーナスはどれくらい貰える?

THKでは3月と9月の年2回ボーナスが支給されます。

2019年度実績では4.42ヶ月分支給されており、平均支給額は約85万円~175万円です。

業績が良い際には決算賞与も支給されるため、社員も満足しているようです。

THKの職種別の年収

THKの年収を職種別に見てみましょう。

一般職:約300万円~625万円

技術職:約420万円~615万円

総合職:約500万円~875万円

また、基本給は2019年度実績では以下の通りです。

大卒:205,000円

修士卒:223,000円

高専・短大・専門卒:187,000円

昇給は毎年4月にあり、年間約5,000円~8,000円程アップします。

残業代も全額支給されるので、しっかり稼ぐことができるでしょう。

THKでは出世するとどれくらいの年収が貰える?

THKで出世した場合の年収は以下の通りです。

係長クラス:約610万円~690万円

課長クラス:約825万円~910万円

部長クラス:約925万円~1035万円

年功序列で出世していくので、長く勤めることで出世できるチャンスを得られるでしょう。

中途入社の社員であっても同じように役職に就くことは可能なので、平等な環境であると言えます。

THKの社長や役員の年収

2019年度の有価証券報告書を見てみると、代表取締役社長の寺町彰博氏の報酬は1億5700万円でした。

また、社内取締役7名に対して総額4億7800万円で1人あたり約6828万円が支給されていました。

寺町彰博氏の報酬に対して、社内取締役の報酬はあまり高額な印象は受けません。

手掛けている分野・製品も多岐にわたるため、その他の役員の報酬も徐々に上昇していくと考えられます。

競合他社とTHKの年収比較

THKの競合として、日本トムソン日本精工が挙げられます。

競合の年収を見ていくと、日本トムソンは637万円、日本精工は776万円でした。

THKは559万円なので現段階では競合にはやや及びませんでしたが、新たな技術開発にも積極的であるため、今後競合以上の年収となる可能性は充分にあります。

THKの平均年収が高い理由

THKの年収の高さの理由として、時代のニーズに合わせてその都度研究開発に努めていることが挙げられます。

特に最近ではAI・IoT・ロボット等の需要が高まっているため、新たな事業分野を確立しようと尽力。

これまでに培った技術力を活かして、絶えず新しいものを世に輩出しているからこそ、収益も確保できていると考えられます。

事実THKの売り上げを見てみると、多少の変動はあるものの常に1000億円以上の売り上げがあることが分かります。

そのため、社員も安定した額の年収を得ることができていると言えるでしょう。

THKの事業内容

主な事業

THKでは主に機械要素部品の製造販売を行っており、産業用機械・免震装置・輸送機器等の分野の製品を中心に手掛けています。

それぞれの分野で扱う製品としては以下の通りです。

産業用機械:工作機械、産業用ロボット、半導体製造装置、フラットパネル・ディスプレイ製造装置等

免震装置:免震モジュールTGS型、免震テーブルTSD型等

輸送機器:リンクボール、LMガイド、ボールねじ、カムフォロア、ロッドエンド等

特に産業用機械・輸送機器に活用されている「LMガイド」は国内シェア約70%、世界シェア50%を超えており、「ボールねじ」も世界シェア第2位を誇ります。

省エネルギー製品としても優れているので、今後ニーズも更に高まっていくでしょう。

その他の事業

その他にもTHKでは、サービスロボット・医療、福祉・生活関連等の分野に使用される部品の製造も行っています。

こちらもそれぞれの分野の代表的な製品を見てみましょう。

サービスロボット:ロボットハンド、サービスロボット向けモータ制御ドライバコントローラ等

医療・福祉:クロスローラーリング、ボールスプライン、電動アクチュエータ、チェンジナット等

生活関連:リニアブッシュ、LMガイド等

医療・福祉分野ではレントゲン装置・血液自動分析装置・医療用X線CT装置等幅広く活用されています。

今後も対応できる分野を更に増やしていくと考えられます。

THKの歴史

ここで、THKのこれまでの歴史について簡単に振り返ってみましょう。

1971 東邦精工を設立する

1982 XYテーブルの製造販売を始める

1984 社名をTHKに変更する

1996 ボールリテーナ入りLMガイドの製造販売を始める

1998 リニアモータアクチュエータの製造販売を始める

2001 ローラーリテーナ入りLMガイドの製造販売を始める

THKが属するTHKグループとは?

THKグループは、THKインテックス、トークシステム、日本スライド工業等が属するグループです。

国内以外にも米州・欧州・アジアにグループ企業を保有し、それぞれが金属工作機械・精密工具・自動車部分品・金属製スライドサスペンション装置等の製造販売を行っています。

THKの採用情報

THKでは、現在新卒採用のみ行っています。

募集要項について詳しく見ていきましょう。

新卒採用

新卒採用では、現在以下の職種の募集を行っています。

技術系職種:研究、開発、設計、生産技術、品質保証、営業技術等

営業・管理系職種:営業、営業支援、マーケティング、広報、経理、財務、法務、特許、情報システム、資材調達、人事、総務等

選考は通常コース、チャレンジコース①・②に分けて行われます。

それぞれの違いは以下の通りです。

  • 通常コース:通常の選考
  • チャレンジコース①:学業・部活動・留学経験・アルバイト・資格取得・ボランティア活動等何かに打ち込んだ経験持ち、それらを評価してもらいたい方が対象
  • チャレンジコース②:研究・部活動・サークル・趣味等のものづくりに打ち込んだ経験を評価してもらいたい方が対象

通常コース、チャレンジコース①・②の選考フローも見ていきましょう。

通常コース:エントリー→会社セミナー→エントリーシートの提出→一次面接→適性検査→二次面接、筆記試験→最終面接

チャレンジコース①・②:エントリー→書類選考→エントリーシートの提出、適性検査→二次面接、筆記試験→最終面接

チャレンジコース①・②で受験する方も会社セミナーに自由に参加することができます。

予定を調整してなるべく参加するようにしましょう。

中途採用

残念ながら現在公式ホームページでは中途採用は行われていませんでしたが、機械設計職のみ転職サイトで募集されています。

語学力や資格等も特に求められませんが、3D-CADでの何らかの装置・生産設備の設計経験が必須となるようです。

また、これまでにTHKの製品「LMガイド」「ボールねじ」等に触れたことのある方は、積極的にアピールするようにしましょう。

その他の職種でTHKへの転職を考えている方も、まめに中途採用の募集がないか公式ホームページや転職サイトを確認するようにしておきましょう。

THKで求められる人材像

THKでは、「心の才能」「チャレンジスピリット」「リーダーシップ」を持つ人材を求めていると公式ホームページには記載されています。

それぞれについて更に詳しく見てみると、以下の通りとなっていました。

心の才能:何ごとにも常に前向きで、素直に受けとめ、他人や環境のせいにせず努力する資質

チャレンジスピリット・リーダーシップ:既存の組織に順応し役割を果たすだけではなく、自らが先頭に立って新たな課題に果敢に挑戦していく姿勢。高い目標を掲げ、失敗を恐れずに前に踏み出せる姿勢

「世にない新しいものを提案し、世に新しい風を吹き込み、豊かな社会作りに貢献する。」という理念からも、THKでは自発性・行動力・傾聴力を持つ努力家な人材を求めていることが分かります。

採用面接で自身のこれまでについて話す際にも、なるべくポジティブなキーワードをチョイスするようにし、前向きに話すよう心がけましょう。

THKに就職、転職するためには?

THKの面接では、一次面接・二次面接・最終面接全てで志望動機が訊かれます。

そのため、一貫性を持たせるよう気を付ける必要があります。

これまでの面接での質問内容も見てみましょう。

  • 就職活動を行う上での軸は何か
  • 失敗、挫折体験について
  • スポーツ経験はあるか
  • 同業他社について知っているか
  • 勝気、強気な性格であるか

同業他社についても訊かれるので、THKについてだけでなく他社についても同じように事業内容や製品等を研究しておく必要があるでしょう。

他社とTHKとで比較していく中で、よりTHKの魅力が分かり志望動機に厚みを持たせることができます。

THKの従業員数・平均年齢・勤続年数の推移

従業員数の推移

従業員数推移(THKと上場企業平均)

THK 上場企業平均
2019年 3,891人 1,035人
2018年 3,773人 1,071人
2017年 3,581人 1,042人
2016年 3,386人 1,055人
2015年 3,353人 1,055人

THKの従業員数は2019年で3,891人と、1年前と比べて118人の増加となりました。

全上場企業の平均従業員数が1,035人なので、それと比べて多い水準となります。

次にTHKと同じ機械業界内で従業員数を比較してみました。業界平均の従業員数が1,054人なので、それと比較しても多い規模の人数というのが分かります。

平均年齢の推移

平均年齢推移(THKと上場企業平均)

THK 上場企業平均
2019年 39.8歳 41歳
2018年 39.8歳 41歳
2017年 40.1歳 40歳
2016年 39.7歳 40歳
2015年 39.3歳 40歳

THKの平均年齢は2019年で39.8歳と、上場企業の平均と比べると若い水準となっています。

平均年齢を同じ機械業界内で比較してみました。業界平均が42歳のため、業界内で見ても若い水準となります。

平均勤続年数の推移

平均勤続年数推移(THKと上場企業平均)

THK 上場企業平均
2019年 17.3年 12年
2018年 17.1年 13年
2017年 17.5年 13年
2016年 17.8年 13年
2015年 17.4年 13年

THKの平均勤続年数は2019年で17.3年と、上場企業の平均と比べると長い水準となっています。

平均勤続年数も同じ機械業界内で比較してみます。業界の平均勤続年数が15.1年のため、業界内で見ても長い水準となります。

THKの業績推移

THKが、転職先・就職先として魅力的な会社かどうかを知るために、前期比の売上成長率や一人あたりの経常利益などを見ていきましょう。

※売上・従業員数は、各社の連結ではなく「単体」の数字を元に計算しています。

売上・経常利益と成長率

売上

売上成長率(前期比)

経常利益

売上 経常利益
2019年12月期 1361.9億円 157.5億円
2018年12月期 1863.1億円 390.5億円
2017年12月期 1234.0億円 207.6億円
2016年3月期 1261.3億円 160.7億円
2015年3月期 1327.9億円 273.8億円

まず、THKと上場企業平均の「売上」と「成長率」を見ていきます。

2019年12月期の売上は、THKが1361.9億円、上場企業平均が1120.3億円となっています。THKの売上は平均と比べて高い水準となっており、売上の前期比成長率を見ると、THKが26.9%の減少、上場企業平均が15.4%の増加となっているため、上場企業の中では成長率は平均以下な会社と言えます。

従業員一人あたり売上の推移

THK 上場企業平均
2019年12月期 3500万円 1.1億
2018年12月期 4938万円 9064万
2017年12月期 3446万円 9022万
2016年3月期 3725万円 9416万
2015年3月期 3960万円 9870万

次に、THKと上場企業平均の「従業員一人あたり売上」を見ていきます。

2019年12月期で見ると、THKは3500万円、上場企業平均が1.1億円となっています。

従業員一人あたり経常利益の推移

THK 上場企業平均
2019年12月期 405万円 788万
2018年12月期 1035万円 731万
2017年12月期 580万円 741万
2016年3月期 475万円 672万
2015年3月期 817万円 689万

「従業員一人あたり経常利益」についても見てみましょう。2019年12月期では、THKは405万円、上場企業平均が788万円となっています。

企業データ

会社名
THK株式会社
設立年月日
1971年4月10日
所在地
東京都港区芝浦2−12−10
エリア
東京  港区 
公式サイト
業界・業種
機械 
代表者名
寺町 彰博
上場市場
東証1部
上場年月日
1989年11月20日

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中