ジェイテクトの年収【2021年最新版】

ジェイテクトの年収は本当に高いの?実は歴史の長い企業だった?面接で準備しておくべきことはコレ!


ジェイテクトの平均年収

ジェイテクトの平均年収は、2021年で712.3万円です。ここ数年の平均年収はほぼ変わっておらず、安定的な企業であることが伺えます。ジェイテクトは自動車の部品を主力とし、工作機械やパワーアシストスーツを製造している企業です。従業員が11,914人と大規模な企業ですが、平均年齢は39.4歳と少々若いです。光洋精工と豊田工機が合併してできた企業という背景から、それぞれの文化が独立して存在しているような感覚を抱くかもしれません。上下関係が緩めなので、穏やかな雰囲気が漂っています。残業の有無は所属部署によって異なります。平均勤続年数が15.5年とそこそこな定着率となっています。

ジェイテクトの平均年収概要

平均年収: 712.3万円 上昇傾向
平均年齢
39.4歳
平均勤続年数
15.5年
従業員数
11,914人

ジェイテクトの平均年収推移

平均年収推移(ジェイテクトと上場企業平均)

ジェイテクトの平均年収推移は、上昇傾向です。前期比で見ると11.0万円増加しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は702.8万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

ジェイテクトの平均年収推移(2015年〜2019年)

ジェイテクトの平均年収 年収
2019年 712万円
2018年 701万円
2017年 699万円
2016年 699万円
2015年 703万円

業界内やエリア内でのジェイテクトのランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
815位
3737社
全国の上場企業の平均年収より99.8万円高い

全国の平均年収より280.1万円高い
ジェイテクトの平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
712.3万 612.5万 432.2万

ジェイテクトの平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると99.8万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると280.1万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中815位と高い順位となります。

機械業界内での比較

業界内順位
49位
231社
機械業界の平均年収より80.3万円高い
ジェイテクトの平均年収 機械業界の平均年収
712.3万 632.0万

ジェイテクトが属する機械業界の上場企業の平均年収は632.0万円です。 そのため、ジェイテクトの年収は業界平均と比べて80.3万円高く、業界内順位を見ると231社中49位と高い順位となります。

愛知県内での比較

エリア内順位
30位
222社
愛知県の平均年収より131.7万円高い
ジェイテクトの平均年収 愛知県の平均年収
712.3万 580.6万

ジェイテクトの所在地がある愛知県の上場企業の平均年収は580.6万円です。 そのため、ジェイテクトの年収はエリア平均と比べて131.7万円高く、エリア内順位を見ると222社中30位と高い順位となります。

ジェイテクトではボーナスはどれくらい貰える?

ジェイテクトでは7月と12月の年2回、ボーナスが支給されています。

ボーナスの平均支給額は約98万円〜270万円、男女差は最大で約50万円、ピークは50歳代となります。

ジェイテクトほどの大手企業としては、ボーナスの平均支給額が低い印象を受けます。

口コミによるとボーナスは平均で年間5ヶ月分支給されるようで、残業代を含めると40歳〜50歳代で年収800万円も期待できるようです。

ジェイテクトの職種別の年収

職種別の年収を比較してみると、一般職の平均年収は約500万円〜720万円、技術職は約480万円〜710万円、総合職は約620万円〜1010万円となっています。

1000万円を超えられるのは総合職のみで、一般職と技術職に関しては出世をしない限りは平均年収に届かないこともあるようです。

学歴別の初任給を比較してみると、修士了は229,000円、大学卒は207,000円、高専卒は181,000円となっています。

大手企業としては初任給が一般企業並み、もしくは少し低い金額と言えるでしょう。

ジェイテクトでは出世するとどれくらいの年収が貰える?

出世後の年収を比較してみると、主任の平均年収は約650万円〜720万円、係長は約690万円〜800万円、課長は約900万円〜1060万円、部長は約1070万円〜1320万円となっています。

ジェイテクトでは、係長の役職までは残業代が支払われるため、昼勤夜勤がある人は頑張りによって1000万円に届く可能性もあるようです。

また、部長以降は年俸制となるため、1000万円以上の年収は約束されています。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中