ダイキン工業の年収【2021年最新版】

海外志向が強い人にオススメ!「空調メーカー世界トップクラス」ダイキンの企業情報を徹底解剖


ダイキン工業の平均年収

ダイキン工業の平均年収は、2021年で前期に比べて上昇傾向の741.3万円でした。機械業界内では31位の平均年収です。ダイキン工業は空調を専門に取り扱っているグローバル企業です。世界的にシェア率の高い製品を扱っているので、自分が手掛けた製品が世に広まるという意識から、やりがいを感じる人が多いようです。休みがとりやすいため、プライベートを充実させることができます。オフィスは清潔で、フリードリンクもあるため、ストレスフリーな環境で働けます。

ダイキン工業の平均年収概要

平均年収: 741.3万円 上昇傾向
平均年齢
39.0歳
平均勤続年数
15.0年
従業員数
7,254人

ダイキン工業の平均年収推移

平均年収推移(ダイキン工業と上場企業平均)

ダイキン工業の平均年収推移は、上昇傾向です。前期比で見ると1.3万円増加しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は725.2万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

ダイキン工業の平均年収推移(2015年〜2019年)

ダイキン工業の平均年収 年収
2019年 741万円
2018年 740万円
2017年 729万円
2016年 717万円
2015年 698万円

業界内やエリア内でのダイキン工業のランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
639位
3737社
全国の上場企業の平均年収より128.8万円高い

全国の平均年収より309.1万円高い
ダイキン工業の平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
741.3万 612.5万 432.2万

ダイキン工業の平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると128.8万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると309.1万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中639位と高い順位となります。

機械業界内での比較

業界内順位
31位
231社
機械業界の平均年収より109.3万円高い
ダイキン工業の平均年収 機械業界の平均年収
741.3万 632.0万

ダイキン工業が属する機械業界の上場企業の平均年収は632.0万円です。 そのため、ダイキン工業の年収は業界平均と比べて109.3万円高く、業界内順位を見ると231社中31位と高い順位となります。

大阪府内での比較

エリア内順位
83位
426社
大阪府の平均年収より115.5万円高い
ダイキン工業の平均年収 大阪府の平均年収
741.3万 625.8万

ダイキン工業の所在地がある大阪府の上場企業の平均年収は625.8万円です。 そのため、ダイキン工業の年収はエリア平均と比べて115.5万円高く、エリア内順位を見ると426社中83位と高い順位となります。

ダイキンではボーナスはどれくらい貰える?

ダイキンでは年2回(6月と12月)ボーナスが支給されています。

口コミによると総支給額は約90万円〜265万円です。

なお、50歳代で最も多くのボーナスを貰っている傾向にあります。

役職に就くと、より高額のボーナスを得ている可能性も。

ダイキンの職種別の年収

ダイキンの職種別の年収を調べたところ、総合職:600万円~1050万円、技術職:500万円~740万円、一般職:400万円~755万円程度でした。

一般的な企業と同様、総合職が最も多くの年収を貰っていることが分かります。

また、2019年の初任給の実績によると月給は、博士了:268,800円、修士了:244,800円、大学卒・高専専攻科卒:225,000円、高専・短大卒:197,000円でした。

ダイキンでは出世するとどれくらいの年収が貰える?

ダイキンは徐々に実力志向の評価制度に変わりつつあるようですが、基本的にはまだ年功序列の社風であることがうかがえます。

口コミによると、役職別の年収は、係長:720万円〜850万円、課長:945万円〜1100万円、部長:1150万円〜1370万円程度でした。

課長や部長クラスまで出世すると、1000万円以上の年収も見込めるようです。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中