栗田工業の年収【2022年最新版】(3ページ目)

年収が高い理由とは?業績が好調な秘密とは?求められる人材像を徹底紹介!


栗田工業の採用情報

栗田工業では、新卒採用、キャリア採用にて募集を行っています。

新卒採用

新卒採用では、プラント技術営業・薬品技術営業・土壌浄化技術営業・メンテナンス営業・プラント技術開発・薬品技術開発・土壌浄化技術開発・機械・電気制御の計画設計・生産設計・施工管理・研究開発にて募集を行っています。

勤務地は、本社のある東京の中野および全国各地の支社・支店・営業所・開発センター・エンジニアセンターのいずれかになります。

選考方法は、エントリー→エントリーシート提出・適性検査受検→面接(3回)→内々定です。

キャリア採用

キャリア採用では、プラント技術営業・薬品技術営業・土壌浄化技術営業・メンテナンス営業・プラント技術開発・薬品技術開発・土壌浄化技術開発・機械・電気制御の計画設計・生産設計・施工管理・研究開発にて募集を行っています。

勤務地は、本社のある東京の中野および全国各地の支社・支店・営業所・開発センター・エンジニアセンターのいずれかになります。

選考方法は、エントリー→エントリーシート提出→面接(3回)→内々定です。

栗田工業で求められる人材像

栗田工業では、求める人材像について以下のように語っています。

  • 専門性を高め、ものづくりにこだわる人
  • 自分に枠を設けず、可能性を広げてゆける人
  • 人にしてもらうのではなく、進む道を自ら切り開く人

水は人が生きていく上で欠かせない物であり、今後も技術的・営業的にグローバル化が加速します。

日本国内はもちろん海外でも安心して販売できるよう、長年培ってきた高い水処理技術を世界に広げていくためには、使命感と責任感を持って仕事に向かう姿勢が大切です。

常に勉強が必要な業界ですが、「挑戦」する姿勢を忘れずに、会社と共に世界を舞台に勝負してくれるたくましい人材を求めています。

栗田工業に就職、転職するためには?

栗田工業の面接は、非常に和やかな雰囲気の中で行われます。

質問内容としては、「志望動機」「企業研究について」「栗田工業に就職したい理由は何か」など、一般的なものが目立ちます。

栗田企業において、他社にない「強み」は何かを把握しておくため、他企業との比較・企業研究について学んでおきましょう。

中でもしっかり予習しておきたいのは、「自分の強みを生かして成功したことは何か」「ストレス発散方法は何か」「社会人になっても大切にして生きたいことは何か」「1年間で成長できたと感じたことは何か」「自分のスキルを栗田工業でどう活かすか」など、自身についての質問です。

自分のスキルや過去の経験を明確にし、入社後にどう活かしていくのか、キャリアプランを伝わりやすいようにまとめておきましょう。

栗田工業の従業員数・平均年齢・勤続年数の推移

従業員数の推移

従業員数推移(栗田工業と上場企業平均)

栗田工業 上場企業平均
2019年 1,549人 1,035人
2018年 1,516人 1,071人
2017年 1,536人 1,042人
2016年 1,528人 1,055人
2015年 1,527人 1,055人

栗田工業の従業員数は2019年で1,549人と、1年前と比べて33人の増加となりました。

全上場企業の平均従業員数が1,035人なので、それと比べて多い水準となります。

次に栗田工業と同じ機械業界内で従業員数を比較してみました。業界平均の従業員数が1,054人なので、それと比較しても多い規模の人数というのが分かります。

平均年齢の推移

平均年齢推移(栗田工業と上場企業平均)

栗田工業 上場企業平均
2019年 42.4歳 41歳
2018年 42.2歳 41歳
2017年 42.2歳 40歳
2016年 41.7歳 40歳
2015年 41.2歳 40歳

栗田工業の平均年齢は2019年で42.4歳と、上場企業の平均と比べると年齢が高い水準となっています。

平均年齢を同じ機械業界内で比較してみました。業界平均が42歳のため、業界内で見ても年齢が高い水準となります。

平均勤続年数の推移

平均勤続年数推移(栗田工業と上場企業平均)

栗田工業 上場企業平均
2019年 16.9年 12年
2018年 17.1年 13年
2017年 17.0年 13年
2016年 16.7年 13年
2015年 16.1年 13年

栗田工業の平均勤続年数は2019年で16.9年と、上場企業の平均と比べると長い水準となっています。

平均勤続年数も同じ機械業界内で比較してみます。業界の平均勤続年数が15.1年のため、業界内で見ても長い水準となります。

栗田工業の業績推移

栗田工業が、転職先・就職先として魅力的な会社かどうかを知るために、前期比の売上成長率や一人あたりの経常利益などを見ていきましょう。

※売上・従業員数は、各社の連結ではなく「単体」の数字を元に計算しています。

売上・経常利益と成長率

売上

売上成長率(前期比)

経常利益

売上 経常利益
2019年3月期 1315.6億円 168.3億円
2018年3月期 1287.0億円 162.1億円
2017年3月期 1195.6億円 164.1億円
2016年3月期 1195.1億円 187.7億円
2015年3月期 1195.7億円 171.5億円

まず、栗田工業と上場企業平均の「売上」と「成長率」を見ていきます。

2019年3月期の売上は、栗田工業が1315.6億円、上場企業平均が1120.3億円となっています。栗田工業の売上は平均と比べて高い水準となっており、売上の前期比成長率を見ると、栗田工業が2.2%の増加、上場企業平均が15.4%の増加となっているため、上場企業の中では成長率は平均以下な会社と言えます。

従業員一人あたり売上の推移

栗田工業 上場企業平均
2019年3月期 8493万円 1.1億
2018年3月期 8489万円 9064万
2017年3月期 7784万円 9022万
2016年3月期 7821万円 9416万
2015年3月期 7830万円 9870万

次に、栗田工業と上場企業平均の「従業員一人あたり売上」を見ていきます。

2019年3月期で見ると、栗田工業は8493万円、上場企業平均が1.1億円となっています。

従業員一人あたり経常利益の推移

栗田工業 上場企業平均
2019年3月期 1087万円 788万
2018年3月期 1069万円 731万
2017年3月期 1068万円 741万
2016年3月期 1228万円 672万
2015年3月期 1123万円 689万

「従業員一人あたり経常利益」についても見てみましょう。2019年3月期では、栗田工業は1087万円、上場企業平均が788万円となっています。 そのため栗田工業は上場企業の中では効率的に運営できている会社と言えます。

企業データ

会社名
栗田工業株式会社
設立年月日
1949年7月13日
所在地
東京都中野区中野4−10−1
エリア
東京 
公式サイト
業界・業種
機械 
代表者名
門田 道也
上場市場
東証1部
上場年月日
1961年10月

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2022年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中