豊田通商の年収【2020年最新版】

ボーナス・初任給・職種別や役職別の年収情報、就職情報などをまとめました!


豊田通商の平均年収は950万円~1000万円ほどで安定しており、2020年には1097.0万円となりました。この数値は過去10年間で最も高い数値です。豊田通商はトヨタグループの総合商社です。自動車を中心に化学品やエネルギー・プラントなどを世界中と取引しています。従業員数は2,744人で、平均年齢は41.9歳。若手でも責任の強い仕事を任せられることがある企業です。海外赴任になる可能性もあり、グローバルな仕事となっています。また、平均勤続年数は16.3年と長めです。残業禁止であったり土日が休めたりとワークライフバランスがとりやすいため、メリハリをつけて働ける環境です。

豊田通商の平均年収概要

平均年収: 1097.0万円 上昇傾向
平均年齢
41.9歳
平均勤続年数
16.3年
従業員数
2,744人

豊田通商の平均年収推移

平均年収推移(豊田通商と上場企業平均)

豊田通商の平均年収推移は、上昇傾向です。前期比で見ると45.2万円増加しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は1018.9万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

豊田通商の平均年収推移(2015年〜2019年)

豊田通商の平均年収 年収
2019年 1097万円
2018年 1052万円
2017年 998万円
2016年 953万円
2015年 995万円

業界内やエリア内での豊田通商のランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
68位
3737社
全国の上場企業の平均年収より484.5万円高い

全国の平均年収より664.8万円高い
豊田通商の平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
1097.0万 612.5万 432.2万

豊田通商の平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると484.5万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると664.8万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中68位と高い順位となります。

商社・卸売業界内での比較

業界内順位
8位
330社
商社・卸売業界の平均年収より471.0万円高い
豊田通商の平均年収 商社・卸売業界の平均年収
1097.0万 626.0万

豊田通商が属する商社・卸売業界の上場企業の平均年収は626.0万円です。 そのため、豊田通商の年収は業界平均と比べて471.0万円高く、業界内順位を見ると330社中8位と高い順位となります。

愛知県内での比較

エリア内順位
2位
222社
愛知県の平均年収より516.4万円高い
豊田通商の平均年収 愛知県の平均年収
1097.0万 580.6万

豊田通商の所在地がある愛知県の上場企業の平均年収は580.6万円です。 そのため、豊田通商の年収はエリア平均と比べて516.4万円高く、エリア内順位を見ると222社中2位と高い順位となります。

豊田通商ではボーナスはどれくらい貰える?

平均年収が1096万円の豊田通商ですが、その内ボーナスはいくらくらいなのでしょうか。

口コミによると、ボーナスは年2回(7月と12月)支給され、平均80〜380万円程度のようです。

業績が好調だったり、役職に就いたりすると、より多くのボーナスが見込めるでしょう。

豊田通商の職種別の年収

では、豊田通商の職種別の年収はどうでしょうか?

豊田通商のウェブサイトによると、2017年4月より総合職と一般職という職域の区別を撤廃したようですが、以前の名残としてまだ職種による年収差はあることが予想されるため、ここでは総合職・一般職・技術職に分けてご紹介します。

口コミによると、職種別の平均年収は総合職650万円~1450万円、一般職600万円~1100万円、技術職600万円~1100万円です。

総合商社ということもあって、総合職の年収が最も高い傾向にあることは肯けます。

なお、2020年に豊田通商より公表されている初任給としては、大学学部卒:月給 220,000円+住宅手当 20,000円、六年制大学学部卒・大学院卒:月給 255,000円+住宅手当 20,000円です。

豊田通商では出世するとどれくらいの年収が貰える?

続いて、気になる役職別の平均年収もご紹介します。

口コミを参考にして算出したところ、主任900万円〜1100万円、係長960万円〜1215万円、課長1260万円〜1625万円、部長1600万円〜2030万円程度の平均年収を貰っていると考えられます。

部長に出世するまで、長い道のりではありそうですが、魅力的な年収ですね。

豊田通商の社長や役員の年収

職種別の年収や、役職別の年収について分かったところで、豊田通商の社長や役員の年収についてもご紹介します。

有価証券報告書によると取締役会長の加留部 淳氏の年収は1億2000万円、取締役社長の貸谷 伊知郎氏の年収は1億900万円です。

なお、同報告書によると、社外取締役を除く取締役は6990万円、社外監査役を除く監査役は2766万円、社外役員は1077万円となっています。

さすが、大企業ということもあり、取締役会長・社長は1億円以上の年収があることが分かりました。

競合他社と豊田通商の年収比較

豊田通商を含め、「7大総合商社」に含まれる三菱商事伊藤忠商事三井物産などの年収と、豊田通商の年収を比較してみましょう。

各会社の有価証券報告書によると平均年収は三菱商事1607万円、伊藤忠商事1520万円、三井物産1430万円となっています。

他の競合他社と比べると豊田通商の年収は及びませんが、上場企業の平均年収ランキングでもトップ100の常連であり、日本企業の一般的な年収と比べると高水準であることが分かります。

豊田通商の平均年収が高い理由

では、なぜ豊田通商の平均年収は高いのでしょうか?

やはり、経営状況が良好なことが大きな要因と言えるでしょう。

例えば豊田通商の営業活動に係る利益を見ていくと、2017年1336億円、2018年1826億円、2019年2151億円と右肩上がりで成長していることが分かります。

このような経営状況によって、豊田通商の平均年収は高いのだと考察できます。

豊田通商の事業内容

では、総合商社である豊田通商は、どのような事業を展開しているのでしょうか。

非常に多角的な事業展開を行っていますが、大まかにご紹介すると、下記のような事業を展開しています。

主な事業

鋼や非鉄金属地金などの金属部品・加工、自動車用の部品、物流、タイヤ組付事業などのグローバル部品・ロジスティクス、世界各国への自動車の輸出や自動車の販売周辺事業、機械・エネルギー・プラントプロジェクト、化学品・エレクトロニクス、食料・生活産業などを、主な事業として展開しています。

その他の事業

その他の事業として、CSRの一環ではアフリカをはじめとした発展途上国での事業展開、クリーンエネルギーなどの技術革新、廃棄物の資源化、交通事故での死傷者をゼロにするモビリティ社会実現のための事業などにも取り組んでいます。

より良い社会の創造のために、企業として努めている姿が伺えます。

豊田通商の歴史

多角的且つ国際的に事業を展開している豊田通商ですが、その沿革はどのようなものでしょうか。

豊田通商の主な歴史をご紹介しましょう。

  • 1936年 豊田通商の前身「トヨタ金融株式会社」設立
  • 1948年 豊田通商設立
  • 1961年 名古屋証券取引所市場第二部に上場
  • 1964年 トヨタ車の国外輸出を開始
  • 1977年 東京証券取引所市場第一部に上場
  • 1985年 東京本社と名古屋本社の2本社制とする
  • 1999年 加商株式会社と業務提携
  • 2000年 株式会社トーメンと資本・業務提携し、加商株式会社と合併
  • 2006年 株式会社トーメンと合併
  • 2012年 株式会社ユーラスエナジーホールディングスを子会社化、フランス商社CFAO S.A.に資本参画
  • 2016年 CFAO SASを完全子会社化

豊田通商が属するトヨタグループとは?

15社以上の企業からなるトヨタグループですが、今回ご紹介している豊田通商を始めとして、トヨタ自動車、豊田自動織機、愛知製鋼、ジェイテクト、トヨタ車体、アイシン精機などの企業が所属しています。

創業者の豊田家では、「一代一事業」がモットーとされていたようで、そういった事業を分社化してきた側面もあるようです。

豊田通商の採用情報

就職先として魅力的な大手総合商社の豊田通商。

一体どのような採用を行っているのでしょうか。

豊田通商の採用の種類として、新卒採用・中途採用・海外現地法人採用があります。

ここでは、新卒採用と中途採用について細かくご説明していきます。

新卒採用

新卒採用では、学部・学科を問わず、四年制(六年制)大学または大学院を卒業・修了予定の方を新卒採用の対象者としています。

採用枠としては、国内外問わず転勤を伴うグローバル職と、転勤のない地域限定職に分けられますが、2021年卒業者に向けた新卒採用ではグローバル職のみが募集されている状況であり、地域限定職は毎年募集されているわけではないようです。

また、入社後に所定の条件を満たせば、グローバル職と地域限定職は相互に移行可能です。

採用の流れとしては、エントリーシート提出 > 筆記試験 > 数回の面接 > 内々定 となります。

就職活動中の方は、採用ウェブサイトのマイページ登録からエントリーを始めましょう。

中途採用

中途採用に関しては、常に募集をしているわけではないようです。

中途採用をご検討中の方は、こまめに中途採用者向けのウェブサイトをチェックしましょう。

なお、新卒採用とは異なり中途採用の流れとしては、応募 > 書類選考 > 適正検査 > 数回の面接 > 最終面接 > 内定 となります。

入社時は東京本社または名古屋本社での勤務となりますが、グループ会社への出向を含む全国各地および海外での勤務の可能性もあります。

豊田通商で求められる人材像

採用情報については上記でご紹介した通りですが、では、豊田通商ではどのような人材が求められているのでしょうか。

豊田通商は総合商社ということもあり、すでにご紹介した通り、展開している事業が多岐にわたり、時代の変化にも大きな影響を受けます。

また、新しいチャレンジングな課題にも沢山ぶつかることでしょう。

このような背景があるからか豊田通商は、どのような変化にも挑むことができ、自らの力で未来を切り拓いていくことのできる人を求めているようです。

豊田通商に就職、転職するためには?

では、豊田通商に就職・転職するためには、どうしたら良いでしょうか?

下記のような視点で積極的に就職・転職情報を集めていくことが重要であると考えられます。

豊田通商は新卒採用者向けにキャリア支援イベントの一環として、ワークショップやインターンシップ等を定期的に開催しています。

日頃から情報収集に努めることで、ぜひこのような機会を逃さず、社風や業務内容について知り、自分が望むキャリアプランと会社の理念が一致するか、考えてみましょう。

また、中途採用については常に募集しているわけではなく、転職は狭き門だと言えるでしょう。

定期的な情報収集を怠らず、自分の経験職種や取得資格が募集要項を満たしているか、確認しましょう。

海外転勤の可能性もあるため、自らのアピールポイントとして語学力を磨いて置くことも、採用決定に近づく一歩となるかもしれません。

豊田通商の従業員数・平均年齢・勤続年数の推移

従業員数の推移

従業員数推移(豊田通商と上場企業平均)

豊田通商 上場企業平均
2019年 2,744人 1,035人
2018年 2,721人 1,071人
2017年 2,689人 1,042人
2016年 2,829人 1,055人
2015年 2,853人 1,055人

豊田通商の従業員数は2019年で2,744人と、1年前と比べて23人の増加となりました。

全上場企業の平均従業員数が1,035人なので、それと比べて多い水準となります。

次に豊田通商と同じ商社・卸売業界内で従業員数を比較してみました。業界平均の従業員数が486人なので、それと比較しても多い規模の人数というのが分かります。

平均年齢の推移

平均年齢推移(豊田通商と上場企業平均)

豊田通商 上場企業平均
2019年 41.9歳 41歳
2018年 41.5歳 41歳
2017年 41.2歳 40歳
2016年 41.1歳 40歳
2015年 40.8歳 40歳

豊田通商の平均年齢は2019年で41.9歳と、上場企業の平均と比べると年齢が高い水準となっています。

平均年齢を同じ商社・卸売業界内で比較してみました。業界平均が41歳のため、業界内で見ても年齢が高い水準となります。

平均勤続年数の推移

平均勤続年数推移(豊田通商と上場企業平均)

豊田通商 上場企業平均
2019年 16.3年 12年
2018年 16.0年 13年
2017年 15.8年 13年
2016年 15.6年 13年
2015年 15.4年 13年

豊田通商の平均勤続年数は2019年で16.3年と、上場企業の平均と比べると長い水準となっています。

平均勤続年数も同じ商社・卸売業界内で比較してみます。業界の平均勤続年数が13.2年のため、業界内で見ても長い水準となります。

豊田通商の業績推移

豊田通商が、転職先・就職先として魅力的な会社かどうかを知るために、前期比の売上成長率や一人あたりの経常利益などを見ていきましょう。

※売上・従業員数は、各社の連結ではなく「単体」の数字を元に計算しています。

売上・経常利益と成長率

売上

売上成長率(前期比)

経常利益

売上 経常利益
2019年3月期 3兆5356.7億円 862.4億円
2018年3月期 3兆8183.9億円 836.4億円
2017年3月期 3兆4784.0億円 700.4億円
2016年3月期 3兆6180.9億円 519.1億円
2015年3月期 4兆764.3億円 408.5億円

まず、豊田通商と上場企業平均の「売上」と「成長率」を見ていきます。

2019年3月期の売上は、豊田通商が3兆5356.7億円、上場企業平均が1120.3億円となっています。豊田通商の売上は平均と比べて高い水準となっており、売上の前期比成長率を見ると、豊田通商が7.4%の減少、上場企業平均が15.4%の増加となっているため、上場企業の中では成長率は平均以下な会社と言えます。

従業員一人あたり売上の推移

豊田通商 上場企業平均
2019年3月期 12.9億円 1.1億
2018年3月期 14.0億円 9064万
2017年3月期 12.9億円 9022万
2016年3月期 12.8億円 9416万
2015年3月期 14.3億円 9870万

次に、豊田通商と上場企業平均の「従業員一人あたり売上」を見ていきます。

2019年3月期で見ると、豊田通商は12.9億円、上場企業平均が1.1億円となっています。 そのため豊田通商は上場企業の中では従業員あたりの付加価値が高い優良な企業と言えます。

従業員一人あたり経常利益の推移

豊田通商 上場企業平均
2019年3月期 3143万円 788万
2018年3月期 3074万円 731万
2017年3月期 2604万円 741万
2016年3月期 1835万円 672万
2015年3月期 1432万円 689万

「従業員一人あたり経常利益」についても見てみましょう。2019年3月期では、豊田通商は3143万円、上場企業平均が788万円となっています。 そのため豊田通商は上場企業の中では効率的に運営できている会社と言えます。

企業データ

会社名
豊田通商株式会社
設立年月日
1948年7月1日
所在地
名古屋市中村区名駅4−9−8 センチュリー豊田ビル
エリア
愛知 
業界・業種
代表者名
貸谷 伊知郎
上場市場
東証1部、名証1部
上場年月日
1961年10月

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2020年5月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中