奥村組の年収【2021年最新版】

創業100年以上の大手ゼネコン!気になるボーナス額は?求められる人材についても解説!


奥村組の平均年収

奥村組の平均年収は、2021年では986.7万円で前期に比べて上昇傾向。建設業界内では7位、全体では111位、大阪府内でも8位と高順位でした。奥村組は、志摩スペイン村やアンパンマンミュージアムの建設にも携わった大手建設会社です。東日本大震災発生当初から復旧・復興工事に貢献しています。福利厚生として、リゾートホテル等の契約施設も用意されているので、休暇中利用することも可能。会社が指定している一級建築士の資格取得にかかる諸費用全額助成制度があるのでスキルを磨くことができます。平均勤続年数17.4年と長く働ける企業です。

奥村組の平均年収概要

平均年収: 986.7万円 上昇傾向
平均年齢
43.3歳
平均勤続年数
17.4年
従業員数
2,003人

奥村組の平均年収推移

平均年収推移(奥村組と上場企業平均)

奥村組の平均年収推移は、上昇傾向です。前期比で見ると40.7万円増加しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は874.7万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

奥村組の平均年収推移(2015年〜2019年)

奥村組の平均年収 年収
2019年 987万円
2018年 946万円
2017年 849万円
2016年 811万円
2015年 780万円

業界内やエリア内での奥村組のランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
111位
3737社
全国の上場企業の平均年収より374.2万円高い

全国の平均年収より554.5万円高い
奥村組の平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
986.7万 612.5万 432.2万

奥村組の平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると374.2万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると554.5万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中111位と高い順位となります。

建設業界内での比較

業界内順位
7位
167社
建設業界の平均年収より280.1万円高い
奥村組の平均年収 建設業界の平均年収
986.7万 706.6万

奥村組が属する建設業界の上場企業の平均年収は706.6万円です。 そのため、奥村組の年収は業界平均と比べて280.1万円高く、業界内順位を見ると167社中7位と高い順位となります。

大阪府内での比較

エリア内順位
8位
426社
大阪府の平均年収より360.9万円高い
奥村組の平均年収 大阪府の平均年収
986.7万 625.8万

奥村組の所在地がある大阪府の上場企業の平均年収は625.8万円です。 そのため、奥村組の年収はエリア平均と比べて360.9万円高く、エリア内順位を見ると426社中8位と高い順位となります。

奥村組ではボーナスはどれくらい貰える?

奥村組では夏と冬の年2回ボーナスが支給されます。

平均支給額は約120万円~300万円です。

多い年には約7.5ヶ月分のボーナスが得られるため、やりがいが大きいと感じている社員も見られました。

奥村組の職種別の年収

奥村組の年収を職種別に見てみましょう。

一般職:約350万円~940万円

技術職:約450万円~920万円

総合職:約750万円~1310万円

一般職・技術職でも1000万円ちかい年収を得られることが分かりました。

年に一度4月には昇給もあるため、成績や勤務年数に合わせてベースアップができると考えられます。

奥村組では出世するとどれくらいの年収が貰える?

奥村組で出世した場合の年収は以下の通りです。

係長クラス:約925万円~1050万円

課長クラス:約1185万円~1405万円

部長クラス:約1335万円~1760万円

奥村組は女性活躍推進活動にも積極的に取り組んでおり、研修や自己啓発制度も充実。

女性管理職比率の推移も2018年で1.8%、2019年で1.9%、2020年で2.6%と少しずつ上昇しています。

今後更に社内環境が整備され、女性もキャリアアップを目指せる環境となるでしょう。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中