巴工業の年収【2021年最新版】(2ページ目)

遠心分離機の国内シェアトップ!持続的成長を目指した取り組みの内容とは?選考で気を付けるべきポイントも解説!


巴工業の社長や役員の年収

2020年の有価証券報告書を確認しましたが、報酬が1億円を超える役員は存在しないとのことです。

またその他の役員の報酬については、社内取締役11名に対して総額2億2307万円で1人あたり2027万円、社内監査役2名に対して総額2890万円で1人あたり1445万円がそれぞれ支給されていました。

近年では中期経営計画として「将来のための変革」を掲げ、事業基盤の強化や企業価値の向上を図り課題に取り組んでいます。

それと同時に化学工業製品販売事業においてのグローバル展開も視野に入れており、現在東ヨーロッパ・ロシア・アフリカ等あらゆる国で事業活動を推進。

今後諸外国でも知名度を上げることにより確固たる事業・収益基盤を築き上げると考えられます。

役員の報酬の伸びしろにまだまだ期待できます。

競合他社と巴工業の年収比較

巴工業の競合会社として、三菱化工機等が挙げられます。

それぞれの年収を見てみると、巴工業は762万円、三菱化工機は714万円と、現時点では競合会社よりも年収が高いことが分かります。

機械業界の平均年収632.0万円と比較しても約129.8万円高く、業界内でも高水準です。

現在は主力製品である分離機器において新用途にも対応できるよう新たな技術の開発にも尽力。

素材や新製法の研究にも取り組んでいるので、今後高付加価値製品を生み出す可能性も充分あるため競合を更に引き離していくことも考えられます。

また現時点では未上場の松本機械製作所等も競合会社として挙げられるので、併せてチェックしておきましょう。

巴工業の平均年収が高い理由

2017年から2019年にかけての巴工業の売り上げ及び経常利益の推移を確認すると、売り上げは2017年で363.1億円、2018年で378.7億円、2019年で 375.3億円でした。

また経常利益は2017年で20.0億円、2018年で19.9億円、2019年で22.4億円となっていました。

それぞれ若干の変動はあるものの、直近3年間で売り上げは約12.2億円、経常利益は約2.4億円それぞれ上昇していることが分かります。

近年では新型コロナウイルスの影響を受け自動車・建材用途向け材料や樹脂原料・製品等の売り上げが下降したものの、電子材料分野において半導体製造用途向け商材の売り上げが上昇したこと等が業績を支えたため、社員にもその分還元できていると考えられます。

感染症の拡大により事業活動が抑制された分今後営業活動により力を入れて取り組む予定であるため、今後の業績次第で平均年収は更に伸びると予想できます。

巴工業が属する巴工業グループとは?

巴工業グループは、巴機械サービス、巴マシナリー、巴ワイン・アンド・スピリッツ、巴物流等の企業から成り立つグループです。

グループ企業では、機械機器の補修工事や遠心分離機等の工事、ケーシング・スクリューコンベア・回転筒等の特殊部品の製造、ワイン・洋酒の販売等、様々な事業を展開しています。

巴工業の採用情報

巴工業では現在、新卒採用・キャリア採用が行われています。

それぞれの募集職種や選考について確認していきましょう。

新卒採用

新卒採用では現在、営業系・技術系・生産系・事務系のそれぞれであらゆる職種の募集を行っています。

募集されている職種の例としては以下の通りです。

  • 機械系セールスエンジニア
  • 化学系セールスエンジニア
  • 設計・開発
  • 営業技術
  • 生産管理
  • 経理
  • 総務
  • 人事
  • 法務 等

文理は不問で全学部・学科を募集対象としており、新卒採用ページの募集要項には各職種の業務内容について簡単に記載されています。

同ページの「社員紹介」の項目でも社員の方の実際の業務内容について知ることができるので、併せて確認しておきましょう。

また、入社後は入社時教育・基礎能力習得期間等段階ごとに育成プログラムが用意されており、専門的な知識も基礎から身につけることが可能。

日本語文章力や英語力を向上させるプログラムだけでなく、プレゼンテーション等社会人として必要となることもきちんと勉強できるので安心です。

マイナビを参考にすると、選考はエントリー→エントリーシートの提出→適性テスト→個別面接(複数回)の順で行われます。

適性検査は筆記試験で、文章完成テストやSPIテストが実施されるとのこと。

過去に選考を受けた方の体験談を確認すると、適性検査の他にも面接後に英語の和訳テストがあったようです。

辞書の使用は可能であったとのことですが、予め市販のテキスト等を活用して英文に慣れておくと良いかもしれません。

キャリア採用

キャリア採用では現在、公式ホームページにて組立・製造職の募集が行われています。

応募する上で1年以上の組立・製造・加工・溶接・修繕等の機械製造に関連する実務経験の他、普通自動車免許(AT限定可)や玉掛けの資格等が必要となります。

クレーン運転士免許も保有していれば尚良いとされているので、資格を所有している方はもちろんのこと実務経験があるという方も選考の際にしっかりアピールしましょう。

また、転職サイトでは以下の職種の求人も掲載されています。

  • 化学品商材の法人営業
  • 半導体関連部材の原料営業
  • 工業関連材料の商社営業
  • 鉱産物の商社営業 等

どの職種も実務経験があることが必須となります。

職種によってはTOEIC500点~600点相当の英語力も求められるので、自身の語学力を客観的に示すことのできる資格や検定等を予め取得しておくと良いかもしれません。

上記の職種は転職サイト上で募集が行われているので、希望する方は早めに応募し求人を逃さないように注意しましょう。

巴工業で求められる人材像

新卒採用ページには、巴工業が求める人材像として以下の三つのポイントが記載されていました。

  • 主体性:絶えず自己成長を図り、チャレンジングな姿勢と目標達成意欲を持って、失敗を恐れることなく、やり抜ける人
  • 柔軟性:個性を尊重し、相手の立場に立った対応を心がけ、異なる考え方や変化を受容できる素直な心を持った人
  • 誠実性:高いモラルとコンプライアンス意識を有し、お客様、お取引先様、株主様、地域社会の方々、共に働く役員・社員等に、思いやりの心を持って誠意ある対応ができる人

またトップメッセージには「失敗を恐れずに挑戦し変化に立ち向かっていこうとする、そんな若い人材に期待します」「現在の自分のポジションを正しく理解し、目的意識を持って、結果を推測しながら遂行するスタンスは、私たちのビジネスに必要な基本姿勢です」等の文言が見られました。

これらのことから巴工業では、選考を通して向上心・挑戦心・実直さ・我慢強さ・計画性等を持っているかを見ていると考えられ、周囲に配慮しながら行動することができるか等も重要になると推測できます。

選考の際には「入社後どんな目標を持って自己成長を図りたいか」「これまでにどのようなことに挑戦してきたか、またその結果何を得たか」「周囲の人と良い関係性を築く上でどんなことを大切にしているか」等、具体的な話に基づいて自身の価値観や強みを伝えるようにしましょう。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年7月22日

SNSシェア用テキスト

表示準備中