DOWAホールディングスの年収【2021年最新版】(2ページ目)

国内外でシェアNo.1を誇る製品を数々展開する大手企業!求めているのは「自律型人材」?面接前に準備しておくべきこととは?


DOWAホールディングスの社長や役員の年収

2020年の有価証券報告書を確認しましたが、報酬が1億円を超える役員は存在しないとのことでした。

またその他の役員の報酬については、社内取締役6名に対して総額3億1500万円で1人あたり5250万円、社内監査役1名に対して2600万円が支給されていました。

現在は各事業での更なるシェアの拡大及び新規事業の展開のため尽力しているので、役員の報酬の伸びしろはまだまだあると言えます。

競合他社とDOWAホールディングスの年収比較

DOWAホールディングスの競合会社として、住友金属鉱山日本軽金属ホールディングス等が挙げられます。

それぞれの年収を見てみると、DOWAホールディングスは828万円、住友金属鉱山は820万円、日本軽金属ホールディングスは1044万円と、現時点では日本軽金属ホールディングスには及びませんでした。

しかし、非鉄金属業界の平均年収637.9万円と比較すると約189.6万円も高く、業界内でも水準は高いと言えます。

銀粉・高純度ガリウム・磁気記録材料等世界シェアNo.1を誇る製品の他に、国内シェアトップを占める製品も多数展開しているため今後年収は更に上昇し、競合を超える可能性があると考えられます。

DOWAホールディングスの平均年収が高い理由

DOWAホールディングスの2017年から2019年にかけての売り上げ及び経常利益の推移を見てみると、売り上げは2017年で170.4億円、2018年で189.3億円、2019年で198.3億円でした。

また経常利益は、2017年で97.3億円、2018年で115.3億円、2019年で119.2億円となっており、直近3年間で売り上げは約27.9億円、経常利益は約21.9億円上昇していることが分かります。

業績が右肩上がりであるため収益をきちんと確保することができ、それに伴い社員の年収も高くなっていると推測できます。

DOWAホールディングスが属するDOWAグループとは?

DOWAグループは、DOWAマネジメントサービス、DOWAテクノロジー、DOWAエコシステム、DOWAメタルマイン等の子会社98社・関連会社23社から構成されるグループです。

グループ企業では、グループIT戦略企画立案や基幹業務システム・情報系システムの開発・導入、国内外の工場の設備投資資材の調達、環境・リサイクル事業等の事業を行っています。

DOWAホールディングスの採用情報

DOWAホールディングスでは現在、新卒採用及びキャリア採用が行われています。

それぞれの募集職種や選考について見ていきましょう。

新卒採用

新卒採用では現在、事務系・技術系それぞれで以下の職種の募集を行っています。

  • 事務系:企画、広報、営業、経理、財務、法務、人事、総務、生産管理等
  • 技術系:製錬・総合環境事業に関する技術開発、半導体・磁性材料等の電子材料の研究開発、生産拠点での製造技術・設備の設計開発等

入社時の配属は自身の希望・適性等を考慮して決定されます。

特に希望する職種がある場合、選考を通してその旨をしっかり伝えるようにしましょう。

選考は、エントリー→会社説明会→エントリーシートの提出・適性検査→面接(複数回)の順で行われます。

技術系の方のみ推薦応募も用意されているため、希望する方は就職担当に確認を取った上で応募するようにしましょう。

キャリア採用

キャリア採用では現在、技術系職種として以下の職種の募集が行われています。

  • リサイクル製錬設備のプラントエンジニアリング
  • プラント・自動機設備のエンジニア
  • リサイクル設備の保全全般
  • プラント・ライン設備のエンジニア
  • 化合物半導体の研究開発技術者 等

職種ごとに様々な経験やスキルが求められるので、気になる職種がある場合必ず募集要項を確認しておきましょう。

また、ほとんどの職種で日常会話レベルの英語または中国語のスキルがあれば尚良しとされています。

必須ではないものの、語学に長けている方は選考の中でアピールしても良いかもしれません。

応募は、各職種の募集要項最下部から応募フォームを送信することで応募できます。

履歴書・職務経歴書のファイルの添付が求められるので、事前に作成するようにしましょう。

DOWAホールディングスで求められる人材像

DOWAホールディングスの採用ページを確認すると、求める人材として「変化を楽しみ、ともに未来を切り開く人」「自律型人材」とあり、以下のようにも記載されていました。

  • 主体性・当事者意識:自分の意志や考えをもって、自律的に物事を取り組む(受け身ではない)
  • 挑戦意欲:前例のないことに取り組む
  • スピーディー:素早く意思決定をし、想定外のことがあっても、迅速に判断して行動する
  • やり抜く力:物事を前向きにとらえ、困難な状況を乗り越える
  • 論理的思考力:物事を論理的にとらえ、課題解決に向けての企画を立案する
  • 周りを巻き込む柔軟なコミュニケーション力:多様な考え方や価値観に対してオープンマインドで円滑なコミュニケーションや協働を図る

また、DOWAグループの価値観として以下の五つを掲げています。

  • 社会の課題と正しく向き合う
  • 誠実で責任ある行動をとる
  • 公正な競争を行う
  • 変化を受け入れて、挑戦の機会とする
  • 多様性を認め、個人を尊重する

人事部長のメッセージの中にも「多様性を受け入れる柔軟さと変化を楽しむ前向きな気持ちを重視」「失敗を恐れず、熱い想いをもって果敢に挑戦した経験をたくさん持った人材を迎えたい」とあることからも、DOWAホールディングスでは何事にも自分から積極的に行動を起こすことができ、相手を尊重する心を持つ人材を求めていると考えられます。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年4月25日

SNSシェア用テキスト

表示準備中