古河機械金属の年収【2021年最新版】

創業150年近くの歴史を誇る大手メーカー!今後の事業の展望は?選考で気を付けるべき点とは?


古河機械金属の平均年収

古河機械金属の平均年収は、2021年では761.8万円でした。非鉄金属業界内では5位、全体では543位、東京都内では382位と高順位です。古河機械金属は、創業140年以上の老舗企業です。近年では海外への事業展開も著しくなり、外国語能力も求められます。英語の読解力は必須となるので、入社前から洋書を活用する等勉強を進めると良いでしょう。海外駐在となった場合には一時帰国休暇制度を始め、物品送付サービスも利用可能。送料も規定回数までは会社負担なのが嬉しいです。平均勤続年数19.8年、従業員数は210人と少ないことに驚きです。

古河機械金属の平均年収概要

平均年収: 761.8万円 下降傾向
平均年齢
46.4歳
平均勤続年数
19.8年
従業員数
210人

古河機械金属の平均年収推移

平均年収推移(古河機械金属と上場企業平均)

古河機械金属の平均年収推移は、下降傾向です。前期比で見ると13.8万円減少しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は754.7万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

古河機械金属の平均年収推移(2015年〜2019年)

古河機械金属の平均年収 年収
2019年 762万円
2018年 775万円
2017年 788万円
2016年 745万円
2015年 703万円

業界内やエリア内での古河機械金属のランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
543位
3737社
全国の上場企業の平均年収より149.3万円高い

全国の平均年収より329.6万円高い
古河機械金属の平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
761.8万 612.5万 432.2万

古河機械金属の平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると149.3万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると329.6万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中543位と高い順位となります。

非鉄金属業界内での比較

業界内順位
5位
35社
非鉄金属業界の平均年収より121.9万円高い
古河機械金属の平均年収 非鉄金属業界の平均年収
761.8万 639.9万

古河機械金属が属する非鉄金属業界の上場企業の平均年収は639.9万円です。 そのため、古河機械金属の年収は業界平均と比べて121.9万円高く、業界内順位を見ると35社中5位と高い順位となります。

東京都内での比較

エリア内順位
377位
1979社
東京都の平均年収より114.6万円高い
古河機械金属の平均年収 東京都の平均年収
761.8万 647.2万

古河機械金属の所在地がある東京都の上場企業の平均年収は647.2万円です。 そのため、古河機械金属の年収はエリア平均と比べて114.6万円高く、エリア内順位を見ると1979社中377位と高い順位となります。

古河機械金属ではボーナスはどれくらい貰える?

古河機械金属では7月と12月の年2回ボーナスが支給されます。

平均支給額は約110万円~245万円です。

基本的には事業所ごとの成績によりボーナス額が決まり、業績が良い場合にはその分支給額も上昇するとのこと。

業績を上げられるよう自己研鑽に努め真摯に業務に取り組むことで、満足のいく額のボーナスを得ることができると期待できます。

古河機械金属の職種別の年収

古河機械金属の年収を職種別に見てみましょう。

  • 一般職:約380万円~755万円
  • 技術職:約400万円~740万円
  • 総合職:約580万円~985万円

また、2020年実績では学歴別の初任給は以下の通りです。

  • 修士了:240,500円
  • 大学卒:221,500円

各種手当としては、家族手当・住宅手当・単身赴任手当等が支給されます。

社員の方の口コミを見ると、転勤時の家賃補助等も非常に手厚く満足しているとのこと。

その他休暇制度や福利厚生等も整っているため、働きやすい環境であると言えます。

古河機械金属では出世するとどれくらいの年収が貰える?

古河機械金属で役職に就いた場合の年収は以下の通りです。

  • 係長クラス:約820万円~915万円
  • 課長クラス:約1050万円~1195万円
  • 部長クラス:約1180万円~1530万円

厚生労働省の女性の活躍推進企業データベースを確認すると、現時点での古河機械金属の女性管理職比率は全体の内0.4%(2名)で、係長クラスになると割合は6.3%(12名)であることが分かりました。

2016年からは女性社員が更に活躍しやすい環境を整えるため女性活躍推進行動計画を策定し、産前産後休暇・育児休業等の基本的な制度も充実させる等、プライベートとキャリアを両立することのできるよう様々なサポートを行っています。

近年は男性社員にも育児休暇の取得を推進する等、社員の意識改革にも尽力している様子が窺えます。

今後制度や環境が更に整備されていくと共に、全社員が望むキャリアを実現することのできる環境になると見込めます。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年7月25日

SNSシェア用テキスト

表示準備中