住友電気工業の年収【2021年最新版】

暮らしや社会を支える非鉄金属メーカー!世界シェアトップクラスの製品多数!就活のポイントも徹底的に分析!


住友電気工業の平均年収

住友電気工業の平均年収は、2021年で前期に比べて上昇傾向の808.0万円でした。非鉄金属業界内では4位の高水準です。住友電気工業は自動車関連製品や情報通信機器など、様々な事業を展開している企業です。取り扱っている製品の中には世界トップのシェア率を誇るものもあります。福利厚生もしっかりしています。家賃補助は独身なら30,000円、既婚者は60,000円を上限として支給され、ほかにもポイント制の補助などがあります。ライフワークバランスもとりやすいため働きやすく、平均勤続年数が16.9年と、定着率も高めです。

住友電気工業の平均年収概要

平均年収: 808.0万円 上昇傾向
平均年齢
41.8歳
平均勤続年数
16.9年
従業員数
5,377人

住友電気工業の平均年収推移

平均年収推移(住友電気工業と上場企業平均)

住友電気工業の平均年収推移は、上昇傾向です。前期比で見ると4.0万円増加しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は794.8万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

住友電気工業の平均年収推移(2015年〜2019年)

住友電気工業の平均年収 年収
2019年 808万円
2018年 804万円
2017年 794万円
2016年 788万円
2015年 780万円

業界内やエリア内での住友電気工業のランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
376位
3737社
全国の上場企業の平均年収より195.5万円高い

全国の平均年収より375.8万円高い
住友電気工業の平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
808.0万 612.5万 432.2万

住友電気工業の平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると195.5万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると375.8万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中376位と高い順位となります。

非鉄金属業界内での比較

業界内順位
4位
35社
非鉄金属業界の平均年収より168.1万円高い
住友電気工業の平均年収 非鉄金属業界の平均年収
808.0万 639.9万

住友電気工業が属する非鉄金属業界の上場企業の平均年収は639.9万円です。 そのため、住友電気工業の年収は業界平均と比べて168.1万円高く、業界内順位を見ると35社中4位と高い順位となります。

大阪府内での比較

エリア内順位
50位
426社
大阪府の平均年収より182.2万円高い
住友電気工業の平均年収 大阪府の平均年収
808.0万 625.8万

住友電気工業の所在地がある大阪府の上場企業の平均年収は625.8万円です。 そのため、住友電気工業の年収はエリア平均と比べて182.2万円高く、エリア内順位を見ると426社中50位と高い順位となります。

住友電気工業ではボーナスはどれくらい貰える?

住友電気工業では、6月と12月の年2回ボーナスが支給され、平均支給額は約115万円~260万円となっています。

業績に左右されるものの、近年では安定して約5ヶ月分が支給されているようです。

住友電気工業の職種別の年収

住友電気工業の年収を職種別に見ていきましょう。

一般職:約400万円~820万円

技術職:約500万円~800万円

総合職:約700万円~1145万円

住友電気工業の平均年収が808万円であることを考えると、一般職・技術職では多少の差はあるものの、ほぼ平均と同じ年収も望めることが分かりました。

住友電気工業では出世するとどれくらいの年収が貰える?

住友電気工業で役職に就いた場合の年収も見てみましょう。

係長クラス:約785万円~950万円

課長クラス:約1030万円~1250万円

部長クラス:約1315万円~1500万円

課長クラスから年収1000万円を得ることが可能です。

2年~3年おきに昇進試験が実施されるため、40代までにはほとんどの社員が課長クラス以上に昇進できるシステムとなっています。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中