グローリーの年収【2021年最新版】

気になるボーナス支給額、経営状況は?詳細な採用情報も公開。就活成功への道標!


グローリーの平均年収

グローリーの平均年収は、2021年は703.5万円で前期に比べて下降傾向でした。機械業界内では57位の平均年収です。グローリーは金融機関向けの機器を開発・製造している企業です。グローリーは兵庫県の地元に根付いた企業で、挑戦的な社風を持っています。しかし、経営は安定しているため、将来の安定性があると言っても良いでしょう。有給取得率100%、残業カットの風潮があり、会社をあげてライフワークバランスの向上を図っています。平均勤続年数は19.9年と企業全体の平均から見ても高い定着率となっています。

グローリーの平均年収概要

平均年収: 703.5万円 下降傾向
平均年齢
43.5歳
平均勤続年数
19.9年
従業員数
3,447人

グローリーの平均年収推移

平均年収推移(グローリーと上場企業平均)

グローリーの平均年収推移は、下降傾向です。前期比で見ると11.0万円減少しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は703.4万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

グローリーの平均年収推移(2015年〜2019年)

グローリーの平均年収 年収
2019年 703万円
2018年 714万円
2017年 713万円
2016年 689万円
2015年 698万円

業界内やエリア内でのグローリーのランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
873位
3737社
全国の上場企業の平均年収より91.0万円高い

全国の平均年収より271.3万円高い
グローリーの平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
703.5万 612.5万 432.2万

グローリーの平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると91.0万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると271.3万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中873位と高い順位となります。

機械業界内での比較

業界内順位
57位
231社
機械業界の平均年収より71.5万円高い
グローリーの平均年収 機械業界の平均年収
703.5万 632.0万

グローリーが属する機械業界の上場企業の平均年収は632.0万円です。 そのため、グローリーの年収は業界平均と比べて71.5万円高く、業界内順位を見ると231社中57位と高い順位となります。

兵庫県内での比較

エリア内順位
11位
108社
兵庫県の平均年収より114.3万円高い
グローリーの平均年収 兵庫県の平均年収
703.5万 589.2万

グローリーの所在地がある兵庫県の上場企業の平均年収は589.2万円です。 そのため、グローリーの年収はエリア平均と比べて114.3万円高く、エリア内順位を見ると108社中11位と高い順位となります。

グローリーではボーナスはどれくらい貰える?

グローリーでのボーナス支給は年2回、6月と12月。

ボーナスの総支給額は、おおよそ100万円〜225万円です。

口コミによると、50歳代で最も高額なボーナスが支給される傾向にあります。

グローリーの職種別の年収

グローリーの職種別の年収は下記の通りです。

総合職:約650万円~1015万円

一般職:約420万円~725万円

技術職:約400万円~715万円

なお、学歴別の初任給(月額)についても調べてみました。

大学院卒:約226,500円~236,500円

大学・高専専攻科卒:約21,0500円~217,500円

高専・短大・専門卒:約176,000円~194,000円

初任給は学歴によって差がありますが、入社後の職務や昇給・昇格は学歴による差はないようです。

グローリーでは出世するとどれくらいの年収が貰える?

口コミによると、未だ年功序列の社風であるグローリー。

出世した場合の年収を調べてみました。

係長クラス:約750万円~800万円

課長クラス:約900万円~1055万円

部長クラス:約1035万円~1300万円

上記のように、部長クラスになると、約1000万円以上の年収である可能性が高そうです。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中