タダノの年収【2022年最新版】(3ページ目)

創業100年以上!日本初の製品も多数輩出してきたクレーンのリーディングカンパニー!出世するために心がけるべきこととは?


タダノの採用情報

タダノでは、現在新卒採用・キャリア採用をそれぞれ行っています。

募集職種や選考について見ていきましょう。

新卒採用

新卒採用では、現在理系職種・文系職種とで以下の職種の募集を行っています。

  • 理系職種:技術系総合職(研究・開発・生産技術・購買・品質管理・生産管理)、サービスエンジニア職
  • 文系職種:事務系総合職(営業、経営企画、経理、総務、人事、ICT)

文系職種は学部・学科に制限はありませんが、理系職種は機械・制御・電気・電子・精密機械・生産機械・産業機械・交通機械・材料等の学部・学科に所属する方が募集対象となります。

理系職種の場合機械・電子・電気・制御・システム工学等の基礎知識を確認されるようなので、きちんと見直しておく必要があります。

選考は、エントリー→エントリーシートの提出→エントリーシートの選考→面接(複数回)・適性検査の順で行われます。

しっかり準備をした上で臨みましょう。

キャリア採用

キャリア採用では、現在以下の職種の募集がありました。

  • 開発職:構造・機構研究、画像解析、デザイン、パワートレイン、制御、ソフトウェアテスト、テレマティクス、カトロニクス等
  • サービスエンジニア職
  • 企画スタッフ職:SE、経理

職種ごとに求められる経験や必要とされるスキル等も異なるため、予め確認する必要があります。

採用に関しての問い合わせは電話・メール・問い合わせフォームからそれぞれできるので、応募したい職種や疑問点等がある場合連絡を取るようにしましょう。

タダノで求められる人材像

タダノが求める人材像として、技術系総合職及びサービスエンジニア職に関してはリクナビに以下のように記載されていました。

  • 技術系総合職:機械が好き、そして好奇心と学習意欲旺盛な積極性のある方
  • サービスエンジニア職:理系の学部学科、機械が好き、人と話すのが好きという方

経営理念として「創造・奉仕・協力」を掲げていること等からも、タダノではコミュニケーション能力・協調性等を持ち、向学で好奇心旺盛な人材を求めていると推測できます。

タダノに就職、転職するためには?

タダノの面接では、エントリーシートに記載したことに関してはほぼ深く訊かれるようです。

学生時代のことやアルバイト経験等についても深堀されるので、丁寧に自己分析をし振り返っておく必要があります。

過去の面接での質問内容は以下の通りです。

  • 自身のアピールポイントについて
  • 海外経験について、またどの国に行きたいか
  • 今一番興味のあることは何か
  • 自身の一番大切なものは何か
  • 学生時代に何に打ち込んだか

また、面接は複数回行われるものの質問内容はあまり変わらなかったとの声も見られました。

自分の軸がぶれないよう一貫性を意識しましょう。

タダノの従業員数・平均年齢・勤続年数の推移

従業員数の推移

従業員数推移(タダノと上場企業平均)

タダノ 上場企業平均
2019年 1,428人 1,035人
2018年 1,428人 1,071人
2017年 1,433人 1,042人
2016年 1,505人 1,055人
2015年 1,469人 1,055人

タダノの従業員数は2019年で1,428人と、1年前と比べて同じ人数となりました。

全上場企業の平均従業員数が1,035人なので、それと比べて多い水準となります。

次にタダノと同じ機械業界内で従業員数を比較してみました。業界平均の従業員数が1,054人なので、それと比較しても多い規模の人数というのが分かります。

平均年齢の推移

平均年齢推移(タダノと上場企業平均)

タダノ 上場企業平均
2019年 42.0歳 41歳
2018年 42.0歳 41歳
2017年 42.0歳 40歳
2016年 42.0歳 40歳
2015年 42.3歳 40歳

タダノの平均年齢は2019年で42.0歳と、上場企業の平均と比べると年齢が高い水準となっています。

平均年齢を同じ機械業界内で比較してみました。業界平均が42歳のため、業界内で見ても年齢が高い水準となります。

平均勤続年数の推移

平均勤続年数推移(タダノと上場企業平均)

タダノ 上場企業平均
2019年 16.9年 12年
2018年 17.1年 13年
2017年 17.2年 13年
2016年 16.3年 13年
2015年 16.4年 13年

タダノの平均勤続年数は2019年で16.9年と、上場企業の平均と比べると長い水準となっています。

平均勤続年数も同じ機械業界内で比較してみます。業界の平均勤続年数が15.1年のため、業界内で見ても長い水準となります。

タダノの業績推移

タダノが、転職先・就職先として魅力的な会社かどうかを知るために、前期比の売上成長率や一人あたりの経常利益などを見ていきましょう。

※売上・従業員数は、各社の連結ではなく「単体」の数字を元に計算しています。

売上・経常利益と成長率

売上

売上成長率(前期比)

経常利益

売上 経常利益
2019年3月期 1448.3億円 158.2億円
2018年3月期 1339.4億円 140.6億円
2017年3月期 1333.1億円 147.5億円
2016年3月期 1607.1億円 267.9億円
2015年3月期 1578.0億円 255.1億円

まず、タダノと上場企業平均の「売上」と「成長率」を見ていきます。

2019年3月期の売上は、タダノが1448.3億円、上場企業平均が1120.3億円となっています。タダノの売上は平均と比べて高い水準となっており、売上の前期比成長率を見ると、タダノが8.1%の増加、上場企業平均が15.4%の増加となっているため、上場企業の中では成長率は平均以下な会社と言えます。

従業員一人あたり売上の推移

タダノ 上場企業平均
2019年3月期 1.0億円 1.1億
2018年3月期 9380万円 9064万
2017年3月期 9303万円 9022万
2016年3月期 1.1億円 9416万
2015年3月期 1.1億円 9870万

次に、タダノと上場企業平均の「従業員一人あたり売上」を見ていきます。

2019年3月期で見ると、タダノは1.0億円、上場企業平均が1.1億円となっています。

従業員一人あたり経常利益の推移

タダノ 上場企業平均
2019年3月期 1108万円 788万
2018年3月期 985万円 731万
2017年3月期 1029万円 741万
2016年3月期 1780万円 672万
2015年3月期 1736万円 689万

「従業員一人あたり経常利益」についても見てみましょう。2019年3月期では、タダノは1108万円、上場企業平均が788万円となっています。 そのためタダノは上場企業の中では効率的に運営できている会社と言えます。

企業データ

会社名
株式会社タダノ
設立年月日
1948年8月24日
所在地
高松市新田町甲34
エリア
香川 
公式サイト
業界・業種
機械 
代表者名
多田野 宏一
上場市場
東証1部
上場年月日
1962年9月

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2022年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中